RSS1.0 | Atom0.3



7月20日 パスポート。

 

本文と写真は全く関係御座いません。

 

先日のこと。

10年前に失効していたパスポートを改めて申請にうかがった。

台湾の好好さんに出張するため。

 

久しぶりの晴れ間の池袋の街中は人ごみで溢れ、少し歩くだけでじんわりと汗が。

ふだん、日中に街中を歩く必要のない生活を送っている身としては、それだけでしんどい。

 

池袋はサンシャインシティーへやってきたのも前回のパスポート申請ぶり。

前回の発行を確認したら1999年だった。おどろき…

 

目的地に到着し、所定の紙にいろいろと記載した上で申請の列に並ぶ。

この、列に並ぶということも日常生活でないことなので新鮮だった。

15分ほど列に並び、その後、180番の整理券をもらい更に20分ほど待つ。

 

待っている間、特にすることもないのでとりあえずの人間観察を。

 

パスポートが欲しい人は老若男女問わずいるんだなあという当たり前の感想を抱く。

更に眺めていると、お年寄りの、特に男性の申請者は明らかに列に並ぶことに苛立っていた。

年を取ると丸くなると云うが、あんな言葉誰が発明したのだろう?

逆でしょ・・・子どもの頃からそう思ってた。

どの町にもいたはず。理不尽に怒るじじいが。

子供たちに飼い犬をけしかけるじじい。

あれはあれで面白がってからかっていたけどな。

 

やがて180番と呼ばれたので仕切りが立つテーブルへ向かい椅子に座り係の方とやりとり。

私の両隣りでも当然手続きをしている方がいて、向って右手の方のやり取りが面白かった。

 

はっきりと氏名を覚えているが仮の名をこうしよう。佐藤光子さん。

 

佐藤光子さんと係の方のやり取りはけっこうなボリュームで隣りの私の所にも聞こえてきた。

耳を傾け、実際、身体を傾けていると、どうやら証明写真に問題があるらしい。

 

証明写真といえば、パスポートセンターに掲載されているダメな例というものがあり、そのダメな例のどれもがユーモアがあり、むしろ私はいいにしてあげたいほどの愉快さがあるが、それは国内的にも国際的にも問題があるので実現は不可能。

せっかくの機会なので、私はダメな例のポスターをデジカメにおさめようと構えたが、そのダメな例の隣りには、ここで写真を撮るな(要約)という掲示がされていて断念。

 

話しは元に戻り、光子の証明写真。

 

係の人が光子にこう尋ねた。

 

「この写真はいつ頃撮られたものですか?」

 

光子曰く、けっこう前向きに。

 

「ええ、20年ほど前に撮ったものです」

「それほど変わりはないように思いますけど」

 

係の人は喰い気味に、、

 

「いえ、あの、誠に申し訳御座いませんがこのお写真は使えません」

 

光子は更に喰い気味に重ねるように、俄然前向きに。

 

「では、こちらの写真ならどうでしょう?」

 

数秒の沈黙が流れ、その沈黙は永遠にも感じられた。

係の人は毅然とした態度で、アナウンサーのようにハッキリと。

 

「このお写真も使えません。申し訳御座いません」

「サングラスや帽子をしたものはそもそも禁止となっているんですよ」

 

アンサーとして光子は自分の発言を疑うことなくこう言い放った。

 

「はい。知ってました。」

 

係の人はきっと硬直し、私も同じように硬直しかけた。

世界は光子によって支配され歪まされているのである。

 

光子の世界。

光子はこの小さな世界の女王であり支配者。

 

なあ、光子。

おまえはここでどうしたいんだ?

いや、おまえはこの世界に本当に存在しているのだろうか?

教えてくれ、光子。

 

その後も光子と係の人は押し問答を繰り返し、いや、それは押し問答なんかではなく、まさに終わりのない地平の彼方にあるオアシス、もしくは地獄をさぐる問答であり、これはきっと永遠に続くだろうことが予想されるレベル。

 

やがて私と私の係のやり取りは終わり、光子の間(ま)には係の人の他、数人の職員さんがやってきて、終わらぬ冷戦の真っ最中。

 

見てはいけない見てはいけない。

そう、人は思うほどに興味をそそられる訳で、私のような黒い三歳児は尚のこと。

 

帰りがけ、ひょいと隣りの光子の様子を見ていると、なぜかさっきまでかけていなかったサングラスをかけていた。

しかも、夜中でもグラサンかけてそうな変わった人によくあるレンズのデカい昆虫みたいなやつ。

 

1週間後のパスポートの受け取りの際、光子に会えることを楽しみにしている私はもはや光子の信者といっても過言ではない。

まあそれはかりそめの信者でしかないのだけど。

 

係の皆さま。

日本国の為に静かなる狂人に身を挺して頂きご苦労さまです。

パスポートを取得した暁には、10年間あなた方のことを忘れることなく記憶に留めておくように致します。

 

さあ、明日21日は参議委員選挙の投票日。

各々が各々の価値観と考え方で投票を致しましょう。

参加することでしか物事が変わるきっかけは御座いませんからね。

 

それでは良い休日を。

 

名倉

 

____

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 





7月18日 真っ白なボールでも

 

7月もそろそろ下旬を迎えるというのに今更やってきた。

 

「さとうの日記 GW」

http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=1470

 

人のことは云えないけれども、めったやたらに長いソレは、4日間の道程をほぼ余すところなく記している。

 

特にドラマチックなことが起きる訳ではない。

ただ単に関西方面の道中の事実が記されているだけだから。

 

けれど。

最後の最後。

とてもいいなあと思うことが記してあった。

 

 

最初は真っ白なボールでも

時間が経ち

新しいボールがきて並んだ時

自分の白は純粋な最初の白でないと気が付くみたいな

 

 

そのことに気づいた彼女が、個人として集団の一員として、今後どのように振る舞ってゆくのか?

楽しみであると同時に、自分自身の心に留めておきたいことだと思えた。

 

 

 

 

人は27歳までにやってきたことでその後の人生が決まる。

 

そんな言葉をどこかで聞いたことがある。

 

もし仮に、、

27までに何もしてこなかったな〜自分、と思ってしまう人がいるとしたら。

とりあえず、30になるまでの数年間をそれまでと変えてみたらいい。

 

27までにやってきたことでその後が決まる!?

ふざけるな。

 

…と心の中でつぶやいてみることから始めてみるのもいい。

かもしれない。

 

名倉

 

 

追伸カレーな休日、ネグラさんのカレー作りの教室が満員御礼となりました。

たくさんのご応募、ありがとうございます!

 

 

____

 

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 





7月16日 徒然。

 

 

7月16日。

窓の外を眺めると今朝も雨が降っている。

今年の梅雨はよく降りますね。

 

先週末の静岡滞在より東京へ戻ってきて以来、夜に寝て朝に起きる生活をしている。

元来、夜型の私にはなかなか出来ないこと。

意識的にそうしている訳ではないが、自然とそうなった。

良いが悪いかで云えば、おそらく良いことなのでこの生活が続けばいいな。

そう、思っている。

そんな、ふつうの生活(?)も今日で8日目。

一日一日をカウントし続けると絶対に続かないので自然に任せようと思うが…

出来るだけ意識しないようにしたいと意識をしてしまっているのも、ふつうのこと。

今朝は2時頃に寝て6時に目がさめ、その時点で目も冴えていた。

まだ起きるには早いと思い、30分ほどごろごろ。

7:20現在、今こうして日記を綴っている。

 

先週は久しぶりに展示会へ出かけることが多かった。

三島のsoraさんでは以前より作品を拝見したかった「shikafuco」さんの個展を。

東京では「YOHEI NOGUCHI」さんの転機になるだろう?個展を。

そして、一昨日は三木のokuの「文月の道具展」を。

それぞれにお邪魔してみようと思った動機は異なるけれど、たまには色々と見るのもいい。

と、これまたふつうのことをふつうに感じた。

 

展示会へよく行かれますよね。

そう云われることがあるが、正直なところ、あまり出かけない。

特に全く面識も無い方の場合だと年間通してひとつふたつあるかどうかだろう。

行ったら行ったできっと楽しいはずだけど…

基本は過去と現在までの文脈が大事だと決めているので、ひとりひとりを追いかけている。

自分にも他者にも忠実な犬のようなものだろう。たぶん。

 

今週末は以前よりお邪魔してみたかったとあるマーケットに行こうと思っている。

この先のいつか求められるかもしれないことの為に。

 

3連休を終えて本日よりお仕事再開の皆さま。

今週も知恵と勇気をふりしぼりどうにか乗り切りましょう。

 

それではまた。

 

名倉

 

 

 

本日、7月16日の18時よりネグラさんのカレー作りの教室の予約がスタート。

ご応募をお待ちしております。

 

 

____

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
 mail:info@tezukuriichi.com
 Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





ワークショップ : ネグラのカレー教室 (カレーな休日関連WS)

 

 

ネグラのカレー教室

 

 

あのお店のカレーが手創り市で!

 

今年の「カレーな休日」ワークショップ。

昨年に引き続き高円寺の人気カレー店『妄想インドカレーネグラ』さんによるカレー教室を実施します。

 

今回のワークショップは、実際にお店で出されているカレーの完全再現です。

(良いのでしょうか、太っ腹!)

自分であの一皿を作れるなんてカレー好きにはたまりません。

 

 

カレーのお供にはネグラさん特製"痺れるアイスチャイ"を、また、ご自宅でも楽しんでいただけるようチャイスパイスのおみやげもご用意します。

もちろんレシピ付き。

 

カレー作り初心者もマニアも楽しめる、内容盛りだくさんのワークショップです。

 

 

 

妄想インドカレー ネグラ

instagram.com/negura.curry/

 

インドに行ったことのない二人が「妄想インドカレー」をコンセプトに、身近な八百屋の野菜とエキゾチックなスパイスを組み合わせた、架空のインドカレーを作っています。

高円寺での店舗営業の他、秘境から銭湯まで神出鬼没で出張ネグラしています。

今回はネグラでもよく登場する「しらすのビンダルカレー」に加え、カレーに混ぜても美味しいし、そのままお酒のおつまみや、ごはんのおかずにしてもぴったりな副菜2種類をご紹介します。

 

 

 

《ワークショップのメニュー》

 

「1」しらすのビンダル

フレッシュトマトと香醋としらすで織り成す酸味とコクのビンダルカレーです。

 

「2」ネグラ名物!タンドリーチキン

お店にタンドリー釜はないけれど、お肉ふっくら美味しいタンドリーチキンが食べたい!と思って焼き方にこだわりました。

 

「3」季節の野菜とお豆のサブジ」

夏の瑞々しい野菜とお豆を使ったスパイス炒めです。

 

 

 

【内容】

 

・カレーと副菜を作ります。(約80分)

・その場で食べましょう。(約30分)

 

当日出展される作家さんのお皿で、盛り付けも楽しんでいただきます。

ライスはジャスミンライスをご用意します。

アイスチャイもご一緒に。

 

 

 

【場所】

大鳥神社会場

東京都豊島区雑司が谷3−20−14

 

 

【日時】

 

2019年8月18日(日)※雨天中止

1部:9:00〜11:00 満席

2部:11:00〜13:00 満席

3部:13:00〜15:00 満席

 

*各回定員8名様となります

*火を使うため12歳以下のお子さまの参加はご遠慮しております

 

 

【参加費】

 

5000円

(スパイスのおみやげとレシピ付き)

 

 

【持ち物】

 

・エプロン(汚れが気になる方は各自ご用意ください)

・ペン(カレー作りの色々、聞いてメモしましょう)

 

 

【申し込み方法】

 

申込開始は7月16日(火)18時よりスタート!

それ以前のお申し込みは無効です。ご注意下さい。

 

件名を「ネグラカレー教室」とし、

-----------------------------------------

・ ご希望の時間(1部 / 2部 / 3部)

・ 氏名(全員のお名前)

・ 参加人数

・ 携帯電話番号(代表者の方が必ずお答え下さい)

-----------------------------------------

をご記入の上info@tezukuriichi.com担当:加藤 までメールにてお申し込み下さい。

 

お申し込み後、手創り市よりご返信いたします。

返信をもって、参加予約完了となります。

(2日以上返信がない場合、お手数ですがお問い合わせください。)

 

 

【注意事項】

 

※携帯からお申し込みの方は、パソコンからのメールを受信する設定にしてください。

※参加予約は先着順となります。予めご了承ください。

※ご予約のメールを確認した時点ですでに定員を超えてしまっていた場合、空いている時間帯を勧めさせていただく場合がございます。

※申込受領後のキャンセルはご遠慮ください。8月10日以降のキャンセルの場合、参加費全額のお支払いをお願い致します。

 

 

 担当スタッフ 加藤

info@tezukuriichi.com

 

____

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
  mail:info@tezukuriichi.com
  Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 

 

 





【雨天中止】7月14日(日)開催のまとめ

 

 

本日は雨天のため、中止となりました。

 

朝方から午前中にかけて激しい雨、雷が伴う注意報が出ていることから、いつもより早めの告知となりました。

せっかくの3連休。明日はいくらか雨があがればいいですね。良い休日をお過ごし下さい。

 

【次回開催について】

開催日:8月18日(日)

申込期間:7月14日〜7月24日消印まで

発表:7月31日

 

※大鳥神社会場では「カレーな休日」を開催。

ご応募をお待ちしております!!

http://tezukuri-ichi.jugem.jp/?eid=2147

 

 

 

 

7月14日(日)は手創り市の開催日。

今月も鬼子母神と大鳥神社、2会場同時開催です。

 

【 7月14日(日) 出展者リスト一覧 】CLICK!!

 

 

雑司ケ谷手創り市の夏の風物詩。

「あお」も今年で7年目を迎えました。

 

例年通り、

「あお」をテーマにした作品。

「青」や「夏」をイメージしたフード。

 

出展者紹介まとめ をご覧ください!

 

 

 

 

 

<出展者紹介:No.01〜07>CLICK!!

 

<出展者紹介:No.08〜13>CLICK!!

 

<出展者紹介:No.14〜19>CLICK!!

 

<出展者紹介:No.20〜25>CLICK!!

 

<出展者紹介:No.26〜34>CLICK!!

 

<出展者紹介:No.35〜40>CLICK!!

 

 

 

*会場マップはこちら*

 

 

 

<おあのファッションスナップ>

http://tezukuri-ichi.jugem.jp/?eid=2139

 

 

なお、鬼子母神会場では「大野写真研究室」さんによる記念撮影の場、未来のあなたへを実施いたします。

 

 

未来のあなたへ 2019.07.14 @鬼子母神会場

http://tezukuri-ichi.jugem.jp/?eid=2168

 

 

____

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 

 

 





7月11日 明日より告知!

 

明日、7月12日より「カレーな休日」のワークショップのお知らせを開始致します。

今年は昨年の2店舗のカレー作りと少し指向を変えて。もちろん、いい感じの内容です。

ああ、早く告知を始めたい。楽しみにしていて下さいね。

 

 

 

話は変わり、、

 

先日、七夕前後で行われていた鬼子母神さんの夏祭りにお邪魔しました。

様々な色味をもった朝顔の屋台があったり、皆さんお馴染みの粉ものの出店があったり、ビール片手にお好み焼きや焼きそばを食べました。

 

池袋にほど近い場所にあり、鬼子母神さんのような有名な場所だからこそ沢山の人手がありますが、考え方によっては、こうしたお祭りこそ自主独立した形で町内ごとにやればいいのに…そんなことを考えました。

 

地方創成という生活と離れた(?)大きな言葉で訴えかけるのではなく、自分たちで出来ることは自分たちでやる。自分たちで楽しむ。町内に住む大人は子供達を巻き込む、ちょっとしたお手伝いをさせる。

たったそれだけのことで、その子供達は大人になった時にそのことをいつまでも覚えていますし、わが町を小さく誇りに思うでしょうから。

それに、大人だって隣近所や町に住む人がどんな人か見える機会になるでしょうし、それは暮らしやすさにも当然繋がるし、顏が見えるイコール防犯にも役立つでしょう。

 

SNSで好きな者同士が繋がることは数十年前にはなかったことですから、それはテクノロジーの有効活用だとは思います。

けれど、なんか片手落ちな気がするのはおかしなことでしょうか。

これ、過去を懐かしむとかそういうことではないんですけどね。

 

現実的な問題があるとすれば、きっとこういう問題が必ず起きるでしょうけど、、

 

お金の管理の問題。

 

始める為のお金をどう集めるか?については原資の基本は町内会費とかでいいでしょうし、地域にある比較的大きなスーパーマーケットやドラッグストアなど大手企業が運営するお店さんからスポンサーという形でお金を募ってもいいでしょうし、それこそ、クラウドファンディングとかも活用したり。

そして、得たお金は地域や周辺に住む税理士さんに監査として入ってもらい問題が出来るだけ起きないようにする。

税理士さんには有償でも無償でもそれは色々な方法があるでしょう。

もちろん、関わる人へどういった形で報いるのか?ここも重要なポイントでしょうし、考えどこではある。

 

寺社仏閣がなくても出来ることだと思いますし、地域の未来を考えるのであれば、年に1度でも大変なことですけど、あったらいいと思うんですけどね。

ひとつは子供達の為の記憶の為に。

もうひとつは大人の自分たちの精神衛生上の為に。

 

それではまた。

 

名倉

 

____

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 

mail:info@tezukuriichi.com

Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 

 

 

 





あ お 2019 : 出展者紹介No.35〜40

 

 

雑司ケ谷手創り市の夏の風物詩。

「あお」も今年で7年目を迎えました。

 

例年通り、

「あお」をテーマにした作品。

「青」や「夏」をイメージしたフード。

 

出展者紹介をご覧ください!

 

 

 

 

 

大鳥神社

ブースNo.35

 

 

KACO

https://www.instagram.com/kaoriscookies/

 

クッキーのKACOです。

「バーチ・ディ・ダーマ」というイタリア伝統菓子のレシピをベースに、ひとくちサイズのクッキーを作っています。

今回は「あお」のテーマに沿って、青のりを使用した塩味のおつまみクッキーを!

その他、ミントを使った清涼感のあるクッキーや、塩チョコクッキーなど、夏も美味しく食べれるクッキーをいろいろ用意します。

どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

大鳥神社

ブースNo.36

 

 

La petite maison blanche/Saco

https://twitter.com/@253patisserie

 

目白の小さな白い家でお菓子作りをしている『La petite maison blanche/Saco』です。

今回、初めて「あお」に出展させていただきます。

旬の国産ブルーベリーを使ったリコッタチーズケーキ、先月から仕込んでいる青梅の梅味噌、テーブルクロスもシールも洋服も、「あお」「あお」「あお」。

もちろん、いつもの焼き菓子も作ります。

お待ちしてます。

 

 

 

 

 

大鳥神社

ブースNo.37

 

 

MoonboW

https://facebook.com/MoonboW.muffins

 

初めまして、マフィンの専門店MoonboWです。

ムーンボウとは、夜月の光に照らされて出る虹の事です。

店内は夜の濃い青をイメージしており、青には、特別な思いがあり、今年も「あお」に参加出来てとても嬉しいです。

「あお」に向け、青いレモンアイシングをかけたウィークエンドシトロン風マフィン、ほんのり生地が青く染まるブルーベリー、ドライミントを練り込んだチョコミントのマフィンをお持ちします。

また、可愛いブルーの蕾のラベンダークッキーもお持ちする予定です。

 

 

 

 

 

大鳥神社

ブースNo.38

 

 

コブタ社

https://www.instagram.com/kobutasha/

 

有機オーツ麦と有機ココナッツオイルを使用し、ガリガリザクザクとした、食べ応えのあるグラノーラを作っています。

青色のグラノーラは作れませんが、、、

全種類「青…」の食材を使用したグラノーラをお持ちします。

今回、人気の塩っぱい系おつまみグラノーラの種類が多目です。

その他、朝食向きから、おやつになるものまで、「あお」だけのラインナップですので、ぜひお立ち寄りください。

 

 

 

 

 

大鳥神社

ブースNo.39

 

 

アトリエ風戸

https://www.instagram.com/saya_01life/

 

ハーブティーのアトリエ風戸です。

オーガニックのハーブを中心にブレンドしています。

茶葉とパッケージ合わせて、ひとつの作品という思いで、オリジナルのイラストも描いています。

海の青をイメージしたブレンド、夜空の青をイメージしたブレンド、青→紫→茶と紫陽花のように変化していくブレンドなど、「あお」のハーブティーをご用意いたします。

お気軽に遊びにいらしてくださいね。

 

 

 

 

 

大鳥神社

ブースNo.40

 

 

DAISY COFFEE

https://www.instagram.com/daisy.coffee/

 

ブラックコーヒー専門の自家焙煎珈琲、DAISY COFFEEと申します。

「あお」には、新作の水出しコーヒーパック【Blue daisy】をお持ちします。

深煎のブラジルを使用した水出しコーヒーは、ナッツ感、甘味、コクが感じられ、とってもまろやかな味わいです。

ベーシックなブラジルとペパーミント入りのアイスミントと2種類ご用意致しました。

是非、コクのある清涼感をお楽しみ下さい!

 

 

 

 

 

キッチンカー

 

 

カフェ・デル・シエロ

https://twitter.com/caffedelcielo

 

ブルー・ハワイアンソーダ

¥500

 

ハワイで人気のカクテルをイメージしたフレーバーソーダ。

パイナップルの甘さと、鮮やかなブルーキュラソーに、ココナッツのアクセントが南国を感じさせるスッキリした甘さのドリンクです!

 

 

 

 

 

 

 

*会場マップはこちら*

 

 

<おあのファッションスナップ>

http://tezukuri-ichi.jugem.jp/?eid=2139

 

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 

 

 





あお2019 : 出展者紹介No.26〜34

 

 

雑司ケ谷手創り市の夏の風物詩。

「あお」も今年で7年目を迎えました。

 

例年通り、

「あお」をテーマにした作品。

「青」や「夏」をイメージしたフード。

 

出展者紹介をご覧ください!

 

 

 

 

 

大鳥神社

ブースNo.26、27

 

 

ものあい

https://www.instagram.com/monoai.info/

 

ものあいの品物は、藍染印半纏を製作する際の型染めと藍染の技法を基にしています。

型ほりから染めまで、普段の暮らしに馴染むことを思い、一つ一つ手作業で製作しています。

いつも変わらない「あお」の品物ですが今回のイベントでは、いつもより広いスぺースで、いつもより多い柄で、いつもよりたくさんの種類のアイテムをご用意してお待ちしています。

 

 

 

 

 

大鳥神社

ブースNo.28

 

 

atelier aya

http://www7b.biglobe.ne.jp/ayapanna/

 

インディゴブルーの陶器を制作しているatelier ayaです。

デニムのような色合いのインディゴブルー。

ジーンズを履くように、気軽にお使いいただけたら嬉しいです。

様々な「あお」色が集まる夏の大鳥神社を私も楽しみにしています!

 

 

 

 

 

大鳥神社

ブースNo.29

 

 

meku

instagram.com/meku_handpaint

 

活動名のmekuは「ときめく」「きらめく」などのように、言葉に出来ない「らしさ」を絵にするプロジェクトです。

今回は「7月のあお」にちなんで、メッセージを特別なものにする一点物のアートステーショナリーや身につけるアートとして洋服にも合う杉下駄やポーチなどを提案します。 

ぜひ遊びにきてください!

 

 

 

 

 

大鳥神社

ブースNo.30

 

 

Feb

https://www.instagram.com/miicote

 

羊毛フェルトをメインにアクセサリーなどをつくっています。

あおの持ついろいろな顔のどこかにFebの「やわらかさ」をプラスした、どこか癒されるそんな作品をご用意したいです。

Febのあお、ぜひご覧ください。

 

 

 

 

 

大鳥神社

ブースNo.31

 

 

Ponto:STAMP

http://twitter.com/pontostamp

 

 

模様を纏った消しゴムはんこを制作しています。

『あお』という言葉は涼しげで儚げな不思議な響きの音だと思います。

あおから連想したカタチや動植物のはんこ作品をどうぞ見に来てください。

 

 

 

 

 

大鳥神社

ブースNo.32

 

sorry,coming soon

 

まつのみき

 

 

 

 

 

大鳥神社

ブースNo.33

 

 

トミゾウ

https://www.instagram.com/tomizo0710

 

木や粘土を使用して、動物モチーフの雑貨やアクセサリーを製作しています。

「あお」では、青い動物や、青いアイテムを持った動物を出品します。

 

 

 

 

 

大鳥神社

ブースNo.34

 

 

Calm candle works 

https://www.instagram.com/calm_candleworks 

 

Calm とは穏やかな、落ち着いたという意味です。

キャンドルを灯す時間にそう感じて頂けるよう製作しています。

今回の『あお』では、心落ち着くあお、心和らぐあお、心躍るあお。

たくさんのあおをお持ちします。

ひとつひとつ違う『あお』の中からお気に入りを見つけてください。

グラスキャンドルのワークショップもご用意しております。よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

*会場マップはこちら*

 

 

<おあのファッションスナップ>

http://tezukuri-ichi.jugem.jp/?eid=2139

 

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 





あお2019 : 出展者紹介No.20〜25

 

 

雑司ケ谷手創り市の夏の風物詩。

「あお」も今年で7年目を迎えました。

 

例年通り、

「あお」をテーマにした作品。

「青」や「夏」をイメージしたフード。

 

出展者紹介をご覧ください!

 

 

 

 

 

大鳥神社

ブースNo.20

 

 

87et(ハナエ)

www.instagram.com/_87et

 

リネンやコットンの天然素材でブラウスやワンピースを製作しています。

1年で1番暑い時期を迎える折、目に爽やかで

着て涼しく心地よい「あお」のお洋服をたくさんお持ちいたします。

みなさま、ぜひお越しくださいませ。

 

 

 

 

 

大鳥神社

ブースNo.21

 

 

i r o i r o

https://www.instagram.com/iroiro_no_iroiro

 

あったらいいなと思うもの

すきなもの

をベースに

いろいろな

形・素材・モチーフで

製作しています

 

ずっとすきないろ

あお

さわやかな青

あざやかな青

あじのある青

 

いろいろ の あお

ならびます

 

 

 

 

 

大鳥神社

ブースNo.22

 

 

sui

https://www.instagram.com/sui.healing.natural/

 

高貴で神秘、幸せの象徴だったり、逆に喪の色ともいわれ、憂鬱な気分の象徴にされる二面性、未熟さの表現にも用いられる「あお」。

その複雑な色味と意味合いを表現したいです。

 

自然の植物の姿、香りを生かし、インスピレーションを得て、アロマ、ハーブクラフト、キャンドル、ワックスサシェ、チェコガラスビーズや樹脂などを用いてのアクセサリー製作。

 

〜華美ではない、ひっそりと暮らしに溶け込むような存在〜

 

 

 

 

 

大鳥神社

ブースNo.23

 

 

nemu..

https://www.instagram.com/nemu.accessory

 

陶土を一つ一つ手作業で形作り、少しずつ違うところが人の個性のように、風合い、温かさを感じられるサクセサリー作りをしています。

土の良さを引き立て、肌なじみの良い色味も、様々な色を組み合わせてこだわっています。 

草花や光、果物など自然なものからインスピレーションを受けて製作することが多いので、今回は海や水、空などの様々な「あお」の良さを表現し、身につけている方も見た方もみずみずしく涼しげに感じられる作品を沢山ご用意していきます。

 

 

 

 

 

大鳥神社

ブースNo.24

 

 

ミチクサ

https://www.instagram.com/michikusa.514/

 

季節の見た風景や植物の様子を生花を乾燥させてリース、スワッグ、ブーケなどで表現しています。

自然乾燥しながら時間と伴って変わる植物の姿や色も面白く、楽しみのひとつです。

今回は身近に咲く紫陽花などを乾燥させてちょっとくすんだあおの作品をお持ちします。

 

 

 

 

 

大鳥神社

ブースNo.25

 

 

refuge

https://www.instagram.com/tubakurokoubou.refuge

 

花器をメインに制作しました。

梅雨空のあお、夏空のあお、海のあお…

お気に入りの「あお」を探してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

*会場マップはこちら*

 

 

<おあのファッションスナップ>

http://tezukuri-ichi.jugem.jp/?eid=2139

 

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 

 

 





あ お 2019 : 出展者紹介No.14〜19

 

 

雑司ケ谷手創り市の夏の風物詩。

「あお」も今年で7年目を迎えました。

 

例年通り、

「あお」をテーマにした作品。

「青」や「夏」をイメージしたフード。

 

出展者紹介をご覧ください!

 

 

 

 

 

 

大鳥神社

ブースNo.14

 

 

降幡未来

https://www.instagram.com/miki_furuhata/

 

陶磁器を使った器やアクセサリーを制作しています。

わたしの好きなあおをご覧いただけたらと思います。

 

 

 

 

 

大鳥神社

ブースNo.15

 

 

zucu

http://www.zucu-tenugui.com

 

オリジナルデザインの注染手ぬぐいをつくっています。

あおい手ぬぐい、青い手ぬぐいを並べます。

今年つくった新しい柄もございますので、ぜひお立ち寄りいただけましたら嬉しいです。

 

 

 

 

 

大鳥神社

ブースNo.16

 

 

エゾノコ陶器

https://www.instagram.com/ezonocoe/

 

エゾノコ陶器です。

料理を引き立てるシンプルな器、液垂れしないポットや醤油差し、お塩がさらさらになる塩壺、お玉とお箸が一緒にたてられる「おたまおはしたて」など、使い手の暮らしに寄り添う、使い勝手の良い器作りを心がけています。

青、碧、蒼−広い海と空に恵まれた千葉県一宮町より、色々な「あお」を用いた、夏らしい器やアクセサリーをお持ちします。ぜひお手にとってご覧ください。

 

 

 

 

 

大鳥神社

ブースNo.17

 

 

cocon 

https://www.instagram.com/coconmaman/

 

今年も「あお」の作品作りを楽しんで進めております。

定番のあおから、新しい形のあおまで、私も大好きな「あお」を色々な形に取り揃え、皆様のお越しをお待ちしております。

 

 

 

 

 

大鳥神社

ブースNo.18

 

 

mahiru.

https://www.instagram.com/mahiru.mmm

 

日常にそっと寄り添い、ふとした時に心を動かしてくれるものを目指し、置物を中心に花器やアクセサリーを製作しています。

形や柄が一つ一つ違い、全て一点物となりますのでじっくりと観察しながら楽しんでいただけるとうれしいです。

「あお」には夏の窓辺に似合う青い子を中心に、相性のいい無地の子なども連れていきます。

是非、お気に入りの子を見つけにお立ち寄りください。

 

 

 

 

 

大鳥神社

ブースNo.19

 

 

bloom works

http://www.instagram.com/bloomworks_glass/

 

海のあお、空のあお、いきもののあお、そしてガラスのあお。

たくさんの【あお】をガラスで表現できたら…と思っています。

あおに染まる大鳥神社にぜひお越しください。

 

 

 

 

 

 

 

*会場マップはこちら*

 

 

<おあのファッションスナップ>

http://tezukuri-ichi.jugem.jp/?eid=2139

 

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 









Profile
twitter
New Entries
Archives
Category