RSS1.0 | Atom0.3



10月19日 こじらせた。。

 

先日のこと。

 

ミキのオクのオープン準備の為、真岡〜益子〜栃木へ什器を捜しに向かった。

 

モノ(この場合、什器を指す)との出会いはいくらか偶然の産物ゆえ、どうなるものか…果たして…??とまあ、そんな面持ちで現地へ向ったが、なるほどどうして、ミキの思い切りの良さなのか?ここぞの度胸なのか?思っていた以上にコレ!アレ!と決まってゆき、無事終了。

 

11月のオープン予定にむけて、今から楽しみである。

 

 

昔から云われることに、馬鹿は風邪ひかない、とある。

けれど私は、その格言?に対して常々こう対抗してきた。

 

馬鹿だから風邪をひく。

理由はこうだ。

馬鹿な人間は自己管理が出来ない。

結果、風邪というしょうもないものを抱える。

まさに馬鹿者。

 

その是非とこれに対する意見は受け付けておりません。

 

けれど、この私の意見に対してこんな上手いことをおっしゃる方がいました。

 

ねえ、知ってる?

ほんとうの馬鹿は風邪に気がつかないらしいよ。

そ・れ・は・き・み・の・こ・と。

 

どひぇ〜うまいこと云う〜と、さいこ〜。

その時、私はそう思いました。

 

…という訳で、喉がおかしくなり咳がとまらぬ数日。

要するに。

風邪をひきました。

風邪をひいたという事実に怒りを感じております。

 

明日中に治らなかった場合、私のオリジナルの考え(馬鹿だから風邪をひく)を撤回し、今後は世にはびこる格言を受け入れ、右倣えに改めよう。そう覚悟をしております。

 

本日意地でも治す。

生姜をひたすら摂取しよう。

ほかに何ができるだろうか。

さあ。

 

名倉

 

____

 

 

 

「 五 味 五 感 展 」

2011年の春を過ぎた頃、はじめての五味五感を開催しました。

あれから7年が過ぎ、2018年11月より再び、五味五感を開催致します。

 

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 

 

 

 

 

 

 

 

 





【 五 味 五 感 展 】(静岡・東京・栃木を巡回)

 

 

「 五 味 五 感 展 」

 

2011年の春を過ぎた頃、はじめての五味五感を開催しました。

あれから7年が過ぎ、2018年11月より再び、五味五感を開催致します。

 

 

五味五感とは?

 

料理家、夕顔 藤間夕香さんの季節の料理を軸に、絵と音楽と工芸の作家と共に開催される展示会です。

今回、11月の静岡を皮切りに、年明け1月下旬には東京、2月中旬には栃木、3つの会場を巡回致します。

 

本展では、夕顔藤間さんの料理で使われる器やカトラリーなど、縁ある作家の作品の展示販売を実施。

また、夕顔さんの季節の料理を山口洋佑さんがイラストにし、音楽家のユキシュンスケさんが本展のサウンドトラックを制作。

それぞれの会場では夕顔藤間さんによる食事会が開かれます。

なお、食事会では参加作家の作品が利用され、作品の体験の場としても提案されます。

 

見て聴いて触れて味わい香る、五味五感。

 

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

 

 

◯会期

 

【静岡】

2018年11月23日(金祝)〜12月2日(日)

キャトルエピス富士店・アトリエショコラ

http://www.quatre-epice.com/

静岡県富士市瓜島町152−2

 

【東京】

2019年1月11日(金)〜1月20日(日)

nice things.

https://nicethings.jp/

東京都港区西麻布2−22−6

※併設ギャラリーにて開催

 

【栃木】

2019年2月9日(土)〜2月17日(日)

pejite

http://www.pejite-mashiko.com/

栃木県芳賀郡益子町益子973−6

 

 

※各会場の更なる紹介は後日ご案内致します。

 

※夕顔藤間さんの食事会につきましては別途お知らせ致します。

 現在は静岡会場のみ日時が決定。

 詳細は「こちら」CLICKをご覧ください。

 

 

◯工芸作家

 

田村文宏(陶磁)

 

松本美弥子(陶磁)

 

SŌK鈴木絵理加(陶磁)

 

三浦侑子(ガラス)

 

liir森谷和樹(ガラス)

 

只木芳明(木工)

 

pejiteオリジナル(木工)

 

yuta須原健夫(金工)

 

 

◯料理

夕顔 藤間夕香

 

◯イラスト&DMデザイン

山口洋佑

 

◯サウンドトラック

ユキシュンスケ

 

 

主催:手創り市

企画:夕顔藤間夕香・手創り市名倉哲

協力:大野写真研究室

 

 

 

本展についてのお問い合わせは、主催:手創り市までメールにてご連絡ください。

Mail info@tezukuriichi.com

 

 

____

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 

 





11月の申込期間はイレギュラー(2018年開催スケジュール)

 

 

2019年の開催スケジュールは本年10月下旬から末頃を予定しております。

また、来年1月には恒例の「ふゆの陶器市」を開催致します。

詳細は後日ご案内致しますのでもうしばらくお待ち下さい!

 

※ふゆの陶器市。参照までに…CLICK!!

 

 

*ご注意下さい*

・例年、5月と10月は開催日と申込み期間共にイレギュラーなものとなります

・出展者発表は記載の日付より前後1日ほど異なる場合が御座います。

 

__

 

開催日:11月18日(日)

申込:10月7日〜10月17日消印まで有効

発表:10月24日予定

 

※大鳥神社は酉の市のためお休みとなります

 

__

 

開催日:12月16日(日)

申込:11月18日〜11月21日消印まで有効

発表:11月28日予定

 

※毎年恒例、注連縄かざりのリースづくりのWSを予定

 

__

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 





A&C静岡開催のお知らせ。

 

10月13日(土)14日(日)は秋季開催日となります!!

ぜひともご来場下さい。

 

 

第17回ARTS&CRAFT静岡手創り市のまとめをご案内致します。

 

画像をクリックして頂くと該当する情報をご覧いただけます。

ご来場前にぜひともご確認下さい!

 

【各エリアの出展者紹介】CLICK!!

http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=1380

 

今季よりハッシュタグ特集を始めました!

INSTAGRAM_#静岡手創り市2018秋 CLICK!!

 

 

【小屋企画:日日、はさむ】まとめ。CLICK!!

  用途の”ある”もの。用途の”ない”もの。

  さまざまな作品展示の場となります。

 

*2018年秋季A&C静岡ワークショップまとめ*CLICK!!

 

 

「おいしい、静岡」CLICK!!

  静岡市内を中心にスタッフの独断と偏見で美味しいものをご紹介!

 

「ぐるり、静岡」CLICK!!

  静岡県内の様々な施設や店舗をご案内しております!

 

 

<ご来場者の皆さまへ。お知らせ。>CLICK!!

当会場の案内からクラフトフェアを楽しんでいただく為に。

ご来場前にご覧ください。

 

_

 

 

<2019年ARTS&CRAFT静岡手創り市の会期について>

 

◯春季開催

開催日:4月13日(土)14日(日)

申込期間:1月1日消印〜1月31日事務局必着まで

 

◯秋季開催

開催日:10月12日(土)13日(日)

申込期間:7月1日消印〜7月31日事務局必着まで

 

 

____

 

 

*ここから先は雑司ケ谷手創り市からのお知らせとなります*

 

 

*11月の開催と申込期間*

会期:11月18日(日)

申込締切:10月17日消印まで

発表:10月24日予定

 

 

<運営スタッフ募集>CLICK!!

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 

 





10月10日 金木犀。

 

9月30日。

台風がやってくるその日。

古くて小さな事務局がいい加減壊れないか?

半ば真剣な気分で徹夜した。

 

日中のこと。

ここでいう日中とは、日本と中国との国際関係と云う意味ではなく、昼間という意味だ。

 

台風列島直撃に備え、敷地内にある無駄に大きくなった金木犀を剪定。

 

金木犀の由来を貴方は知ってますか?

知らぬ方には教えて差し上げましょう。

内緒ですよ。

 

 

人間がまだ生物にもならない過去のこと。

金星と木星は元々同じ星だった。

ある時、神様の深遠なる思し召しで2つの星に別れた。

人間界でいえば、シェフのきまぐれならぬ神の気まぐれだ。

ふたつの星に別れた時に星屑の極小さなカケラが地球へ降り立ち、根付くことに。

それが地球で最初の金木犀。そのことに由来している。

 

字引で調べてみるといい。

そんなことは書いていないから。

とはいえ、嘘ではない。

創作と呼んで欲しい。

 

 

そんな訳で金木犀。

 

昼頃一旦止んだ雨を見計らい、高枝切り鋏でジョキジョキジョキジョキ。

不慣れな作業ゆえうまいこと事が進まない。

太めな枝を切る時間もないので、風の通り道をつくろうと、届くだけ、切れるだけ。

仰ぎ見る金木犀から顔面に滴る水滴をかわしつつかわしきれない。

途中、水滴かわすのを止め、飲んでやろう。そんな勢いでグングン切りまくる。

地面に落ちた金木犀の枝には花弁がたくさん。香りもぷんぷん。

これを捨てるのはもったいなくね?なくなくね?

…ということで、落ちてくる枝をキャッチしつつ掻き集めた。

小一時間ほどじょきじょきしてた頃、雨も再開したので事務局へ退散。

 

事務局には大量の金木犀の枝枝。

これでもか!と香りが充満していて、うまい表現出来ないがトイレの芳香剤。

いや、ここはトイレか!?と錯覚するほどの香りの占拠に吃驚。

感心してたらいつまでも身動きとれないので花弁をひたすらむしる。

枝の量で云えば、45Lのゴミ袋6、7袋分はあったろう。

花弁をむしる際のコツはこうだ。

素早く、けれどソフトタッチ。

ソフティーにむしりとる作業は2時間ほどで終えた。

花弁の量は500グラム程度。

果たしてこれが多いのか少ないのか不明だが、やりきった感だけは間違いない。

次に、金木犀の花弁を軽くもみ洗いし、ザルにおこし水切り。

おおまかに水切りが済んだところで、次はキッチンペーパーに広げて乾燥。

その後、焼酎と氷砂糖で漬けてみた。

そろそろ出来映えが気になる時期だけどもう少しまとう。

大人の余裕と寛容さが酒を熟成させるから。

酒だって人間をよく見てるから。

 

 

金木犀と云えば、、

 

そろそろ山口くんの個展が葉山で開催される。

 

今となっては大人気の彼だが、描くスタンスは変わらない。

 

take me to the airport

これは拉致を表すのかと思ったけれど、そんなことはないらしい。

 

『ここではないどこかへ』

『なつかしい記憶のような』

 

そんなキーワードが聞こえてくるが、畢竟、彼は彼自身の為に描いている。

彼の変わらぬ姿勢が作品に向う態度にも繋がり、進化し成熟してゆくんだろう。

 

 

 

山口洋佑個展「波がまた聴こえる」

10月15日〜10月24日

@BOOKSHOP Kasper

詳細はhttps://yosukeyamaguchi423.tumblr.com/

 

 

久しぶりの葉山。

久しぶりのカスパールさん。

再会を楽しみにしている。

 

名倉

 

 

____

 

 

*11月の開催と申込期間*

会期:11月18日(日)

申込締切:10月17日消印まで

発表:10月24日予定

 

 

<運営スタッフ募集>CLICK!!

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 

 





10月8日

 

徹夜明けの開催より一夜明け。

黒胡麻とゆかりのおむすびをほうばる。

おむすびにはやっぱり番茶があう。

特に。胡麻を食べた後に番茶を飲むと出汁っぽさが口内に広がる。

皆さんもぜひ試してみてください。

 

今日はひたすら今週末の静岡に向けて準備。

途中、撮影のお手伝い。

明日までが東京にて準備だ。

そして明後日の夜、静岡入り。

ひと息つける時間があればいいな…

そう思っている。

 

木曜と金曜は護国神社にて前日準備。

今回も独りで行うことになるが、雨が降るならこの時。そう願っている。

とにもかくにも、本番の2日間は雨降らず。お天道様、どうぞよろしく。

 

 

 

昨日、10月7日の開催、皆様ごくろうさまでした。

10月というのに30度越え。

やっと涼しくなった…そう思っていたところのあの暑さ。

出展者の皆さんはきっと堪えたかと思います。

ご参加頂きありがとうございました。

 

それではまた。名倉

 

____

 

 

*11月の開催と申込期間*

会期:11月18日(日)

申込締切:10月17日消印まで

発表:10月24日予定

 

 

<運営スタッフ募集>CLICK!!

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 

 





【本日開催】10月7日・雑司ヶ谷手創り市のまとめ。

 

 

毎年10月はイレギュラーな日程で開催。

という訳で、10月7日は雑司ヶ谷手創り市の開催日です。

 

今回で丸12年を迎え、13年目に突入。

特になにもありませんが、本日もどうぞよろしくお願いします。

 

 

【10月7日・出展者一覧リスト】

http://www.tezukuriichi.com/1007.html

 

*10月のはじめまして。紹介は5組*CLICK!!

 

 

*11月の開催と申込期間*

会期:11月18日(日)

申込締切:10月17日消印まで

発表:10月24日予定

 

 

2019年度の開催スケジュールは10月末頃にお知らせ出来る予定です。

年明け最初の企画は「ふゆの陶器市」

どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

*運営スタッフ募集*

久しぶりの運営スタッフ募集は男性限定1名のみ。

http://tezukuri-ichi.jugem.jp/?eid=104

 

 

五味五感展。東京の開催は1月となります。

 

http://tezukuri-ichi.jugem.jp/?eid=2034

 

____

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 





運営スタッフの募集(男性限定)

 

 

 

今回、男性スタッフ1名の募集となります。

スタッフは有給となります。

 

募集要項は以下をご覧ください。

 

◯20〜30代前半の男性

◯都内在住であること

◯これまでに手創り市の会場に来たことがある

 

*交通費は支給されません

*昼食は支給されます

*学生は不可とします

 

運営スタッフとしての参加は本年12月からを予定しております。

スタッフとして参加する前の月、午前中に研修を受けて頂きます。

なお、研修時は無給となりますので予めご了承下さい。

 

 

 

スタッフに求めるあんなことこんなこと。

 

 

現在、雑司ヶ谷手創り市では、夏と冬に行われる催しから、パン祭り、様々なワークショップ。

年間通してあらゆる企画が行われています。

 

そのほとんどはスタッフの好きがベースになっていて、自分の好きをちゃんとした欲望とちゃんとした姿勢をもって形にすることを奨励しています。

 

なぜか?

 

せっかく手創り市のようなイベントに参加するのであれば、どうせなら自分の好きを、自分の好きな作家と形づくる機会があった方が人生の糧になるだろうから。

ただそこにいるだけ。それじゃ退屈ですよね。そんな感じです。

 

そして、手創り市のスタッフが有給なのは、水とお金は循環した方が淀まないと考えるからです。

スタッフを雇い幾許のお金を支払うことで、お金を得たスタッフは自分が好きな作家さんや気になる作家さんの作品を購入することで、作家さんは嬉しいし、スタッフも参加した意義のもうひとつを得ることが出来る。

大事なことだと思いますから。

 

とはいえ、やるべきことはやってもらいます。

という訳で、そんなやるべきことの内容は以下。

 

 

「一日の大まかな流れ」

 

7:00 〜

 

会場に集合し、開催の為の準備をはじめます。

作家さんの搬入は7時半から始まるので、ここは一日で最も大事な場面。

素早く、正確に。よろしくどうぞ。

 

7:30 〜

 

参加作家さんの搬入が始まります。

作家さんは出展料を支払う受付前にブースへ荷物を運び入れることが多いです。

故に、スタッフは会場全体のブースの配置をおおまかに覚えておく必要があります。

 

8:00 〜

 

受付開始。参加作家さんの受付後は事前に案内された場所へ誘導、案内をします。

スタッフの役割は受付業務をする人たちと、ブースの案内をする人たち。以上です。

 

9:00 〜

 

開催スタート。ここまでが一日で最も忙しい時間帯ですね。

市が始まってしまえば、その後、スタッフはそれほど忙しくありません。

やるべきことは以下。

 

・お客さんへのチラシ案内。企画するイベントの案内を手渡します。

・場内の案内。お手洗いの案内。字のごとくですね。

・お手洗いのペーパーチェック。要注意事項です。


9時前後よりドリンク休憩があります。

基本は「ながら休憩」です。
会場内の見回りをしながら。

トイレのチェックしながら。

会場周辺の駐輪・駐車のチェックをしながら。

すべてながら休憩。

10:00 〜

 

季節によってまちまちですが、お客さんが沢山いらっしゃいます。
お客さんからの様々な問い合わせに対応します。


11:00 〜

 

スタッフがふた班に別れて昼食の時間です。

11時の部。12時の部。

休憩はだいたい1時間です。


この間も休憩の交代を待つスタッフは受付にてお問い合わせの対応。

会場内の見回りをしつつ作家さんと話をしたり、トイレチェックをします。

 

13:00頃 全員の休憩時間が終わります。

 

16:00 手創り市の終了。

 

男性陣は基本、看板や大きく重いものを撤収。

女性陣は参加作家さんからの登録証の返却。

ブースの札の回収。

場内外のごみ拾いをします。

 

ちなみに。

ありがたいことに場内には身勝手に捨てられたゴミが驚くほどありません。

ありがたいことですね。

 

ほか。

前日にお天気が悪い場合、どうしても参道に泥がついてしまいす。
その時には、お寺の方に泥をはがす竹ほうきを借りて泥をはいてゆきます。

竹ほうきで泥をはく時の注意事項はひとつ。

素早く丁寧に。けれど、周辺に人がいることを意識すること。

すみません。ふたつでした。。

 

17:00 出展者の完全撤収完了

 

出展者の完全撤収はいつなんどきも17時まで。
撤収が遅れてしまった出展者の方がいれば、強制的に会場の外へ荷物を一緒に運び出します。

こういった対応は厳しいようですが、会場を提供して頂いている鬼子母神さんや大鳥神社さんとの約束が優先されます。

約束を守るのに理由はいりませんし、約束を破ってしまうことに弁解は出来ませんから。


スタッフ皆が撤収作業をしている間、私(名倉)は鬼子母神を管理する法明寺さんと大鳥神社さんに終わりの挨拶に行きます。

開催中にさぼっていること(遊んでいること)は多々ありますが、この時ばかりはさぼっている訳ではないのでご勘弁下さい。

17:00ちょっと

 

ようやくスタッフも解散します。
基本的には手創り市終了後に反省会はしません。

とはいえ、その日気になった事などは、解散の場で短時間で話し合うようにしています。

開催時にあった問題点や気づき。これらは出来るだけ現場で話し合います。

これが最も手っ取り早く効果的だからですね。

事件は現場で。某ドラマの名言を引用致します。

 

例えば、、

スタッフの企画があった時は打ち上げがてら食事会に行くことはあります。

その時にはぜひ参加してもらえたら嬉しいです。

スタッフ同士の人隣りを知るのに良い機会ですしね。

 



という訳で、手創り市スタッフとして参加してみたいと思った方へ。

 

まずは下記宛先、担当名倉まで「運営スタッフ面接希望」のメールをお送りください。

なお、連絡の際には「氏名・年齢・電話・最寄駅」を必ずご記載下さい。

 

ほか詳細は面接時にお話をいたします。

 

運営スタッフへのご応募をお待ちしております。

 

MAIL

info@tezukuriichi.com

 

手創り市

名倉哲

 

____

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 

 

 





10月のはじめまして。(2018年10月7日分)

 

 

2018年10月7日雑司ヶ谷手創り市より、今回は5組の出展者をピックアップ。

ご来場前にぜひとも参考までにご覧ください!

 

 

* は じ め ま し て 。 と は ? *

 

 

 

 

大鳥神社

キッチンカー出店

 

 

CAFFE DEL CIELO(カフェ デル シエロ)

https://www.instagram.com/caffe.del.cielo/

https://twitter.com/caffedelcielo?lang=ja

 

 

丁寧に焙煎された新鮮なスペシャルティコーヒー豆だけを使用したコーヒースタンド。

ハンドドリップや、エスプレッソを使用したカフェラテやフレーバーラテをお楽しみいただけます!

 

オススメ

・豆の味を楽しめる本日のコーヒー

・エスプレッソをしっかりと感じるカフェラテ

 

そのほか、その季節に合わせたシーズナルドリンクもオススメです!

 

 

 

 

大鳥神社出展

 

 

skywalker bakery&cafe

facebook.com/pages/Skywalker-bakerycafe/

 

 

はじめまして。skywalker bakery&cafeと申します。

静岡市内で小さなパン屋を営んでいます。手創り市へはマフィンをお持ちします!

当店のマフィンは北海道の小麦。

奄美のお砂糖を使い、季節の果物やナッツなどがゴロッと入ったほっこり優しい味のマフィンをひとつひとつ丁寧に作っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

大鳥神社出展

 

 

MOTTÉK

www.instagram.com/_mottek_ 

 

こんにちは、MOTTÉKです。

「もってく」と読みます。気軽にどこでも持っていくをコンセプトにものづくりしています。

ハンドプリントのサコッシュやトートバッグなど、服飾小物を出展します。

手に取ってご覧いただけたら嬉しいです。

大鳥神社会場でお待ちしております。

 

 

 

 

鬼子母神会場

ブースNo.76

 

 

ト・プローヴァト

toprobato.exblog.jp

 

夏に刈りとられた原毛を洗い、染め、紡いでオリジナルの糸に、旅先で出会った糸を組み合わせて、編み・織り作品を作っています。

一点一点の違い、心地をぜひ試してみてください。

 

 

 

 

鬼子母神会場

ブースNo.37

 

 

mofutto(モフット)

mofutto.com

 

金属(錫、真鍮、銅)を鋳造(金属を溶かして型に流す)または鍛金(金属を火を通して叩く)という技法で形成して、器またはお皿、一輪挿しなどに型を作り、植物(苔、エアプランツ等)と合わせて世界感を創っています。

 

 

 

 

*鬼子母神会場マップ*

 

 

____

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 

 

 

 

 

 

 





9月27日 御神輿。

 

先日、静岡で随分とイケてるおばあちゃんの手押し車があるなあと思ったら、それは近所の子供会の神輿でした。

今の子供たちはDIYで神輿をつくるのでしょうか?もしくは、大人がつくったものがコレなのでしょうか?

その事実を知る由もありませんが、自分だったらこんなの担ぐのいやだなあと思いました。

が、もしかしたらその考えは偏見かもしれないので、実際に担ぐ姿を見たかったですが、この神輿は野放しのままでした。

どうしたんだろう?と思い、あたりを見まわしましたが、腹がへってきたのでそれどこじゃないし、すぐ止めました。

奉納。そう真面目な筆書きで書いてありますが、説得力ないよなあと思いました。

でも結局、なんかファンキーでかっけえなあと思いました。

 

 

今日は2019年1月の「ふゆの陶器市」にむけて打合わせです。

打合わせは担当スタッフさんとデザイン担当さんに任せ、私はふんふんと鼻を云わせ、首を縦にうんうんとしてようと思います。

 

 

上の画像は今年のビジュアルです。

さて、来年はどんなものになるのでしょうか?

乞うご期待。

 

 

 

それではまた。名倉

 

____

 

 

*お知らせ*

2019年の開催スケジュールは10月下旬または末頃に決まる予定です。

年間スケジュールが決まり次第、改めてご案内しますね。

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 

mail:info@tezukuriichi.com

Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 

 









Profile
twitter
New Entries
Archives
Category