RSS1.0 | Atom0.3



作家紹介「はじめまして。」その2(2019.11.17)

 

 

* は じ め ま し て 。 と は ? *

 

 

雑司ケ谷手創り市では全出展者よりピックアップしてご紹介しております。

 

11月17日の出展者紹介。

ご来場前に是非ともご覧ください。

 

 

【11月17日(日)出展者一覧】click!!

 

 

 

 

 

鬼子母神No.43

 

 

 

諸橋弘樹

 

https://aozora-mokkosha.com/

https://www.instagram.com/aozora_mokkosha/?hl=ja

 

岡山県から出展をしています。

県北の小さな町、美作で木工をしています。

木箱や筆箱、スプーンやトレイなどを作っています。

栗や桜などの広葉樹の無垢材だけでなく、針葉樹の集成材など表情の豊かな素材も取り入れています。

スプーンやトレイは型紙を使わず、普段使いのざっくりとした雰囲気のものを意識して製作しています。

木箱には革ひもを使い、温かみのある仕上がりにしています。

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

鬼子母神No.37

 

 

 

flosorandi

 

https://www.instagram.com/flosorandi/

 

草木で染めた布と糸から染めた手織りの布を制作しています。

庭で育てた植物などから自然の恵みをいただき、それぞれの植物の持つ色が引き立てあうように表現したいと思います。

リネン、ウール、シルクなどの素材をおりまぜてショール、マフラーをお持ちいたします。

手に取って似合う色を見つけていただけたら嬉しいです。

 

 

 

 

 

鬼子母神No.76

 

 

 

陶工房 雪彩

 

https://yukisai.hatenablog.com/

https://www.instagram.com/yukisai_pottery

 

はじめまして。陶工房 雪彩です。

見ていて気持ちのいいもの。何か気になってしまうもの。

そうした手創りならでは個性、雰囲気を重視して、ひとつひとつ丁寧に作陶しています。

陶器の器や花器など日常生活の中で普段使いしていただければ幸いです。

 

 

 

 

 

鬼子母神No.55

 

 

 

こでまり荘

 

http://kodemarisou.com/

 

こでまり荘では、ことりや鉱物などをテーマに陶器を制作しています。

土のやわらかさや力強さ、土ならではの味わいを感じていただければと思います。

これからの寒い季節におうちでほっこりできるような品々をお持ちする予定ですのでぜひお立ち寄りください。

 

 

 

 

 

鬼子母神No.23

 

 

 

マシュガワ

 

https://www.instagram.com/msgwaaa/

 

ちょっとしたものが入る、ちいさなポーチを出品します。

結び目や生地の重なりなど、素材が作り出すシワや陰影を楽しんでいただきたいです。

生地は手触りにこだわったリネンを使用しています。

当日はお気軽にお立ちよりのうえ、ぜひ一度手にとってみてください。

 

 

 

 

 

鬼子母神No.91

 

 

 

粒あん図案室

 

https://www.instagram.com/tsubuan_zuanshitsu

 

はじめまして。粒あん図案室と申します。

ブロックプリントの手法を用いた手ぬぐいを製作しています。

手彫りの線の温かみを感じていただければ幸いです。

初出展となります。是非お立ち寄りください。

 

 

 

 

 

 

*鬼子母神会場マップ*

 

 

 

///////////////////////////

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 

 

 





作家紹介「はじめまして。」その1(2019.11.17)

 

 

* は じ め ま し て 。 と は ? *

 

 

雑司ケ谷手創り市では全出展者よりピックアップしてご紹介しております。

 

10月6日の出展者紹介。

ご来場前に是非ともご覧ください。

 

 

【11月17日(日)出展者一覧】click!!

 

 

 

 

鬼子母神No.73

 

 

yokihi(よきひ)


https://www.yokihi.jp/


「日々の気づきを大切に。心にふれる、モノやコトをお届けしたい」ということで活動しているyokihiです。
今回、カレンダーを通して季節や日々を大切に思うことを伝えるようなものをつくりたいと思い、『季節の飲み物レシピ付きカレンダー』や『ポストカード』などをつくりました。皆さまにお会いできることを楽しみにしています。

 

 

 

 

 

鬼子母神No.103

 

 

 

Caracul.

 

https://www.instagram.com/caraculneko/

 

 

こころがはずむ、日々の生活が楽しくなる

Caracul.(カラクル)はそんなものづくりをめざしています

 

革に手縫いを施し、猫・うさぎなどのキーケースやブローチ・ステッチイラストなどを制作しています

 

革と手縫いをあわせ上質だけどあたたかい

大人のあそびごころを演出できたらとおもいます

 

ブローチやキーケース、ポーチの愛猫ちゃんバージョンのオーダーもお引き受けしていますのでお気軽にご連絡ください

 

その他レザーアクセサリーも販売しますのでよろしくお願いします

 

 

 

 

 

鬼子母神No.63

 

 

 

totokoko(トゥートゥーコッコ)

 

http://totokoko.jp/

 

 

TO=To you 手に取ったあなたに使って貰いたい。KO= ここにいつも一緒にいてほしい。ここから始まる。そんなバッグを作っていく。想いをこめて名前を付けました。青い海や空、木々の木漏れ日や水面の動き、そんな日常を切り取った風景やアートからインスピレーションを受けた綺麗な色やフォルムの美しいバッグや小物を厳選されたクオリティの高い素材で提案しています。願いを込めて一本一本丁寧に作っています。当日は贅沢な一枚革のスリッパのワークショップも行います。皆さまどうぞお立ち寄り下さい。

 

 

 

 

 

鬼子母神No.130

 

 

 

Gallery ci-pu

 

https://www.ci-pu.com/teami

 

 

はじめまして。Gallery ci-puです。

ひとつひとつ丁寧に布に糸を通し、織るように作るパラグアイの伝統レース『ニャンドゥティ』をアクセサリーにして制作しています。

糸の種類や色を生かし、無限に広がる世界を皆様にお届けしたいと思います。

 

 

 

 

 

鬼子母神No.24

 

 

 

plus alpha

 

http://instagram.com/plusalpha_000/

 

 

「日々の暮らしに+αしたくなるアイテム。」をコンセプトに、木を用いた作品を展開しています。

レーザー彫刻・カットした木材に、着彩やレジン加工を施したピアス・ブローチなどのアクセサリー、気軽に飾れるオーナメントや木製クリップといった雑貨まで、幅広く制作しています。

ハンドクラフトとデジタルファブリケーションを組み合わせることで生まれる魅力を、作品を通してお届けできればと思います。ぜひ遊びに来てください。

 

 

 

 

 

鬼子母神No.5

 

 

 

鈴木明日美

 

https://www.instagram.com/asumi.377/

 

 

はじめまして。染付のうつわを制作している陶芸家の鈴木明日美です。

茨城県笠間市で制作しています。

古くから親しまれてきた染付のうつわが好きで、この先も染付うつわが親しまれ、食卓にさりげなく並ぶような存在であれたらという思いで制作をしています。

様々な日常使いのうつわに、なじみのある和柄や動物・植物モチーフの柄などを描いています。

ぜひお手に取ってご覧ください。

 

 

 

 

 

 

*鬼子母神会場マップ*

 

 

 

///////////////////////////

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 

 

 





「チラシ設置について」

 

 

【鬼子母神会場にあります、チラシ置き場について】

 

 

鬼子母神会場にて設置しているチラシ置き場ですが、、

ルールについて曖昧、且つ、ご案内をしておりませんでしたので、この機会に。

 

 

チラシ置き場は、、

 

◯出展者の展示会のチラシをご紹介する場です。

◯イベント出展や店舗のチラシについては設置不可。

 

となります。

 

イベント出展や店舗のチラシは、ご自身のブースにてお客さまへ直接説明し宣伝してください。

 

 

基本的な考え方として、、

個人の活動を紹介、応援する場として捉えて頂けたら幸いです。

 

 

上記、設置資格をご理解頂いた上で。

ご利用の際には以下の手順を守ってくださいね。

 

 

〜チラシ置き場の手順〜

 

【1】8時からの受付の際にスタッフまで「チラシ設置」をお申し出下さい。

【2】内容確認後、チラシの重石となる石を渡しますのでご自身で設置して下さい。

【3】チラシ置き場は本堂を背にして大鳥神社方面の出入口左手に御座います。

 

なお、チラシ置き場は16時より、順次、撤収致します。

撤収時に残っているチラシは廃棄致しますので予めご了承下さい。

 

 

最後に。

 

事務局倉庫より運び込む荷物の状況によっては、チラシ置き場を設置しないこともあります。

予めご了承ください。

 

どうぞ宜しくお願いいたします。

 

手創り市

 

 

///////////////////////////

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 

 





11月12日 冬物語。

 

うちの実家は商売をやってるがゆえ、そのせいにしちゃいけないんでしょうけどね…

昔からお酒が、たくさんのお酒が目と鼻の先にありました。

時に近所の酒屋さんスーパーへアレを買って来いコレを買って来い、とお遣いを頼まれ、指定の銘柄のアレコレならお店の人に告げればいいんですけどね。ただ、味噌を買って来い、と云われると、お店で立ち尽くし、いろいろ探ります。

ちょっとお高い1キロ千円くらいのがいいのかな?ラベルもなんか高級だしな…とか。

まあ安くてよくありそうなものがいいだろうな・・・とか。

悩みつつ、ちょうどいい塩梅の、中間の500円のとかを買って行くと父親に「なんだこれ!?」と言われ、時間がかかりすぎだバカと罵られ、学んでいくという。今となっては先に自分でラベルを見ておけばいいんですよね。人に言われずとも。

まあそんな訳で、話しはだいぶ脱線し、元に戻り、写真のサッポロが1988年より発売している「冬物語」。

私も子どもの頃よりたしなみ、子供ながらに美味しいなあと思ってきた一品。

まあ、法的には飲酒は駄目ですけどね。よくあったじゃないですか。泡だけでも〜って。そゆうことにしてください。

この「冬物語」はですね。CMも印象的でしてね。いろんなシリーズがあって、これが一番有名なのかな。たぶん。

 

 

という訳で、、

 

明日は11月の参加作家紹介「はじめまして。」を実施。

今月はちょっと多め。ご覧くださいね。

 

そして、、

 

 

11月16日(土曜)は 1 ROOM "MARKET" を開催です。

 

どうぞお越しください。

 

名倉

 

///////////////////////////

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 

 

 





「 参加作家 : horieee 」(1 ROOM "MARKET")

 

 

11月16日(土)にはじめての開催。

1 ROOM "MARKET"の参加作家をご紹介致します。

 

 

〜参加作家その4〜

 

 

 

 

 

 

 

horieee

 

web
https://horieee.com

instagram
https://www.instagram.com/horieeesmarket/

 

 

布に刺繍をして、装身具を作ります。
埼玉県の自宅で、一つ一つ丁寧に製作しています。

手創り市は自分の作家活動において、いつもターニングポイントな気がします。
いつも発見・刺激をもらいます。
そしてなにより、境内の空間が心地よくて・・・

今回は1 ROOM COFFEEさんでの"MARKET"。
これまた心地よい時間が流れることでしょう。

私からは、イヤアイテム・髪飾り・バングルなど。
手にとることで 心にときめく作品をお届けできたらと思います。

 

 

・・

・・・

・・・・

 

1 ROOM "MARKET"

2019.11.16

参加作家まとめ

 

 

イベントについてのお問い合わせは info@tezukuriichi.com までどうぞ。

 

なお、参加作家の個別の紹介は後日改めて。

楽しみにしていて下さいね。

 

宜しくお願いします。

 

名倉哲

 

 

///////////////////////////

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 

 

 





「 参加作家 : m a f u 」(1 ROOM "MARKET")

 

 

11月16日(土)にはじめての開催。

1 ROOM "MARKET"の参加作家をご紹介致します。

 

 

〜参加作家その3〜

 

 

 

 

 

 

 

mafu

 

Instagram

https://www.instagram.com/mafuufam/

 

 

陶磁土を成形し、絵付けをしたアクセサリーを制作しています。

おもに磁器と白薩摩の2種類の土を使用しています。

小さな作品たちですが、陶磁の深みや手描きのあたたかさなど感じてもらえると嬉しいです。

さいきんは金彩の他に白金の絵付けもはじめました。

いつもピアス多めですが、イヤリングや白薩摩のものも新しく作りましたのでお持ちいたしますね。

 

 

・・

・・・

・・・・

 

1 ROOM "MARKET"

2019.11.16

参加作家まとめ

 

 

イベントについてのお問い合わせは info@tezukuriichi.com までどうぞ。

 

なお、参加作家の個別の紹介は後日改めて。

楽しみにしていて下さいね。

 

宜しくお願いします。

 

名倉哲

 

 

///////////////////////////

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 

 





「 参加作家 : 纏う金属 」(1 ROOM "MARKET")

 

 

11月16日(土)にはじめての開催。

1 ROOM "MARKET"の参加作家をご紹介致します。

 

 

〜参加作家その2〜

 

 

 

 

 

 

 

 

纏う金属

 

Instagram

https://www.instagram.com/limi303

 

 

衣を纏うように身に纏っていただきたい。

そんな思いを込めた装身具たち。

真鍮を主軸に、銀・錫なども用いて制作をしております。

人肌に触れ、移ろいゆく真鍮の色と佇まいの変化をぜひともお愉しみください。

このたび、"MARKET"の幕開けに出展させていただけること大変光栄です。

1 ROOM COFFEEさんのコーヒーとちいさな "MARKET"。

皆さまとゆったりとした時間を過ごせたらと思います。

 

 

・・

・・・

・・・・

 

1 ROOM "MARKET"

2019.11.16

参加作家まとめ

 

 

イベントについてのお問い合わせは info@tezukuriichi.com までどうぞ。

 

なお、参加作家の個別の紹介は後日改めて。

楽しみにしていて下さいね。

 

宜しくお願いします。

 

名倉哲

 

 

///////////////////////////

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 

 





「 参加作家 : kuuma 」 (1 ROOM "MARKET")

 

 

11月16日(土)にはじめての開催。

1 ROOM "MARKET"の参加作家をご紹介致します。

 

 

〜参加作家その1〜

 

 

 

 

 

 

 

kuuma

 

Instagram

https://www.instagram.com/kuuma.insta/  

 

 

光を集め、光を放つ。

冷たさの中にも奥行きがある透明な世界をジュエリーに閉じ込めました。

 

kuumaはフィンランド語で「暑い」を意味します。

 

1500度を超える炎の中でさまざまなカタチに変わっていくガラス。

そのガラスの点と線をつなぎ合わせて、どこにもないたったひとつのカタチを作り出します。

 

この "MARKET"では、リングやイヤーカフなど一期一会なカタチ、サイズのアイテムも発表したいと思います。

 

手に取って、身に着けて、選んでください。

 

 

・・

・・・

・・・・

 

1 ROOM "MARKET"

2019.11.16

参加作家まとめ

 

 

イベントについてのお問い合わせは info@tezukuriichi.com までどうぞ。

 

なお、参加作家の個別の紹介は後日改めて。

楽しみにしていて下さいね。

 

宜しくお願いします。

 

名倉哲

 

 

///////////////////////////

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 





11月3日 サコッシュ&トート

 

齢四十にして初めてのシルクスクリーン体験をすることになるとは思わなかった…

これまで、周囲の人間がやってることはあっても自分でやることはなかったので…

まあでも、いい経験だったし、1度やると2度3度とやってみたくはなる。

次はもっと上手にできる気がするし、刷るスピードも上がるだろう。

その時には私のことをこう呼んで欲しい。マシーーーンと。

ま、人にやってもらいたいのが本音です。

 

 

この日、私は台湾出展の担当スタッフあきた&はしもと両人に呼び出され、新馬場駅徒歩10分満たないとある秘密組織の施設(広く口外され合法的な)にて、シルクスクリーンの作業を命じられた。

 

なにやらサコッシュなるものと、トートバッグをオリジナルでつくるということで、彼女ら2人が企画をし、自分たちで手売りするという。

「その意気や良し!」と思うものの、「シルクスクリーンの作業はお前がやれ!」ということで、イエスもノーも選択肢の与えられない私は涙ながらに作業をした。

時に褒められ、時に叱咤され、場合によっては模造拳銃を首筋に突きつけられ、私は生きながらにして死んだような人間と化し、それはよく云えばマシーンだが、ほぼ奴隷のような扱いを受け、ピラミッドとはこのようにして作られたんだろうな…というような感想を抱きつつ、生きて帰るには完成させるしかない!と意を決して作業を完了させた。

 

なお、、

 

◯涙ながらに作業をした

◯首に模造拳銃を突きつけられた

◯生きながらにして死んだような人間と化し

◯奴隷のような扱いを受け

◯生きて帰るには完成させるしかない!と意を決して

 

これについては過剰で間違った表現であります。

要するに、冗談です。

 

実はたのしかった。

そのひと言であります。

はい。

 

という訳で、出来上がったそれぞれのバッグはこちら。

 

 

まずはトートバッグ。

 

 

 

黒地のコットン生地に、白のインクでシンプルに。

サイズはA4サイズのファイルが入ります。

 

生地はそこまで厚くないので、旅行の際にはまるめてポンとメインのバッグにしまっておけて便利。セカンドバッグとしても良いですね。

 

白インクは他の色と比べて、生地に対してインクのノリに立体的な特徴があるそうです。

印刷所の親切なスタッフさんがそう云っておりました。

 

 

お次はサコッシュさん。

 

 

 

サイズで云ったらB5サイズのノートが入る大きさでしょうか。

お財布と携帯とカロリーメイトまたは文庫本をしのばせていい感じ。

トップにはボタンがついておりますので、モノを入れても飛び出しません。

振り回したら駄目ですよ。そりゃ。

 

同じく、黒地のちょい厚めの生地に白のインクでシンプル仕上げ。

通はインクをインキとおっしゃるらしい。

 

インキとインチキ、一文字違いでえらい違い。

 

ちなみに。

急な雨の際には帽子として活用する人もいるとかいないとか、いないよね…

 

 

 

最後に。

 

トートバッグとサコッシュのイラストは「ゆもとかなえ」さんが担当しました。

それぞれの価格は後日ご案内。

 

お披露目は台湾の出展時にて。

 

どうぞ宜しくお願いいたします。

 

名倉

 

 

///////////////////////////

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 

 

 

 





11月1日 "MARKET" その2

 

写真は1 ROOM COFFEEさんの激ウマなガナッシュサレ。

私はこれかチーズケーキかトースト以外に食べません。

美味しすぎて選択肢が広がらないのは幸せか不幸か、さてどっち?

 

11月1日。

今年も残すところ2ヶ月あまりとなりました。

 

一昨日に続き、1 ROOM COFFEEさんで行う"MARKET"について書こうかと思います。

 

そもそもについては前回の投稿を見てもらうとして、、

(たいしたこと書いてないが…)

 

店舗を移転して面積が2倍となった1ROOMさんは、これまで通り基本、お独りのいわゆるワンオペというスタイルは変わりなく、けれど、以前にはなかった「展示会やトークイベントなどが出来たらいいなあ」とおっしゃっていた。

同時に、「全部を自分でやることも出来ないし、そんなスキルもないので、周囲の人に協力してもらいながら…」ともおっしゃっていて(この辺りはかなりうろ覚えだ)、それがまた良い意味で1ROOMさんらしいなあと思った。

 

店舗としての面積は以前の2倍になっても、店主としての役割、スタンスは変わらず。

そのミニマムな考え方?がいいなあと思ったし、きっと、結果的に1ROOMさんのコーヒーショップとしての確かな力によって周囲に人が集まってくるだろうと感じた。

ある種、すべてを自分でやらないからこその強みとも云うのか。伝わりますかね。

伝わらないよ〜ってゆう人はお店に行ってみてください。わかるはずですから。

 

そんな訳で、以前の店舗より通い続け、店主としての1ROOMさんの人となりを知った上で、移転をし更に何かをやってゆこうとしている、周囲からの提案を受け入れていこうとしている姿に共感をし、ぜひやらせてください〜と提案をさせてもらいました。

 

ちなみに、これからやろうとしている"MARKET"はとても小規模で、親密な感じにしたいと思ってますし、1度きりにはせず不定期で常にテーマを変えてやれたらなとも思ってます。

これ、勝手に私が思ってるだけですけどね。。

 

…とまあ、そんな感じの成り立ちになりますでしょうか。

 

ちなみに。

おわかりだと思いますが、規模を大きくしてゆこうという考えもありません。

だって、そもそもお店の名前にもありますように "1ROOM" COFFEE さんですからね。

 

最後に、ここ最近の1 ROOM COFFEE 店主 内山さんはnoteなるブログ?を始めたそうで、これまた面白い読み物です。

ぜひご一読ください。

 

note _ 内山道広 / 1 ROOM COFFEE

https://note.mu/1roomcoffee

 

 

次にお知らせする時にはイベントのタイトルと出展する方々のご紹介でしょうか。

たぶん。

 

宜しくお願いします。

 

名倉哲

 

///////////////////////////

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 









Profile
twitter
New Entries
Archives
Category