RSS1.0 | Atom0.3



6月26日

 

梅雨に入ってから

それほど雨は降っていないのに

バッドタイミングで雨がやってきた。

 

昨日の&SCENE手創り市は雨天中止。

 

とってもやいやいな気分でしたが、

おやつの時間に&SCENEスタッフで集まり、

8月と、更に先の10月にむけて打合わせをしました。

 

なぜだか、いつもよりもまとまった打合わせが出来たように思います。

中止は残念極まりないけれども、いくらか持ち直したように感じた一日でした。

 

 

 

8月27日の&SCENE手創り市は

”大人も子供も楽しめる”をテーマに開催致します。

「KIDS&SCENE」では主にお子さま向けの作品が出品される予定。

(もちろん公募を実施!)

ほか、年齢問わず楽しめるようなワークショップも充実させるつもりでいます。

お申し込み〆切は7月14日事務局必着まで。

皆さまのご応募をお待ちしていますね。

 

それではまた。名倉

 

 

 

_____

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 





6月25日

 

6月25日。&SCENE手創り市は雨天のため中止となった。

 

雑司ヶ谷に続いての2週連続の中止。

かなしくてかなしくてとてもやるせない朝を迎えてます。

いくらか腹がたっているので怒りを理由にアルコホールを接種。旨いぜ。

前泊している男子スタッフは寝息をたてております。水でもかけてやろうか…

 

なんにせよ、天気のことだけはどうにもなりませんから。気をとりなおして。

 

_

 

23日より始まった、

とある二人展が気になっています。

 

 

金工作家の田中友紀さんとリメイク作家のbergさん、お二人の展示会。

 

2人はともに知人ということもありますが、

元静岡スタッフの米澤主催の企画で知り合った2人でもありますから。

 

2人をひきあわせた主催者(米澤さん)にとって、

繋がる2人の仲と広がる2人のお仕事。

これはほんと、企画者冥利につきるのでは?

そんな風に思います。

 

場所は国立のとあるギャラリー。

会期は6月27日まで。

 

お近くにお立ち寄りの際にはぜひ。

 

_

 

さてと、、

眠れそうにありませんので、ぼちぼち作業をしようと思います。

 

 

名倉

 

______

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 





6月23日

 

 

一泊二日の栃木への道程から、

すぐさま静岡での打合わせなどなど。

今週は事務局を空けることが多かった。

ようやく事務局に戻り、

25日(日)の&SCENE手創り市の開催にむけて準備を進めつつ、

同じく週末に実施される7月の雑司ヶ谷開催の選考会の準備を。

 

_

 

ここから先は漠然としていて朧げな話題を・・・

 

先日、静岡・三島のヴィレッジ開催にむけて、

とあるスタッフとメールをやり取りしている時

「成長しているな〜」と感じる事があった。

 

とあるワークショップの担当を兼ねるそのスタッフは、

個人的な体験から、

作家がつくりだす場の雰囲気と、

それを壊す空気のようなもの?についての不安を語っていた。

 

自分が体験したからこそ、

リスペクトする作家さんへ良い仕事をしてもらいたい…

そうした想いが強いから感じてしまう不安のようなもの。

自分が「こうだったらいいなあ…」と思い描くものとのギャップ。

そんな、一見ネガティブに思える想像をしてしまう自分。

そんな自分に出来ることってなんだろう?あるのかな…?

おおよそそんなことを伝えてきた。

 

朧げで、漠然としてスミマセン。

でも、このまま続けます。

 

とある企画を成功させたい。

成功のイメージは、こんなもの。

ひとりひとりが静けさの中で自分と向き合えるような時間を作り出したい。

けれど、そこにわいわいとやってくる人達がまぎれたら、

せっかくの機会が台無しになってしまうような気がする。

でも、ルールのようなものはつくりたくない。

ああ、自分に何ができるの!?

 

私は思います。

不安や不満、自分に何ができるの!?と思った瞬間から、

そこには出来うる素材がごろごろしているのでは?と。

 

静けさをつくりだしたい。

けれども、、ルールにしたくはない。

 

であれば、

自分自身の言葉で、ビジュアルで、タイトルで。

様々な、けれど今すぐ出来ることを幾つか提案してみたらいいと思います。

提案というのが偉そうと感じるのであれば、

そっと言葉をささやいてみる、もしくは、置いておく、などなど。

 

大切なことは、

一度に沢山のことをやろうとしないこと。

やれる範囲のひとつふたつでいいと思うんです。

 

いずれにしても、、

思うだけでは何も形にはなりませんし、

思うだけの自分がそこにいただけの過去が残ります。

いっこにこでいい。なにかを発信してみること。

そして発信してみたことを自分なりに振り返ってみること。

 

現実、事実、ともに大事なことではありますが、

自分が感じたことは言うまでもなく自分にとって大切なこと。

そうして、いっこにこを繰り返してゆくことで、

自分にとって大切なことと、現実がいくらか近づいてゆくような気がします。

 

う〜ん、なんだかよくわからないことを書いてます。

まあでも、そのスタッフが感じた不安は、

裏返せばとても明るいことな気がするな〜と思ったのでだらだらと書き連ねました。

 

ここは単なる日記の場。

自分が見返すものですから。

 

名倉

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

【次回開催はイレギュラー】

 開催日:7月17日(月・祝)

 申込期間:6月21日消印まで有効

 

 

「7月ワークショップ:あおで描くキャンドル」

 

【夏のもよおし第1弾】7月17日(月・祝)

 

【夏のもよおし第2弾】8月20日(日)

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 





6月25日・&SCENE手創り市のまとめ。

 

6月25日・&SCENE手創り市、開催のまとめをご案内致します!

 

【6月&SCENE・出展者リスト一覧】clicks!!

 

企画エリアは恒例の「6月のアクセサリー」です!

 

 

 *6月のアクセサリー参加作家紹介その1*

 *6月のアクセサリー参加作家紹介その2*

 *6月のアクセサリー参加作家紹介その3*

 *6月のアクセサリー参加作家紹介その4*

 

 

*&SCENE会場マップ*

クリックすると更に大きなマップをご覧いただけます!

 

 

______

 

ここから先は雑司ヶ谷会場のお知らせとなります。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

【次回開催はイレギュラー】

 開催日:7月17日(月・祝)

 申込期間:6月21日消印まで有効

 

「7月ワークショップ:あおで描くキャンドル」

 

【夏のもよおし第1弾】7月17日(月・祝)

 

【夏のもよおし第2弾】8月20日(日)

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori





6月19日

 

 

先週末のこと。

 

7月に開催される「Village mishima rakujuen」の会場シミュレーションを行った。

シミュレーションの前に、とある農家さんの畑へ見学で伺わせて頂いた。

農家さんは完全無農薬の、
在来種と固定種のお野菜を生産されている方で、
畑の土壌のことから、周辺の土地のこと、
などなど様々な刺激ある話を聞かせて下さった。
短い時間のことだったけれども、お邪魔させて頂けて本当に良かったと思う。
_

 

Villageは三島市立公園楽寿園にて開催され、

園内にある文化財、梅御殿では「夏を盛りつけるワークショップ」を開催します。

(参加応募受付中!!)

 

 

話は変わり…

 

昨日は雑司ヶ谷手創り市が中止となった。

 

いつも通りの判断で中止のお知らせをしたものの、

結果的には、午後も15時を過ぎた頃から雨が降ってきたのだから

「開催で来たかもしれないなあ…」なんてことを考えていた。

 

決めている基準。

それから、個人の心情。

10年以上続けていても、

雨天中止の判断の際にわき上がる内面の矛盾は生じるものだ。

 

さて、来月の開催はイレギュラー。

7月17日(月曜・祝日)に開催となります。

 

どうぞ宜しくお願い致します。

 

名倉哲

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

【次回開催】

 開催日:7月17日(月・祝)

 申込期間:6月21日消印まで有効

 

「7月ワークショップ:あおで描くキャンドル」

 

【夏のもよおし第1弾】7月17日(月・祝)

 

【夏のもよおし第2弾】8月20日(日)

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 





【雨天の可能性があるため中止】6月18日のまとめ。

 

 

【本日開催は雨天の可能性がある為、中止と致します】

6月18日(日)雑司ヶ谷手創り市は中止となりました。

次回開催は7月17日(月曜・祝日)。

どうぞ宜しくお願い致します。名倉

 

 

_

 

 

【6月18日・雑司ヶ谷手創り市 出展者リスト】clicks!!

 

 

6月の「はじめまして。」は全7組をご紹介!

その1 http://tezukuri-ichi.jugem.jp/?eid=1798

その2 http://tezukuri-ichi.jugem.jp/?eid=1799

 

 

また、同日開催で、

雑司ヶ谷の街ではみちくさ市さんをはじめとする様々な催しも開催されます。

18日は雑司ヶ谷の街が熱い一日ですよ。ぜひともご来場下さい。

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

「7月ワークショップ:あおで描くキャンドル」

 

【夏のもよおし第1弾】7月17日(月・祝)

 

【夏のもよおし第2弾】8月20日(日)

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 





「あお」で描くキャンドルワークショップ

 

「あお」で描くキャンドル

【PURARIキャンドルワークショップ&キャンドルお作法】

 

PURARIの「ELABEL」という青い6種類の基本のパーツと、

青い鳥のパーツを自由に並べてつくる事ができる

キャンドルのワークショップです。

 

童話の「青い鳥」は、

幸せになれるという青い鳥を探しに夢の中を探してもみつからず、

目を覚ましたらすぐそばにいたというお話。

幸せは身近なすぐそばに生活の中にありますよ、

ということを教えてくれます。

 

このワークショップは、手作り、

モノづくりの楽しさを味わっていただくために考えました。

絵を描くのが得意じゃなくても、

パーツを使えば大人も子供も自由に表現する事ができるように。

つくる歓び、そしてお家で灯す歓びを是非体験してみてください。

 

長方形の箱にパーツを並べ、パターンを描いたり絵を描くように並べてみたり。

お好きなデザインが決まったら、白いロウを流し込んで固め、

筒状にして、更に芯と中心になるロウを流し込みます。

 

並べ方でまったく違う表情のキャンドルになりますので、

たった1つのオリジナルキャンドルとしておつくりいただけます。

贈りものとしてもいかがでしょうか。

 

香りは3種類+無香からお選びいただけます。

 

キャンドルのサイズは高さ6.5cm直径6cmになります。

ランタンタイプになりますので、

灯しても周りの模様は残ります。

 

そして今回は「キャンドルお作法」として、

キャンドルの上手な灯し方などの豆知識などもお教えいたします。

 

_

 

【会場】大鳥神社

 

【日時】7月17日(月曜・祝日)

 

【参加費】3500円

 

【時間】

 9:00〜

10:00〜

11:00〜

12:00〜

13:00〜

14:00〜

各回4名(ご予約優先)

 

※パーツを選び並べるお時間を20分前後。

 固める時間を含めて50分程度を予定しています。

※小学生以下のお客様は保護者の方とご一緒にご参加ください。

 

【お申し込み方法】

件名を「キャンドルワークショップ」として、

----------------------------------------
 ・ ご希望の時間帯(ex.9時から)
 ・ 氏名(全員のお名前)
 ・ 参加人数
 ・ 携帯電話番号(代表者のみ)

-----------------------------------------
をご記入の上、info@tezukuriichi.com担当・三坂までメールにてお申し込み下さい。

 

お申し込み後、手創り市よりご返信いたします。
返信をもって参加予約完了となります。
(2日以上返信がない場合、お手数ですがお問い合わせください。)


※携帯からお申し込みの方は、パソコンからのメールを受信する設定にしてください。
※参加希望の方は事前にメールにてご予約をお願いいたします。
※参加予約は先着順となります。予めご了承ください。
※ご予約のメールを確認した時点ですでに定員を超えてしまっていた場合、
 空いている時間帯を勧めさせていただく場合がございます。

※当日はまず手創り市受付にて参加費をお支払いください。その後、会場をご案内します。

※事前準備がございますため、お申し込み後のキャンセルはご遠慮下さい。

 開催日3日をきったキャンセルの場合、

 キャンセル料金として参加費全額のお支払いをお願いします。

 

【作家紹介】

PURARI

<ココロを溶かす、ココロに灯す、そしてツナグ>をコンセプトに、

関わる人々が笑顔になるような創作・活動を心がけています。

【HP】

http://purari-life.com/

【instagram】

https://www.instagram.com/iii_purari_iii/

 

【WS担当より】

このワークショップは

PURARI さんのいつものカラフルなキャンドルとは違い

北欧をイメージした

大人な色合いで 

手創り市仕様に考えてもらいました。

爽やかな香りつきにも出来ます。 

あおのパーツでそれぞれの あおと青い鳥の物語 が描けたら。

キャンドルの作法も学び

夏の物語キャンドルで癒されてください。

 

ワークショップ

担当スタッフ

三坂

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 





6月15日 

 

事務局周辺の日中は、

野良猫が周囲を気にせず寝転び徘徊し、

近所の子供たちがよくわからない唄をわめき、

老人同士が矢鱈と大きな声で話している。

時折、室内まで聞こえてくる老人たちの陰口。

何故だか全くボリュームを下げない。

おはよう程度の気分で話しているのだろう。

陰口を云いあうことが元気の素なのかな?

どちらにせよ何ら変化のない日常が漂っている。

 

_

 

話しは変わり、、

先日、とあるパン屋さんよりお店を閉める連絡を頂いた。

 

その方は手創り市が初期の頃より出展されている方でした。

 

言葉を交わす機会はそれ程なくとも、

初期の頃ってだけでやはり色んなことを考えてしまう。

 

色んなことと言っても、

具体的なことは特になく、

ぐるぐるぐるぐる考えるだけのこと。

 

結論すれば単純な話。

残念。

ただただそれだけ。

 

人はそれぞれ一身上の都合で何かを始め、

一身上の都合で始めた何かに幕を閉じる。

一身上の都合で何かを始めた人には永く続けて欲しい。

 

それでもままならい理由で終えることはあると思う。

 

7月をもって閉店されます。

これまで手創り市にご参加頂きありがとうございました。

 

 

_

 

明日は7月の「あお」のワークショップの告知を致します。

夏はもうすぐそこまでやってきています。

 

名倉

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

【夏のもよおし第1弾】7月17日(月・祝)

 

【夏のもよおし第2弾】8月20日(日)

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 





6月14日 マップ 。

写真と本文は関係御座いません。

 

例えば屋外のイベントに遊びに行く際。

大抵の場合、会場マップというものを必要としないし、

不便であっても気にならない構わないという性分だ。

そんな自分であるから、

会場マップというものを作ることが億劫で仕方なく、

たいした思い入れを持てないでいる。

そして、更に厄介なことに、

単なるサービスや便利だから…

という理由でモノが作られることに関心が持てないでいる。

それは自分のことであれた人のことであれ。

イベント主催者として、

決して褒められた態度とはいえないけれども、

これが正直なところだ。

(残念なことにこの感覚はずっと変わらない)

 

_

 

7月15日16日。

静岡県三島市で開催される第2回目の「Village mishima rakujuen」

 

Villageのコンセプトは

『街の中に更に特色のある、ものづくりで成り立つ街をつくろう』

というもの。

 

第2回目の開催にあたって

「街を構成する作家さんや、街の景色がわかる」

会場マップを作ることが大切だと思った。

お前が言うな!と言われだが、

自分の好みと目的は違うから。

 

とはいえ、そもそも会場マップに思い入れもなければ、

そういったものを必要としない人間がつくるものはたかが知れている。

なので、私がアイデアだしや企画するものではない。

そう思った。

 

会場マップを制作するにあたって、

東京のスタッフも兼任する三木さんに担当をお願いし、一切を任せた。

彼女のアイデアや想いを具現化したのは、ご存知絵描きの山口洋佑さん。

 

打合わせの様子からして、

制作が大変だろうな〜という内容だったし、

実際に幾度かの修正加筆作業はなかなかのやり取りがあり、

うわ〜大変そうだ。すげえな〜と感じられた。

(他人事のようでスミマセン)

 

(Village会場マップ。ひとまず表と裏のみご紹介。)

 

そして昨日。

ようやっと完成し、

入稿完了の連絡をもらい、

完成した会場マップを眺めた。

それは、かけた時間と良いものをつくろうという意志、

その熱量が反映された、良いものだった。

イラストがそこかしこにあり面白みがある!

特に、ここで掲載していない中面!!

なにより、今回作ったものをベースに、

来年もさらに良くしてゆこう!と

改良が重ねられるだろうことが想像出来るものだった。

本当に任せて良かった。

ホッとした。

 

来週の中頃届くだろうVillageの会場マップ。

開催時にお客さんに手をとっていただくのがとても楽しみです。

Villageへご来場の際には是非とも活用して下さいね。

 

それではまた。

 

名倉

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

【夏のもよおし第1弾】7月17日(月・祝)

 

【夏のもよおし第2弾】8月20日(日)

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 





6月12日

 

昨日は&SCENEスタッフと恒例の真岡・益子ツアーへ行ってきました。

引っ越したばかりのスタッフは棚を購入し、

他のスタッフは小物や引き出しを手に入れたようです。

人の買い物を眺めているのは楽しいものです。

ちなみに私はWS用の工作椅子を買い足しました。

夏のもよおしにむけて・・・

 

 

真岡益子ツアーは思ったより早く切り上げたので、

これぞ良い機会!とばかりに筑波へ行って参りました。

 

以前より原画を見たいと思っていたマメイケダさんの個展。

 

ピープルブックストアさんと、

そのお隣の千年一日珈琲さんの2箇所で同時開催。

それぞれの場所で環境で見応えのある展示でしたよ。

 

筑波あたりの様々なお店の食べ物のイラストがそこかしこに展示され、

食べものを通して街に興味を持つ。

そんな広がりのある展示会だと思いました。

 

会期は6月22日まで。

お近くにお立ち寄りの際には、そうじゃなくても、よろしければぜひ!

 

 

さてさて、今週末はVIllageの会場シミュレーションと雑司ヶ谷の開催と大忙し。

久しぶりの楽寿園。きっと夏模様でしょうね。楽しみです。

 

名倉

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

【夏のもよおし第1弾】7月17日(月・祝)

 

【夏のもよおし第2弾】8月20日(日)

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 









Profile
twitter
New Entries
Archives
Category