RSS1.0 | Atom0.3



2月19日 oku

 

オープン前に何度か行ってたのに、オープンしてから全く寄り付かず。

 

周辺の知人らからは「行ってきたよ!」と報告を受ける日々。

無視してました。。

 

そんな薄情者の私ですが、先日ようやく行ってきました。

 

三木のokuへ。

 

 

 

時折、インスタグラムを通して眺め見ていた三木さんのお店。

ようやっと色んな事が動き出してきたぞ!ということでお邪魔。

 

店内には、、

 

生活に寄り添う道具を中心に、生活と自身を彩る道具まで。

等身大の彼女の視点があちこちに。

 

親しみを感じました。

 

 

今後は毎月ひとつ展示会が開かれるそう。

 

2月22日からは金工作家aeiさんによる「雪代を待つ」という名の展示会を開催。

この展示会の為に制作された一点ものの作品も届くそうで、期待は高まるばかり。

 

お近くにお立ち寄りの際にはぜひ!

 

 

最後に。

三木のokuにお立ち寄りの際にオススメのお店を見つけましたのでご紹介。

 

 

どんなお店か。

どこにあるのか。

 

それはokuにてお尋ね下さいませ。

 

名倉

 

____

 

 

*運営スタッフ募集*

*今回は男性スタッフのみとします*

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 

 





【はるに、桜と。2019:公募】

 

 

 

「 は る に 、 桜 と 。」 

 

 

 草木が芽吹いて

 桜が咲いて

 新しい生活がはじまる春

 

 別れの春

 出逢いの春

 せつなくて

 嬉しくて

 

 そんな春には

 あたらしい装いで

 でかけましょ

 

 鞄のなかに

 お菓子をしのばせて

 

 

 〜 気持ち新たな春を手創り市と共に 〜

 

 

----

 

 

*公 募 の 対 象*

 洋服、帽子、ストール、靴、帽子。

 春らしいお菓子ほか食品。等々。

 

*試着室について*

 開催日当日は会場入口に試着室を設けます。

 年に1度のこの機会。ぜひご利用下さい!

 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                             

開催日時             

2019年3月17日(日)9:00〜16:00 ※雨天中止

            

 

            
会場             

大鳥神社会場
※駐輪・駐車場はございません。

近隣のコインパーキングをご利用ください。

            

 

            
ブース             

1ブース 1.8×1.8m
※什器の貸し出しはございません。

必要な物はすべてご準備ください。

            
出展料             

1ブース 3,000円

            
申込期間             

2月17日〜2月20日消印まで
※期間外のお申し込みは無効となります。ご注意ください。

            

 

            
申込方法             

申込書に「はるに桜と。参加希望」とご明記の上、、
 (1)手創り市開催日に、会場受付に申込書を提出。

 (2)上記期間内に申込書をご郵送ください。

 

*郵送先 〒173-0021 東京都板橋区弥生町68-1 手創り市事務局

 

            
備考

 

3月の大鳥神社会場は「はるに、桜と。」に該当する出展者のみです。
通常の出展を希望される方は自動的に鬼子母神会場への案内となります。

また、「はるに、桜と。」での出展を希望された方で、選考の結果、大鳥神社にご参加頂けない場合、鬼子母神会場へご案内する場合が御座います。予めご了承下さい。
            

 

            

 

 

※お問い合わせは下記メールまでお気軽にどうぞ。

 

担当スタッフ

栗原


____

 

 



HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 





【本日開催】2月17日・手創り市のまとめ

 

 

2月17日(日)は雑司ケ谷手創り市の開催日です!

 

今月は一部エリアに地面の凍結が御座います。(霜がおりたり…)

よって、鬼子母神会場の一部エリアの利用が出来ません。

予めご了承下さい。

 

【2月17日・出展者一覧】

http://www.tezukuriichi.com/0217.html

 

出展者紹介!ピックアップ的な…

<はじめまして:2019年2月分>CLICK!!

http://tezukuri-ichi.jugem.jp/?eid=2091

 

 

はるに桜と。ワークショップ

「ショールを染めよう」

http://tezukuri-ichi.jugem.jp/?eid=2094

 

 

「はるに、桜と。2019:公募のお知らせ」

http://tezukuri-ichi.jugem.jp/?eid=2086

 

 

「はるのパン祭り2019:公募のお知らせ」

http://tezukuri-ichi.jugem.jp/?eid=2087

パン屋さんの公募は2月20日消印にして締切です!

 

 

____

 

 

*運営スタッフ募集*

*今回は男性スタッフのみとします*

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 

 





「ショールを染めよう」(はるに、桜と。ワークショップ)

 

昨年、とても人気であっという間に満席になってしまった「Rocca」さんのワークショップ。

今年も開催していただけることになりました!

 

春と言っても、まだまだ肌寒い日もありますよね。

けれど、毛糸のマフラーとはちょっとお別れしたいもの。

 

これからの季節にピッタリな自分だけのショールを作りませんか?

 

ぐつぐつ染めている時間もお茶とお菓子で楽しい時間。

お気に入りのショールを纏って出掛けましょ。

 

糸の染色からショールを織って制作している「Rocca」さんのワークショップを開催。

染めている時間は今活動はお休みしている「和菓子工房 糸 ito」さんに特別にお菓子を作って頂けることになりました。

 

ぜひご参加下さいね。

 

担当スタッフ 栗原

 

 

 

 

 

 

はるに、桜と。ワークショップ

「 ショールを染めよう 」

 

 

 

 

春夏秋に使える素材、” リネン ”  

 

好きな色に染めて、春のショールを作ってみませんか。

 

 

昨年好評だった、ショール染めのワークショップを今年も開催します。

 

今年はまず基本の3色からお選び頂き、「もう少し淡く」や「もう少しミドリっぽく、ピンクっぽく」などのリクエストがありましたら、ベースの色からアレンジを加え一緒に色を作ります。

 

 

 

時計回りに。

 

◯モスグレイ(少し緑がかったグレー)

◯フラミンゴ(落ち着いたサーモンピンク / もう少し薄く染めると淡い桜っぽい色に)

○スチールブルー(優しい落ち着いた水色 / 夏にも○)

 

 

ショールは鍋でグツグツと火にかけ染めます。

どんどん糸が色を吸って染まっていく様子は、とても面白いです。

 

 

 

使用する素材は 国産のリネンガーゼ 。

着用写真は  横幅 約120cm、長さ約2m。

 

私は防寒も兼ねて、巻いた時にボリュームが出るのが好きなので、たっぷり生地をつかいました。

ショールはもちろんのこと、春夏用のひざ掛けや 小さなお子さんのおくるみにもオススメです。

ボリュームは苦手という方は、染色後にご自分でサイズを小さくすることもできます。

 

 

*色のアレンジについてご注意*

時間の都合上、濃い色、黒、灰色は出来ません。

薄い色の方が、色むらなく染まります。

 

 

 

 

 

 

【開催日時】

 

2018年3月17日(日)
午前の部:10:00〜
午後の部:13:00〜

※各回定員4名まで

 

 

【開催場所】

 

大鳥神社会場

豊島区雑司が谷3-20-14

 

 

【参加費】

 

7000円(ショールと糸さんの和菓子を含む)

 

 

【持ち物】

エプロン、筆記用具 必要な方は、ゴム手袋

※参加される方は、必ず汚れても良い服装でお越しください。

※ゴム手袋やエプロンをお持ちいただくと安心です。

 

 

【ワークショップ作家紹介】

 

Rocca 暮らしの布研究所

https://www.rocca-endo.com

 

埼玉県大宮を拠点に染織家として活動中。

インスタグラムにて、ショールのその他画像をご覧いただけます。

https://www.instagram.com/rocca.endo/

 

 

【お申し込み方法】

 

お申し込み開始は2月18日の18時よりスタート

上記時間より前のお申し込みは無効となります

 

件名を「3月WS申し込み」として、

-----------------------------------------

・ ご希望の時間(午前 / 午後 )

・ 氏名( 全員のお名前 )

・ 参加人数

・ 携帯電話番号(代表者の方が必ずお答え下さい)

-----------------------------------------

をご記入の上info@tezukuriichi.com担当:栗原 までメールにてお申し込み下さい。

 

お申し込み後、担当スタッフよりご返信いたします。

返信をもって、参加予約完了となります。

(2日以上返信がない場合、お手数ですがお問い合わせください。)

 

※携帯からお申し込みの方は、パソコンからのメールを受信する設定にしてください。

※参加予約は先着順となります。予めご了承ください。

※ご予約のメールを確認した時点ですでに定員を超えてしまっていた場合、空いている時間帯を勧めさせていただく場合がございます。

※申込受領後のキャンセルは原則お断りしております。

※開催1週間前にキャンセルの場合、参加費の全額をご負担頂きます。ご了承下さい。

 

 

____

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 

 





【 五味五感展 】閉幕しました。

 

 

 

 

五味五感展。

 

昨年11月、静岡県富士市のキャトルエピスより始まり、1月は東京のnice thing.STORY。

2019年2月17日をもってpejite益子店にて幕を閉じました。

 

参加作家の皆さま。

巡回展会場の皆さま。

そして、ご来場の皆さま。

 

五味五感を通しての沢山の気づきの機会。

ありがとうございました。

 

今回のような規模の五味五感展はそうそう出来ることはありません。

 

が、規模は小さくとも、夕顔藤間さんの料理と作家の器を通して五味五感の世界をつくること、つたえることは出来るはず。

 

それがどんなものなのか?

今後、じっくりとさぐってゆきたい。

 

ご参加ご来場、ありがとうございました。

 

名倉哲

 

 

 

 

 

 

「 五 味 五 感 展 」

 

2011年の春を過ぎた頃、はじめての五味五感を開催しました。

あれから7年が過ぎ、2018年11月より再び、五味五感を開催致します。

 

公式インスタグラム

https://www.instagram.com/gomigokan/

 

 

 

五味五感とは?

 

料理家、夕顔 藤間夕香さんの季節の料理を軸に、絵と音楽と工芸の作家と共に開催される展示会です。

今回、11月の静岡を皮切りに、年明け1月には東京、2月には栃木、3つの会場を巡回致します。

 

本展では、夕顔藤間さんの料理で使われる器やカトラリーなど、縁ある作家の作品の展示販売を実施。

また、夕顔さんの季節の料理を山口洋佑さんがイラストにし、音楽家のユキシュンスケさんが本展のサウンドトラックを制作。

それぞれの会場では夕顔藤間さんによる食事会が開かれます。

なお、食事会では参加作家の作品が利用され、作品の体験の場としても提案されます。

 

見て聴いて触れて味わい香る、五味五感。

 

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

 

 

◯会期

 

【栃木】2019年2月に開催されました。

pejite益子店

instagram.com/pejite_mashiko/

 

【東京】2019年1月に開催されました。

nice things. STORY

instagram.com/nicethingsmagazine/

 

【静岡】2018年11月に開催されました。

アトリエショコラ

instagram.com/quatreepice/

 

 

 

◯工芸作家

 

 

田村文宏(陶磁)

 

 

松本美弥子(陶磁)

 

 

SŌK 鈴木絵里加(陶磁)

 

 

三浦侑子(ガラス)

 

 

liir 森谷和輝(ガラス)

 

 

只木芳明(木工)

 

 

pejiteオリジナル(木工)

 

 

yuta 須原健夫(金工)

 

 

◯料理

夕顔 藤間夕香

 

 

◯イラスト&DMデザイン

山口洋佑

 

 

◯サウンドトラック

ユキシュンスケ

 

 

主催:手創り市

企画:夕顔藤間夕香・手創り市名倉哲

協力:大野写真研究室

 

 

 

本展についてのお問い合わせは、主催:手創り市までメールにてご連絡ください。

Mail info@tezukuriichi.com

 

 

____

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 

 





2月14日 閉幕にむけて…

 

 

 

2月14日。

本日、五味五感展pejite益子は定休日の為、お休みとなります。

 

明日15日より営業を再開。

2月17日にて閉幕となります。

 

最後の週末。

在店は出来ませんが、沢山の方にあの空間へ訪れて頂けるよう願ってます。

 

名倉哲

 

 

 

 

【 五味五感展 】

@gomigokan

会期:2019年2月9日(土)〜2月17日(日)

営業時間:11:00 - 18:00

会場:pejite 益子

@pejite_mashiko

栃木県芳賀郡益子町益子973-6

※14(木)は休廊

※駐車場あり

 

●工芸作家

ー陶磁ー

田村文宏 @fumihiro.tamura

松本美弥子 @jacinthe044

SŌK 鈴木絵理加 @svzvkierlca89

 

ーガラスー

三浦侑子 @bambooglass_miura

liir 森谷和輝 @liir1116

 

ー木工ー

只木芳明 @yoshiakitadaki

pejiteオリジナル @pejite_mashiko

 

ー金工ー

yuta 須原健夫 @yutacraft

 

●料理

夕顔 藤間夕香 夕顔食事会

 

●イラスト&DMデザイン

山口洋佑

 

●サウンドトラック

ユキシュンスケ

 

主催:手創り市 

企画:夕顔 藤間夕香/手創り市名倉哲

 

____

 

 



HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 





2月12日 五味五感

 

くらくたになった身体と雪予報に不安の夜が明けて、外へ出てゆくと雪景色。

むこうに見える山々からは湯気がたつような景色。

とても綺麗でした。いいもの見たな。そんな感じ。

 

 

五味五感展の搬入から夕顔食事会、展示会前半を終えて東京に戻ってきております。

 

 

https://www.instagram.com/p/Btr2Qd0HoPU/

 

 

 

https://www.instagram.com/p/Btuh3MPn0of/

 

 

 

https://www.instagram.com/p/Btu0MBMHdy1/

 

 

 

https://www.instagram.com/p/BtpHopnnU-s/

 

 

 

現在、pejiteさんの店内は夕顔食事会の様子を感じて頂けるよう、店内の大きな空間中央のロングテーブルにてレイアウトを組んでおります。

間もなく撤収されるその景色。ご来場の際にはぜひご覧ください。

 

 

会期後半には数人の作家さんの追加納品(予定)も御座います。

追加納品のご案内はSNSでご案内致しますね。

 

五味五感展。

最終巡回pejiteの会期は2月17日まで。

 

会期の終わりまで、どうぞ宜しくお願い致します。

 

最後に。

京都に住むあの方の言葉。

身に沁みました。

 

https://www.instagram.com/p/BtwoXkxnMHt/

 

ありがとうございます。

 

名倉哲

 

____

 

 

*運営スタッフ募集*

*今回は男性スタッフのみとします*

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 





作家紹介:はじめまして。(2019.02.17)

 

 

2019年2月17日の雑司ヶ谷手創り市より5組の出展者をピックアップ。

ご来場前にぜひとも参考までにご覧ください!

 

* は じ め ま し て 。 と は ? *

 

 

 

 

 

 

鬼子母神No.45

 

 

キキカイカイ

https://rewcraft45.hatenablog.com/

 

はじめまして。 キキカイカイ(樹木塊回)です。

倒木や不要伐採木、木工製作で出た端材などで、フラワーベースや器、他をつくっています。

木の持っている個性もなるべく取り入れて、日々の暮らしの風景を少しだけ豊にしてくれる様な物創りをと願っています。

 

 

 

 

 

 

鬼子母神No.66

 

 

yuriyuri

instagram.com/yuriyuri_sewing/

 

yuriyuriです。

シンプルなデザインのポットマットやコースターを作っています。

日々の暮らしの中で大切なお茶の時間のおともになれたらと思い、ひとつひとつ丁寧に製作しております。

どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

鬼子母神No.74

 

 

米袋封筒のちほど

https://www.tadanoyamamoto.com/

 

はじめまして、「米袋封筒のちほど」です。

役目を終えた丈夫な米袋を、新しいカタチに変えられないかと考え、生まれました。

米袋には「撥水効果がある」と言われている柿渋を加工しているので日常使いも安心。

畳べりと布でつくるデザインは全て1点ものなのであなたのお好きなデザインを見つけに来てください!

 

 

 

 

 

 

鬼子母神No.153

 

 

bossa nico

facebook.com/bossanico

 

はじめまして。bossa nicoと申します。

布に触れていると元気が出たり、幸せな気持ちになります。

ミシンでカタカタ、手でチクチクステッチ。

陶で作成したパーツ、革などの素材を加え巻きスカートのようなエプロンやアクセサリを愉しみながら制作しています。

身にまとって、お出かけしたい!愉しいなって感 じて頂けましたら幸いです。

どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

大鳥神社出展

 

 

ӧmatsu

instagram.com/omatsu.ig

 

埼玉県飯能市にある小さなお店です。

omotenashi(カフェ)2019.5〜

oyatsu(焼き菓子)

oiwai(水引雑貨)

3つの活動を行っています。

 

爐曚辰海蝓△砲辰海蠅靴討發蕕┐襪發里鼎り

をテーマに心を込めて作っています。

 

 

 

 

 

 

*はるに、桜と。公募について*CLICK!!

 

 

*はるのパン祭り:公募について*CLICK!!

 

 

*運営スタッフ募集*

*今回は男性スタッフのみとします*

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 

 

 





最終巡回を前にして。

 

五味五感展、静岡。

アトリエショコラでの食事会の様子。

 

 

東京巡回、nice things.併設ギャラリーでの様子。

 

 

 

五味五感展 巡回展最終会場、栃木益子のpejiteさんでの巡回展が2月9日より始まります。

3連休の週末、ぜひともご来場下さい。

 

 

2011年春の開催以来、7年を過ぎて開催された本展。

ひとりの料理家の下に、工芸の作家、絵描き、音楽家が集い、展示会を開催してきました。

 

 

本展を彩る作品が現場に存在するには理由があります。

 

工芸の作家であれば。

彼ら彼女らの作品が夕顔食事会で使われてこそ、そこに存在する意義があります。

 

季節の料理を絵画にするのは。

料理を絵画に変換することで見る者にイメージを委ねることができ、委ねることは即ち、来場者との交わりの場としても昇華できるのです。

 

最後に。音楽がそこに在る理由。

それは、大切な五味五感の空間を穢されることなく、包み込む作用をもたらすからです。

 

 

料理と工芸。絵画。音楽。

どれひとつをとっても、

本展示会では欠かすことの出来ない要素であります。

 

 

私たちはこれからも各々が思い思いの活動をし、つくることを生業として生きてゆきます。

その為の新たな一歩として、本展を開催し、栃木益子のpejiteにて幕を閉じます。

 

 

新しい始まりはここから。

どうぞ宜しくお願い致します。

 

名倉哲

 

 

 

 

【 五味五感展 】

@gomigokan

会期:2019年2月9日(土)〜2月17日(日)

営業時間:11:00 - 18:00

会場:pejite 益子

@pejite_mashiko

栃木県芳賀郡益子町益子973-6

※14(木)は休廊

※駐車場あり

※クレジットカードのご利用可能

 

 

●工芸作家

ー陶磁ー

田村文宏 @fumihiro.tamura

松本美弥子 @jacinthe044

SŌK 鈴木絵理加 @svzvkierlca89

 

ーガラスー

三浦侑子 @bambooglass_miura

liir 森谷和輝 @liir1116

 

ー木工ー

只木芳明 @yoshiakitadaki

pejiteオリジナル @pejite_mashiko

 

ー金工ー

yuta 須原健夫 @yutacraft

 

●料理

夕顔 藤間夕香 夕顔食事会

 

●イラスト&DMデザイン

山口洋佑

 

●サウンドトラック

ユキシュンスケ

 

主催:手創り市 

企画:夕顔 藤間夕香/手創り市名倉哲

 

____

 

 



HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 





2月5日 

 

週末を静岡で過ごし、東京へ戻ったのは昨晩のこと。

ジュエリーの搬入から、ふたつの会場の同時選考会。

 

10月からずうっと休みなく続いてきたあれやこれもようやく目処がつく。

 

道中で見失うことが多々あって。

忘れてきたこともままあって。

けれど、、

見つけたことも沢山あって。

得ることの方がやっぱり多かった。

 

得たもの。

見つけたこと。

 

きっとそれらは今すぐ活かせる武器じゃなくて、これから気がつかぬうちに、気づかぬうちに活かすんだろうな。

 

20代は10代の頃の悔しさや正しさを証明する為に生きてきて、ざまあみろと思ってた。

30代に入り、それも通用しなくなってきたので、周囲を見渡しつつ、次の10年に向けての燃料を見つける為に目を凝らし歩き続けてみた。

そして、先日、30代を終えた。

 

いつも思ってきた。

言ってきた。

 

一流になるくらいなら二流でいい。

 

そのことを話すことがままある日常を送ってます。

三つ子の魂はなんとか。。

 

 

今週末。

5年ぶりと思ったら7年ぶりになってしまった、五味五感展の最終巡回の始まり。

それほど古びてはいない過去の蓄積を放りなげて、今を展示会にしています。

 

 

 

*まとめ*

http://tezukuri-ichi.jugem.jp/?eid=2034

 

【栃木】

 

2019年2月9日(土)〜2月17日(日)

11:00〜18:00

※2/14(木)は定休日となります

 

pejite 

http://www.pejite-mashiko.com/

instagram.com/pejite_mashiko/

住所:栃木県芳賀郡益子町益子973−6

電話:0285−81−5494

※駐車場有り

 

 

3連休ということもありますし、よろしければ是非栃木の益子までお越し下さいね。

どうぞよろしくお願いします。

 

名倉哲

 

 

____

 



HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 









Profile
twitter
New Entries
Archives
Category