RSS1.0 | Atom0.3



くらしのこと市 1125-1126 at 木藝舎SATO

 

 

公式ウェブサイト http://www.kurakoto.com/

インスタグラム https://www.instagram.com/kurashinokotoichi/

 

 

開催日:2017年11月25日(土)26日(日)

場所:木藝舎Sato http://www.mokugeisya.com/cafeeventspace/

 

_

 

くらしのこと市とは?

 

静岡市足久保にある木藝舎・SATOにて行われる

ARTS&CRAFT静岡主催のうつわを中心とした市です。

 

*今開催よりクレジット決済が可能となりました*

 

 

「出展者」

 

陶磁 9組

阿部有希(No.06) 笠原良子(No.01) 近藤康弘(No.03)

古谷浩一(No.22) 小黒ちはる(No.12) 前田美絵(No.04)

村上祐仁(No.16) 池田大介(No.20) 藤居奈菜江(No.18)

 

木工・2組

フナハシトモハル(No.02) 城崎月甫(No.05)

 

ガラス 1組

三浦侑子(No.19)

 

金工鉄 2組

yuta 須原健夫(No.15) 羽生直記(No.13)

 

植物 3組 ※3組は「くらしの教室」も実施

いわもとまきこ+善兵衛(No.29)

チムグスイ(No.21)

榊麻美植物研究所(No.17)

 

服飾 1組

HUIS(No.10)

 

フード 13組

IFNi ROASTING & CO.(No.14) tote(No.11)

屋台che(No.27) 茶屋すずわ(No.09) 杜屋(No.24)

skywalker bakery&cafe(No.23) みちばちのーと(No.07)  

うめぼしの松本農園(No.07) 焼き菓子ひより工房(No.26)

horieco+(No.25 / 25日のみ)  人々(No.28 / 25日のみ)

CAPU(No.28 / 26日のみ)  大国屋(No.25 / 26日のみ)

 

 

「くらしのことカフェ」

  今年のテーマは”お稲荷さん”です!

http://kurakoto.jugem.jp/?eid=213

 

 

「くらしのBOOKS」

  暮らしに寄り添う、スタッフ所蔵の本が集まります!

http://kurakoto.jugem.jp/?eid=188

 

 

「会場マップ」

 

 

「会場」

 

木藝舎Sato

静岡県静岡市足久保奥組堀下212

Tel 054-296-7676

※駐車場は100台ほどのご用意が御座います

 

 

____

 

 公式ウェブサイト http://www.kurakoto.com/

 インスタグラム https://www.instagram.com/kurashinokotoichi/

 

 開催日:2017年11月25日(土)26日(日)

 場所:木藝舎Sato http://www.mokugeisya.com/cafeeventspace/





11月21日 刺激。

 

昨日のブログの予告にこうありました。

 

「追伸

 次回のブログ更新では、

 私たちの会場について考えたことを書こうと思います。

 そっちが本分ですから。」

 

そのことについて、すこし触れたいと思います。

 

_

 

先日の鬼子母神にて

刺激のある作品に出会えた。

 

それは、なんだこれ!?というサイズの大きな革のボウル。

造形として大きいだけでなく、

革という素材で表現することに惹かれたし、

作品を語る活き活きとした様子に、

正直嫉妬した。

 

単に「良い」と思える作品に出会えたからではない。

その作品が粋だったから。

 

ここ数年うっすら感じてはいた、

「あなたの(私の)意識。ひよってないですか!!?」

と、問いかけられたような気がして。。

 

単なる思い込みでしかないし、

まともな大人はこう言うでしょう。

「君、それはね、中2病というものだよ…」

 

けれど、こうした刺激物をもっと紹介してゆかなきゃ。

どこかにいるだろう、そんな人たちに、探し当ててもらえる手創り市にしなきゃ。

そう思った。

 

ものづくりを表現し発表する場は、

今となっては日本全国どこにでもある。

無い都道府県を見つける方が難しいくらいでしょう。

 

そんな、今だから享受できる悪くない環境があるからこそ、

今の自分たちがどんなことを発信してゆくのか?

ビジュアルで問いかけてゆくのか?

やらなければいけない。

そう思った。

 

先日の開催後、

そのようなことを

男子スタッフと3名で酒場に繰り出し話をしていた。

(酒場の話を形にしようとするな!とおっしゃる方。ごもっとも。)

 

_

 

昨日のこと。

2018年度のチラシのビジュアルの打合わせをした。

 

普段であればあらゆることを決め決めでお願いするのが常。

しかし、彼とはそうしない。

だらだらと?なんだかよくわからないことを話してしまう。

実際、ビジュアルのイメージも矢鱈と準備をしていかないようにしてる。

特定の場合を除いて。

 

ここ数年。

雑司ケ谷もA&C静岡も何かしらのシリーズ化でビジュアルづくりを進めてきた。

2018年はきっと変わる。

 

変わったナニカが、何処かの誰かに伝わればいいな。

勝手に感じてくれたらいいな。

そんな風に身勝手に考えてもいる。

 

2018年で雑司ケ谷の手創り市は12年目を迎える。

過去にやってきたことのひとつを再生できたらいいなと思っている。

たった今、思いついた。

 

ルポルタージュ。

できるかな。

 

やりたい。

 

やらなきゃ。

 

名倉

 

____

 

 

次回開催について。

開催日:12月17日(日)

申込期間:11月19日〜11月22日(水)消印まで

 

 



HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 





11月20日 徒然。。

 

11月18日19日は雑司ケ谷手創り市にとって初めての2日間開催になるはずだった。

18日は天候不良で中止。19日は終日良い天気で開催。

終わってみれば、いつも通りの第3日曜に開催。

天気のことは仕方なしとはいえ、

2日間の開催を楽しみにしていたのにな…残念。

 

_

 

昨日の開催ではいろんなことを感じました。

 

手創り市としてナニカをした訳ではないけれど、

IKEBUKURO LIVING LOOPがあったことで、

これまで見たことのなかった

池袋周辺の景色が見れた気がしました。

 

街に活力が生まれるイベント。

そうしたイベントが続いてゆくと、

その街で働き暮らす人の意識が少しづつ変わり、楽しみが増える。

そうして、結果的に、街自体が変わってゆくのが自然だと思います。

 

_

 

ここから先は語弊があるかもしれないし、

誰かにとって気分を害すことかもしれないこと。

正直な考えと思い。

 

自分の好きなことや気にかかることに、

町おこし的な思い入れをもったことは一度たりともない。

 

(時折、取材等でそういった質問をされ、そういった答えを求められることがある。その場合、そうした意志はないけれど、結果的にそうなったらいいですよね…としか答えないようにしている。狙った回答にお付き合いできずゴメンネ…と思いながら。)

 

同時に。

世間の風と空気のようなもの?で町おこし的なことを叫ぶ輩が嫌いだ。

極端な話、余計なお世話だ!馬鹿野郎。とすら思ってしまう。

端的な理由として、それは大抵の場合、入れ替え可能だから。

やり逃げで、何か問題があれば逃げ出すか、何かのせいにするか、、

いずれにしても、続かない程度のものだから。

誰もが持つオラが町的な思い。誰にだってあるだろう。

だからといって、ただそれだけで周囲を巻き込むのは不幸を招くだけ。

一方的な見方であっても、そう思う。

根っこにあるパトリこそが入れ替え可能ではないもの。本質的なもの。

うんぬんかんぬん。話がそれました…

 

自分が持つ視点は、

個人がどうありたいか、

自分と他人が違ってなにがわるい?

意見の相違はグラデーションであり、

そのグラデーションによって世界がつくられている。

成熟され、高度な文明を持ってしまった人間は、

互いの相違を認めてこその多様性。

そうやって個々の存在をお互いに担保しあえる。

そんな気がするのだけど。。

話がそれました…ついつい。

 

_

 

その土地に暮らし、街を想い行動する、続ける人。

そういった人々が町おこし的なことに関わるべき存在だと思うし、

そういった人々がいろんな目的や、

いろんな問題を抱えつつも、

関わり続けて欲しい。

様々な過程でポジションを争う不毛なこともあるかもしれない。

それでもなお、どうにか正しいと思う方向へやり過ごしてほしい。

改めて、そう思った。

 

だからこそ。

絶対に「街のことを想って考えて手創り市をやってます!」と、

そんなことは口が裂けても云えないし、

自分にその資格はないと決めている。

結果的に、街に何かしらの還元が出来たら素直に嬉しい。

ただ、それだけだ。

 

_

 

IKEBUKURO LIVING LOOPのような、

その街で働き暮らし、

街のことを考えて、

街ぐるみで様々なことを発信する人たちの存在こそ

もっと知ってもらうべきだと感じたし、

続いてゆくべきだと思った。

 

同時に。

IKEBUKURO LIVING LOOPのように、

自分が比較的近い距離で関われることであれば、

自分が出来うる範囲で関わり続けたいと感じた。

 

手創り市として何かが出来た訳ではない。

けれど、考えたことはそんなこと。

そんな一日だった。

 

ここまでお付き合い下さって有り難う御座いました。

 

名倉

 

※ご意見ご感想は【こちら】までお気軽にどうぞ。

 

 

追伸

次回のブログ更新では、

私たちの会場について考えたことを書こうと思います。

そっちが本分ですから。

 

__

 

 

次回開催について。

開催日:12月17日(日)

申込期間:11月19日〜11月22日(水)消印まで

 



HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 





【閉幕】11/18-11/19 開催のまとめ。

 

 

次回開催

開催日:12月17日(日)

申込期間:11月19日〜11月22日消印まで

 

_

 

池袋駅東口で開催される「IKEBUKURO LIVING LOOP」に連動して、 
11月18日(土)19日(日) 2日間に渡って手創り市を開催いたします。

 


*手創り市は両日とも 9:00〜16:00(雨天中止)となります。
*IKEBUKURO LIVING LOOPは日によって開催時間が異なりますので、
 公式サイトをご確認の上、お出かけください。
 グリーン大通りには、YATAI(屋台)やMARCHEが並び、ライブ等もあるようです!


手創り市は初の2日間開催で、たくさんの方にご出展いただきます♪
ご来場お待ちしております。
今回は、両日共にご参加の作家さんの中からピックアップで数回に分けてご紹介します。

*ご紹介した以外にも、一般ブース・食品ブースございます。


11月の出展者リストはこちらから

 

__

 

【 11月18日・19日開催 出展者紹介 Pickup 】


【 11月18日・19日開催 出展者紹介 Pickup 】


【 11月18日・19日開催 出展者紹介 Pickup 】


【 11月18日・19日開催 出展者紹介 Pickup 】

 

【 11月18日・19日開催 出展者紹介 Pickup 】




 

__

 

 

「注連縄かざりのリースづくり」参加応募受付中!

 

 

【 ふゆの陶器市 2018.01.21 】公募のおしらせ

2te-touki2018-dm-f6-s.jpg

 

 

*2018年開催スケジュールについて*CLICK!!

 




HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 





12月ワークショップ:注連縄かざりのリースづくり 2017

 

 

12月17日(日)。
大鳥神社会場にて毎年恒例のワークショップを開催。

いわもとまきこさんによる
「注連縄かざりのリースづくり」
のワークショップを実施致します。


  


この一年 皆さまどんな一年でしたか?
慶びも哀しみも糧として
纏めて来年の福とする

自分でつくった注連縄は
いつもと違う気がするはずです。

いざ 年越しへ
いざ 注連縄を

植物は わたしのつくるみっつの空間から
植物を選んでいただきます。

一年の終わりに感謝する「慶び」の場

自分の「義」となる土台の場

来年に「願い」を込める実りの場

2018年を思い場をつくります。

小さくとも自分らしい
気持ちを込めた注連縄をつくりませんか?



いわもとまきこ
blog / instagram


 

日時 2017年12月17日(日) 雨天中止
1部 10:00〜
2部 13:00〜
各回定員 15名
ご予約優先、お申し込み方法は下記をご確認ください。
参加費 1,500円
当日会場受付にてお支払いください。
場所 大鳥神社会場(豊島区雑司ヶ谷3-20-14)
お申し込み方法 メールの件名を「12月ワークショップ申し込み」として、

----------------------------------------
・ ご希望の時間(1部または2部)
・ 氏名(全員のお名前)
・ 参加人数
・ 携帯電話番号(代表者のみ)

-----------------------------------------

をご記入の上、info@tezukuriichi.com 担当 秋田 までメールにてお申し込み下さい。

お申し込み後、手創り市よりご返信いたします。
返信をもって、参加予約完了となります。
(2日以上返信がない場合、お手数ですがお問い合わせください。)
備考 特に汚れる作業はございませんが、植物をグルーガン(ホットボンド)で留める作業がございますので、気になる方はエプロン等をご持参ください。
他に持ち物は不要です。

 


※携帯からお申し込みの方は、パソコンからのメールを受信する設定にしてください。
※参加希望の方は事前にメールにてご予約をお願いいたします。
※参加予約は先着順となります。予めご了承ください。
※ご予約のメールを確認した時点ですでに定員を超えてしまっていた場合、
 空いている時間帯を勧めさせていただく場合がございます。
※当日はまず手創り市受付にて参加費をお支払いください。その後、会場をご案内します。
※事前準備がございますため、お申し込み後のキャンセルはご遠慮下さい。
 開催1週間をきったキャンセルの場合、
 理由の如何を問わずキャンセル料金全額負担を申し受けます。



HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 

 

 





ふゆの陶器市 2018 【出展者募集のお知らせ】

2te-touki2018-dm-f6-s.jpg

回を重ねるごとに盛況になっていく「ふゆの陶器市」
来年も開催が決定いたしました。

1月の寒い時期にも関わらず、たくさんのお客様にご来場いただいています。
陶器作家のみなさま、ぜひぜひお申し込みください!

----

*1月分のお申し込みについて*
告知が少し早めですが、申込期間は12/17〜12/20となります。ご注意ください。
陶器市ブース以外は、通常の一般ブース・食品ブースのお申し込みを受け付けます。

*ふゆの陶器市DM*
今回もhaseさんにお願いして、素敵なDMが出来上がりました!
11月18日・19日開催日より会場にて配布いたしますので、ぜひお持ちください。

----


開催日時 2018年1月21日(日) 9:00〜16:00 雨天中止
会場 鬼子母神会場の一部エリア
*駐輪・駐車場はございません。近隣のコインパーキングをご利用ください。
ブース 1ブース 1.8×1.8m
*什器の貸し出しはございませんので、必要な物はすべてご準備ください。
出展料 1ブース 3,000円
申込期間 2017年12月17日〜12月20日消印まで
*期間外のお申し込みは無効となりますので、ご注意ください。
申込方法 申込書に「ふゆの陶器市参加希望」とご明記の上、

(1) 12月17日手創り市開催日に、会場受付に申込書をご提出いただくか、
(2)上記期間内に申込書をご郵送ください。
  〒173-0021 東京都板橋区弥生町68-1 手創り市事務局
備考 鬼子母神会場内に、陶器ブースを集めたエリアを作りますので、「ふゆの陶器市」に限っては、陶器以外のジャンルとのシェア出展は不可となります。
また、「ふゆの陶器市参加希望」と明記がない場合も、陶器の方はすべて「ふゆの陶器市」へのお申し込みに振り替えさせていただきます。予めご了承ください。
(陶器エリア以外は、通常の一般ブース・食品ブースが並びます。)


「ふゆの陶器市」担当:秋田
DMデザイン:hase



HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori





【 11月18日・19日開催 出展者紹介 Pickup 】

01.jpg

 


池袋駅東口で開催される「IKEBUKURO LIVING LOOP」に連動して、 
11月18日(土)・19日(日) 2日間に渡って手創り市を開催いたします。

*手創り市は両日とも 9:00〜16:00(雨天中止)となります。
*IKEBUKURO LIVING LOOPは日によって開催時間が異なりますので、
公式サイトをご確認の上、お出かけください。
グリーン大通りには、YATAI(屋台)やMARCHEが並び、ライブ等もあるようです!


手創り市は初の2日間開催で、たくさんの方にご出展いただきます♪
ご来場お待ちしております。
今回は、両日共にご参加の作家さんの中からピックアップで数回に分けてご紹介します。

*ご紹介した以外にも、一般ブース・食品ブースございます。
11月の出展者リストはこちらから

 

 

 

ブースNo.115

北條潤

https://www.instagram.com/fujimamaino/

 

栃木県の益子町で器から表札など生活に役立つ陶の制作をしています。

はじめての2日間の手創り市、それぞれ違った景色が楽しめると思います。

ぜひお散歩にいらしてください、きっとなにかがみつかります!

 

 

 

ブースNo.45

sorahug

http://sorahug.jp/

 

「空と人とつなぐ」そんな願いを込めて

ひとつひとつに名前がついたノスタルジックなサンキャッチャーを作っています。

降り注ぐ虹とともに、窓の外に広がる季節や風の匂いに想いを馳せて頂けたら嬉しいです。

 

 

 

ブースNo.117

モスクワ工芸

http://www.moscowkogei.net/

 

色んなポーズに変わる動物人形など、「木」を使っていろんな動物たちを作っています。

子供から大人までみんなが楽しくなれるようなモノづくりを目指しています。

ぜひ遊びに来てください!

 

 

 

ブースNo.53

ふたば工房

 

岐阜で工房を始めて12年が経ちました。

来年も、ずっと、モノづくりを続けれる幸せを過ごしたいと思います。 

その為に今日も手を動かします。

 

 

 

ブースNo.72

TAGAKU

https://www.instagram.com/tagaku.jp/

 

TAGAKU(タガク )では美濃焼の磁器タイルを加工してアクセサリーを製作しています。 

使用するタイルはヴィンテージの希少なものからオリジナルまで様々な形や色があります。

様々な釉薬によって生まれる程よい光沢と深みのある色合いが魅力的です。

裏面にはレザー加工を施し、お使い頂きやすい工夫をしています。

 

 

 

ブースNo.26    

On y va !

http://onyva-to.petit.cc

 

収納箱、木皿、インテリア雑貨などを展示予定です。

「市民のリビング」になるこの二日間にぜひリビングの一員に加えたいモノを探しに来ていただけたらと思います。

 

 

 

 

ブースNo.118    

Y.e.reeves

http://yereeves.blog31.fc2. com/

 

手作りの洋服と布こものを作っています。

刺繍をちょこんと入れたり、手縫いをしたり。

 

この秋より大阪から埼玉にアトリエを移して活動始めました。

初めての2日間開催と共に始められ嬉しく思っています。

この2日間は秋冬の個展「暮らしの輪郭」でお作りしたものをお持ちします。どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

archive

【 11月18日・19日開催 出展者紹介 Pickup 】
【 11月18日・19日開催 出展者紹介 Pickup 】
【 11月18日・19日開催 出展者紹介 Pickup 】
【 11月18日・19日開催 出展者紹介 Pickup 】

【 11月18日・19日開催 出展者紹介 Pickup 】



★★ 11月の出展者リストはこちらから ★★






HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 





【 11月18日・19日開催 出展者紹介 Pickup 】

01.jpg

池袋駅東口で開催される「IKEBUKURO LIVING LOOP」に連動して、
11月18日(土)・19日(日) 2日間に渡って手創り市を開催いたします。

*手創り市は両日とも 9:00〜16:00(雨天中止)となります。
*IKEBUKURO LIVING LOOPは日によって開催時間が異なりますので、
 公式サイトをご確認の上、お出かけください。
 グリーン大通りには、YATAI(屋台)やMARCHEが並び、ライブ等もあるようです!


手創り市は初の2日間開催で、たくさんの方にご出展いただきます♪
ご来場お待ちしております。
今回は、両日共にご参加の作家さんの中からピックアップで数回に分けてご紹介します。

*ご紹介した以外にも、一般ブース・食品ブースございます。
 11月の出展者リストはこちらから



ブースNo.106
BABY BAZAAR
http://www.baby-bazaar.net

こどもの身の周りにある植物や動物、おやつなどをモチーフに刺繍やプリントを施したこども服を制作しています。
作品のどこかに、ほっこり笑顔になれるものを忍ばせて作っています。是非お手にとってご覧ください。

babybazaar1.jpg
babybazaar2.JPG



ブースNo.37
上治良充
http://ysmch.exblog.jp

素材の特徴を活かし、手作業でかたちにしています。
製作したもの、修理したもの、拾ってきたようなものまで。
すべて同じレベルで見えたらいいなと思っています。
二日間、宜しくお願いします。

DSCF1502.jpg
DSCF1126.jpg



ブースNo.39
figpolkadot
https://figpolkadot.thebase.in/

figpolkadot(フィグポルカドット)はイラストレーターやがわまきのオリジナル雑貨のレーベルです。しかけが楽しいカードやラッピングペーパーなどの紙雑貨を中心に制作しています。
今回の手創り市には2018カレンダーやクリスマスカードも持っていきます。

2018calender花と花瓶.jpg
クリスマスカード.jpg



ブースNo.4
コナヤ
https://instagram.com/konaya578/

花嫁のかんざし作りの仕事がきっかけとなり、コナヤをはじめました。おもに真鍮を素材としたものづくりをしています。
2日間出店なんてはじめて!とても楽しみです。お天気にめぐまれますように。

image1.JPG
image2.JPG



ブースNo.88
ukitt
http://www.ukitt.net/

身に着けるとちょっと心躍る、ウキウキする、そんな気持ちになれる服を生地に一番合った形を探しながら作っています。
手の届く範囲で制作する、作り手の顔が見える服。それが今の ukitt style です。

ukitt03.pngukitt01.png





★★ 11月の出展者リストはこちらから ★★

1118.jpg




HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori




【 11月18日・19日開催 出展者紹介 Pickup 】

01.jpg

池袋駅東口で開催される「IKEBUKURO LIVING LOOP」に連動して、
11月18日(土)・19日(日) 2日間に渡って手創り市を開催いたします。

*手創り市は両日とも 9:00〜16:00(雨天中止)となります。
*IKEBUKURO LIVING LOOPは日によって開催時間が異なりますので、
 公式サイトをご確認の上、お出かけください。
 グリーン大通りには、YATAI(屋台)やMARCHEが並び、ライブ等もあるようです!


手創り市は初の2日間開催で、たくさんの方にご出展いただきます♪
ご来場お待ちしております。
今回は、両日共にご参加の作家さんの中からピックアップで数回に分けてご紹介します。

*ご紹介した以外にも、一般ブース・食品ブースございます。
 11月の出展者リストはこちらから



ブースNo.49
こぎん刺しのブックブクロ

「こぎん刺し」で布小物を作っています。性別年代に関わらずにお使いできる物を、と心がけています。
文化活動の拠点が多く「池袋モンパルナス」と呼ばれた池袋界隈、2日間の小さなアトリエでお待ちしています。

こぎん刺しのブックブクロ1.JPG
こぎん刺しのブックブクロ2.JPG



ブースNo.30
fuqufuqu
http://fuqufuqu.jugem.jp/

毎日着たいと思えるシンプルな日常着を作っています。オーダーやネット販売はせず、即売となります。
今回は2日間出展します。冬のリネンコート、ウールパンツなど多数ご用意してお待ちしております。

DSC_1343.JPGDSC_1350.JPG



ブースNo.21
中村 ヨウイチ
http://taunoki.com

自分に正直に、感じたままをカタチにしていけば
いつもその先にはいい出逢いがあります。
何故か手に取ってみたくなるような
それを身につけた人がワクワク楽しめるようなモノを
作り続けていきたいです。

A6C68932-FBD5-4803-A6A8-27051E56E087-2002-0000013B75D6D6E8.jpg
2105422F-51D0-45BE-90DE-E9DB579B34C0-2090-0000016E8E3A0FE8.jpg



ブースNo.9
meku
https://www.mekubykiriko.com

“meku”は、ときめく、きらめく、から名付けました。
メッセージを特別なものにする一点物のドローイングアートのステーショナリーと身につけるアートとしての雑貨などを提案しています。
気になる物がありましたら是非お声掛けください。

CARD SET.jpg
BOOKMARK.jpg



ブースNo.84
AKARI
http://akari-craft.com/

家で過ごす時間をあかるく彩ることが出来るように、そんな思いでモビールを製作しています。
窓からの光や、灯りの下でゆれる影を楽しんでいただければ幸いです。
冬の贈り物にもぜひご利用下さい。

a.jpg
b.jpg





★★ 11月の出展者リストはこちらから ★★

1118.jpg




HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori




【 11月18日・19日開催 出展者紹介 Pickup 】

01.jpg

池袋駅東口で開催される「IKEBUKURO LIVING LOOP」に連動して、
11月18日(土)・19日(日) 2日間に渡って手創り市を開催いたします。

*手創り市は両日とも 9:00〜16:00(雨天中止)となります。
*IKEBUKURO LIVING LOOPは日によって開催時間が異なりますので、
 公式サイトをご確認の上、お出かけください。
 グリーン大通りには、YATAI(屋台)やMARCHEが並び、ライブ等もあるようです!


手創り市は初の2日間開催で、たくさんの方にご出展いただきます♪
ご来場お待ちしております。
今回は、両日共にご参加の作家さんの中からピックアップで数回に分けてご紹介します。

*ご紹介した以外にも、一般ブース・食品ブースございます。
 11月の出展者リストはこちらから



ブースNo.139
クルテ絵ガラス商店

ステンドグラスの材料を用いて板ガラスに絵付けし、600度前後の窯で何度か焼成したガラスからアクセサリーや鏡等を製作しています。初の2日出展なので、普段持って行けない手鏡も持って行きたいと思います。

IMG_1916.JPG
IMG_1451.JPG



ブースNo.85
atelier aya
http://www7b.biglobe.ne.jp/ayapanna

陶器制作のatelier ayaです。淡い色味のしのぎ作品とインディゴブルーの線刻作品を制作しています。日常の寛ぎ時間がより楽しく癒されるものになるように…そんなお手伝いができたら嬉しいです。


image.jpg


ブースNo.56
フナハシトモハル
https://www.instagram.com/tomoharu_funahashi/

はじめまして、愛知からの参加です。
使うほどに美しくなる「木」という素材から、長く使っていただけるようなシンプルな生活道具を制作しています。
東京では初出展になり、多くの方との出会いを期待しています。






ブースNo.95
やさびしいかるた

やさしくて少しさびしい、モノクロ写真のかるたです。
決まった答えも勝ち負けもありません。
その日の気分で、写真とことばの組み合わせを作ってみてください。
お一人から何人でも。ゆらりふらりとお立ち寄り下さい。






ブースNo.38
初澤 勉

長野県佐久市でやきものを作ってます。手づくりの温かみを大切に、シンプルだけど深みがあって飽きのこない器を心がけて作ってます

04.JPG
06.JPG





★★ 11月の出展者リストはこちらから ★★

1118.jpg




HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori








Profile
twitter
New Entries
Archives
Category