RSS1.0 | Atom0.3



10月は開催日&申込み共にイレギュラー(2018年開催スケジュール)

 

 

2019年の開催スケジュールは本年10月下旬から末頃を予定しております。

また、来年1月には恒例の「ふゆの陶器市」を開催致します。

詳細は後日ご案内致しますのでもうしばらくお待ち下さい!

 

※ふゆの陶器市。参照までに…CLICK!!

 

 

*ご注意下さい*

・例年、5月と10月は開催日と申込み期間共にイレギュラーなものとなります

・出展者発表は記載の日付より前後1日ほど異なる場合が御座います。

 

__

 

開催日:10月7日(日)

 

__

 

開催日:11月18日(日)

申込:10月7日〜10月17日消印まで有効

発表:10月24日予定

 

※大鳥神社は酉の市のためお休みとなります

 

__

 

開催日:12月16日(日)

申込:11月18日〜11月21日消印まで有効

発表:11月28日予定

 

※毎年恒例、注連縄かざりのリースづくりのWSを予定

 

__

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 





【本日開催!】9月16日。手創り市のまとめ。

 

9月16日は雑司ケ谷手創り市の開催日。

出展者リスト一覧は以下をご確認下さい。

 

 

【9月16日・出展者リスト一覧】CLICK!!

 

 

なお、鬼子母神会場では、静岡より大野写真研究室さんが出張してきます!

 

*未来のあなたへ:大野写真研究室*click!!

 

 

↓以下、今月の「はじめまして。」紹介となります↓

 

 

 

 

9月の雑司ヶ谷手創り市出展者の皆様。

今回は3組の参加作家をピックアップ。

ご覧ください!

 

* は じ め ま し て 。 と は ? *

 

 

 

 

鬼子母神会場

ブースNo.48

 

 

 

NUKU

https://www.instagram.com/urushi_art_lab_nuku/

 

 

小豆島から参ります!

島のオリーブの木で作ったスプーン、お箸、色漆を施したアクセサリーな

どを販売します。

オリーブの枝の形を生かしたスプーンは、個性的で同じものが一つとありません。

アクセサリーはオリーブの木肌を生かしたナチュラルなデザインのものや、シーグラスやシーセラミックを金継ぎしたもの、鮮やかな色漆のブローチなど。

どれも素敵なものばかりです。

ぜひ沢山の方にお手にとっていただけたらと思います。

よろしくお願いいたします!

 

 

 

 

 

鬼子母神会場

ブースNo.41

 

 

 

MOMO2

https://www.instagram.com/handmade_momo2

 

 

はじめまして。こんにちは。

MOMO2のクボタと申します。

今回初めて、エコクラフトのかごや布小物等雑貨を中心に販売させていただきます。

今まで色んなかごや小物をつくってきましたが、雑司が谷にあそびに来られたみなさまと楽しくやりとりしながらいい時間を共有できたらと思います。

どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

大鳥神社会場出展

 

 

 

Nando Jewelry (ナンド ジュエリー)

https://www.instagram.com/nandojewelry

 

 

はじめまして、Nando Jewelry です。

何度も見てしまう、をテーマに金属と天然石で作り上げた色鮮やかなジュエリーと、全く同じ形で作られたアクリルやガラス等の透明素材製ジュエリーを主に製作しております。

全てのジュエリーは飾り台とセットでのお渡しとなっており、ジュエリーとして着けて楽しみ、オブジェのように飾って楽しむこともできます。

秋の季節に合わせたジュエリーもご用意してお待ちしております。

 

 

 

 

 

*ご注意下さい*

10月7日の雑司ケ谷手創り市の申込期間は以下の通りとなります。

9月6日消印〜9月18日事務局必着。

会期、申込期間共にイレギュラーとなります。

 

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 

mail:info@tezukuriichi.com

Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 

 





未来のあなたへ by 大野写真研究室(2018.09.16)

 

 

 

未来のあなたへ

 

 

静岡の大野写真研究室です。

 

「未来のあなたへ」というフイルムカメラでポートレート写真の撮影を行わせて頂きます。

撮影された記憶すらない画像データがたくさんある中、未来の自分や家族にメッセージを持った写真を、データではなく写真という形として残しませんか?

 

これまで過ごしてきた家族と、まだ見ぬこれからの家族に向けて…

 

一昨年に続いて鬼子母神会場にて。

お待ちしております。

 

 

 

大野写真研究室

HPhttp://ohnophotograph.com/

Instagraminstagram.com/hitoshi_ohno/

 

 

「日時」

2018年9月16日(日)

9:00〜16:00

※最終受付は15:30と致します

 

「料金」

2500円

(写真+マット代含む・送料別)

 

「受付」

未来のあなたへ、撮影場所で行われます。

 

「場所」

鬼子母神会場「」印の辺りで行います。

※背後に大きな銀杏の木が御座います

 

 

*担当スタッフより*

大野写真研究室さんによる「未来のあなたへ」の第2回目を行います。

友人またはご家族で。恋人と。

もちろんお1人でも。

フィルムカメラで写真を残してみませんか?

ご来場の際にはぜひともご参加ください。

 

____

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 

mail:info@tezukuriichi.com

Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 





BOOKS & SCENE 2018.10.28. @ &SCENE手創り市

 

 

2018年10月28日

「 BOOKS & SCENE 」

 

https://www.instagram.com/andscene.tezukuriichi/

 

&SCENEの10月は毎年恒例のBOOKS&SCENEを開催致します。

 

「本にまつわるあれやこれ」を出品出来る企画エリア。

出展者の皆様なら誰もが出品出来る「みんなの本棚」。

そして、焼き菓子屋さんによる「本とおやつ」などなど様々な企画が目白押し。

皆様のご応募をお待ちしております!

 

 

【 本にまつわるあれやこれ 】

 

こちらは一般部門の公募となります

本にまつわる作品を出品する作家さんを公募致します。

 

例えばそれは、、

本を包むブックカバー。

本を持ち歩く小さなかばん。

本を読みながら飲む珈琲のカップ。

本のカタチをしたオブジェ。

本のイラスト。

etc etc 。。

 

本にまつわるものを自由にご提案ください!

 

※お申し込み方法は下記をご参照下さい。

 

 

 

【 本 と お や つ 】

 

こちらは食品部門の公募となります

 

本を片手にほおばる、おやつ。

本とおやつがつくるすこしだけ特別な時間。

焼き菓子屋さん。

ジャム屋さん。

珈琲屋さん。

紅茶屋さん。

などなど、様々なジャンルの食品出展者を公募致します。

 

※お申し込み方法は下記をご参照下さい。

 

 

 

【 み ん な の 本 棚 】

 

一昨年までの様子を参考までにご覧ください。

http://andscene.jugem.jp/?eid=409

 

出展作家さん、スタッフ、みんなでつくる一日限りの本棚を設置致します。

並べられた本には作家さんの名前とコメントが綴られます。

お気に入りの本は作家さんのブースにてお買い求め頂けます。

 

※ご購入方法など詳細は後日ご案内致します。

※みんなの本棚は10月28日の全出展者がご参加頂けます。

 出展者発表後、スタッフよりメールにてお知らせ致します。


 

開催日

2018年10月28日(日)9:00〜16:00

 

申込期間

8月26日〜9月13日事務局必着

 

申込方法

申込書に必要事項記載、写真添付の上、空いている箇所に「BOOOKS&SCENE出展希望」と明記ください。

 

募集内容

工芸クラフト部門は「本にまつわるあれやこれ」のご応募となります。

フード部門は「本とおやつ」のご応募となります。

 

*出品内容はテーマに即したものを各々ご提案下さい。

また、実際の出展の際にもテーマに即した展示をご提案頂けたら幸いです。

 

*出展者発表後、担当スタッフより出展者情報請求のメールが申込書記載のメールアドレスに届きます。

ご協力いただけますようお願い申し上げます。

 

区画

1ブース(1.8×1.8m) 出展料 3,000円

 

注意事項

*必要な什器はすべて出展者様でご用意ください。貸し出しはございません。

*駐車場はございません。近隣のコインパーキングをご利用ください。

*お寺近隣へ車を仮留めしての荷物の搬入は厳禁です。
ご家族の送迎、タクシーでお越しの場合も同様です。
恐れ入りますが、コインパーキングよりお運びください。

 

 


ご不明点ございましたらinfo@andscene.jpまでお問い合わせください。

*企画エリア「BOOKS&SCENE」以外の通常のご参加お申し込みも受け付けております*

 

 

 

____

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 

mail:info@tezukuriichi.com

Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 

 

 





8月26日は&SCENE手創り市を開催。

 

 

2018年8月26日(日曜)は&SCENE手創り市の開催日です。

 

【8月26日・出展者リスト一覧】CLICK!!

 

_

 

「 紙 と 布 」

 

夏の&SCENE手創り市では

「紙と布」をテーマに

 <紙もの> <布もの>

を中心としたエリアをつくります。

 

また、紙と布にご参加頂く作家さんより提供して下さったハギレを用いて、

<うちわを彩るワークショップ>の場を作ります。

 

以下、出展者紹介まとめをご覧ください!

 

____

 

 

◯紙と布:出展者紹介その1

 

◯紙と布:出展者紹介その2

 

◯紙と布:出展者紹介その3

 

◯紙と布:出展者紹介その4

 

 

____

 

 

 

*ワークショップ:ハギレでうちわ作り*CLICK!!

 

 

____

 

 

*会場マップはクリックしてご覧ください*

 

 

____

 

 

 

*キッチンカー:コーヒーショップの公募*CLICK!!

 

 

**10月は開催日、申込期間ともにイレギュラー**

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori





キッチンカー:コーヒーショップの公募


 

 

 

 

都内、手創り市の2会場。

「雑司ケ谷手創り市」と「&SCENE手創り市」では、この度、キッチンカー(移動販売車)によるコーヒーショップの出展を公募致します。

 

 

◯雑司ケ谷手創り市

http://www.tezukuriichi.com/home.html

都内豊島区雑司が谷の鬼子母神堂と大鳥神社にて2会場同時開催となります。

都内で最も規模の大きいクラフトイベントとして知られております。

 

◯&SCENE手創り市

http://www.andscene.jp/

都内文京区にあります養源寺にて開催しております。

谷根千散歩がてら立ち寄れる場所でも御座います。

 

 

*公募の要項は以下の通りとなります*

 

 

 

 

 

◯雑司ケ谷手創り市 基本第3日曜

 

http://www.tezukuriichi.com/entry.html#03

※毎年、5月と10月はイレギュラーな日程となります

※キッチンカーは大鳥神社での出店となります

 

 

◯&SCENE手創り市 原則偶数月第4日曜

http://www.andscene.jp/schedule.html

 

 

以下、2会場共に同じ出展条件となります。

まずはご確認下さい。

 

 

◯出店料

 

5000円

 

※都内での移動販売車の営業許可が必須

※雨天中止

開催か否かの判断は、当日朝5時半までにHPとTwitterで告知。

出展者にむけて個別の案内は行っておりません。

 

◯搬入出

 

搬入…7:00〜7:30まで。

搬出…16:00より。

※搬入出の時間は厳守となります。

 

 

◯売上げ保証はありません。

 

これまで出店していた珈琲屋さんの売上げ目安をご案内致します。

 

単価は400円からはじまり、季節に応じて上下変動は御座いますが、平均200杯程度。

春と秋には300杯以上の販売もあり。夏は平均より下回る場合が御座います。」

ほか、自家焙煎の場合に限り、珈琲豆の販売も可能です。

 

 

◯注意事項ほか

 

・仕入れの商品の販売は不可。

・ゴミは各店舗に持ち帰って頂きます。

・両会場共に近くにコンビニがあります。

 

 

 

 

 

 

両会場共にお問い合わせ先は以下の通りとなります。

 

ご応募をお待ちしております!

 

 

担当スタッフ

名倉哲

info@tezukuriichi.com

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 

 





【本日開催】6月17日開催のまとめ。

 

 

6月17日(日)は雑司ケ谷手創り市の開催日です。

前回の開催は5月の上旬ということで、なんだか随分と久しぶりな気がしてます。

 

 

【6月17日・雑司ケ谷出展者リスト】click!!

 

 

 

*6月のはじめまして*

大鳥神社、鬼子母神と交えて5組をご紹介!

 

 

以下、夏の催しをご案内致します。

 

*あおと納涼ガラス祭り*CLICK!!

 

*カレーな休日〜私は年中カレー好き〜*CLICK!!

 

_

 

*7月のワークショップ*click!!

あおの和菓子をつくる

http://tezukuri-ichi.jugem.jp/?eid=1988

 

 

____

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 





4月22日・&SCENE手創り市のまとめ


 

2018年4月22日(日)は&SCENE手創り市の開催です!

 

今回の企画エリアは「植物園」です。

毎年恒例のこの企画。

谷根千散歩と共に是非ともご来場ください。

 

 

【4月22日・全出展者紹介】CLICK!!

 

 

 

* 植物園 / 出展者紹介その1*CLICK!!

* 植物園 / 出展者紹介その2*CLICK!!

* 植物園 / 出展者紹介その3*CLICK!!

* 植物園 / 出展者紹介その4*CLICK!!

* 植物園 / 出展者紹介その5*CLICK!!

 

_

 

↓本堂ライブはこちら↓

 

ponto

 

ponto

 

< プロフィール >

pontoはエスペラント語で「橋」の意味。

2014年に小説家・温又柔と音楽家・小島ケイタニーラブが、

言葉と音を交し合いながら共同制作するために結成したユニット。

創作の拠点はSUNNY BOY BOOKS。

構成、音響、演奏を通して2人の活動を支える伊藤豊が2014年9月より加入し、

3人によるパフォーマンスを美術館、学校、本屋などで重ねている。

http://www.sunnyboybooks.jp/author/ponto/

(ここから今まで創作した作品がみられます)


2018.4.22 (sun)
open 12:30 / start 13:00
act:ponto
charge:投げ銭制
at:養源寺 本堂 (&SCENE手創り市会場内)
access 東京都文京区千駄木 5-38-3
map  http://www.andscene.jp/access.html

 

_

 

次回&SCENEの企画エリアは「6月のアクセサリー」

皆様のご応募をお待ちしております!

 

____

 

 



HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 





3月23日 作家とスタッフを併行して

 

先日のこと。

いつものように、開催前日の夜に男子スタッフと夕飯へ繰り出し、

至極真面目な会話から電波トークまで盛りだくさんの時間を過ごした。

その内容は時にとんでもないことも含まれるので割愛する。

 

その日は中央線沿いのとある駅の酒屋で集合し、

楽屋のような角打で一杯二杯三杯とやってからメインの飯屋へ向かった。

お酒の影響か、ほぼ男子のみだったからか、両方だろうけど、

そこでもおおよそ電波トークに終始し?お店の人に迷惑をかけたかもしれない…

ということはさておき、楽しい時間を過ごさせてもらいました。

お店の人。ごめんなさい。でも、ご飯はいつも通り美味しかったです。

…と言っておく。

 

_

 

雑司ケ谷のスタッフには現在、

わたしを除き2名の男性スタッフがいる。

彼らは前日より事務局へ前泊し、

大量の荷物を運び出すことから一日がスタートし、

夕方、大量の荷物を倉庫へしまいおしまいとなる。

 

わたしは雑にモノを運ぶ人間に腹をたてるのだが、

同時に丁寧にモノを運ぶあまり、のろいのにも腹を立てる。

けれど、一般常識を違えることにはあまり腹を立てない。

それは、自分にその資格がないことを認めているからだが、

同時に、一般常識の盲目的に信じることを疑っている自分がいるからだと思う。

極端な話。

嘘をつくことも、

自分の大事なモノを守るためであれば、

ばれるなよ。自分で責任とれよ。

何かあっても全て受け入れろよ。

…という傍迷惑案な考えをもっている。

 

もとい。

 

狭い通路と倉庫なので慎重になるのは仕方がないが、

それでも、頭と身体がつながっている人間は迅速で丁寧だ。

そして、こうしたことは自分の意識と継続でどうにかなるし、

こうしたことに長けている人間は、現実世界での行動の全てがスムーズ。

という持論がある。

 

男性スタッフのうち、1名は身体も大きく最初はとても不慣れだった。

けれど、彼自身のなかで少しづつ意識的に行動し、

周囲を観察しながら、徐々に徐々にだが慣れていった。

自分で考える、ということは、

そういったことの積み重ね以外にないと思う。

誰も教えてくれないし教える必要はない。

検索して見つけるものでもない。

今では荷運びも開催中も、

好き勝手できるよう安心して放置している。

 

彼は私よりも一回り以上年若く、これから目指すことがある。

彼に断りなく記してしまうのはどうかと思ったが書いてしまおう。

 

_

 

彼はこれから、

1年間、某産地で暮らし、

某産地の訓練校で焼き物の勉強をする。

 

要するに、いつか陶磁の作家さんになりたいという人間。

 

同時に、少なくともあと1年は、

手創り市のスタッフとしても併行して活動をする。

 

作家になろうとする人間がスタッフとしても活動するケース。

手創り市では初めてのことだが、

私の中ではずっと、どこかで望んでいたケースでもある。

 

彼は実際に作家さんのところに手伝いにいったり、

自身が好きな作品を購入して勉強してきたこれまでがあり、

彼なりに濃密な時間を過ごしてきたと思う。それは感心するほどに。

やはり、好きこそものの上手なれということだろうか。

実際、上手になるかどうかは彼次第で、そこは残酷な部分ではあるのだが…

まあ、それが嫌なら辞めればいい。

その世界に足を踏み込まなければいい。

権利と資格は違うように、自由の根っこはそこにもある。

 

話がそれました…

 

そんな彼に、前回の開催後こんな話をした。

 

「これから作家さんと会話する時、単にスタッフという立場でなく、焼き物を勉強している身としての立場も踏まえて会話をしたら、目の前の作家さんはより興味をもって会話をしてくれるだろうね。絶対のその方がいいよ。」

 

「より興味をもって」の内訳は具体的に何かわからない。

けれど、確実に、これまでよりもずっと会話の内容が豊かになるだろうし、

相対する作家さんの言葉も違ってくるはずだ。

 

他人を羨ましいということをあまり思わない私だが、

そのことに羨ましさを覚えると同時に、期待を感じた。

 

 

 

テレビの中にうつる人でなく、その手前。

 

彼の名は六本木。

冗談ではなく本名です。

 

会場で見かけ、

時間に余裕がありましたら

からかい半分に声をかけてやってください。

甘やかす必要はありませんが。

 

それではまた。名倉

 

____

 

 

 

次回開催は「はるのパン祭り」です。

皆様のご来場をお待ちしております!

 

 

 



HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 

 





【本日開催】3月18日のまとめ。

 

 

3月18日は手創り市の開催日。

全出展者リストは下記をご参照下さい。

 

【3月18日・出展者リスト】click!!

 

鬼子母神会場と大鳥神社会場、

2会場併せて200ブースもの出展が御座います。

 

 

3月の大鳥神社では「はるに、桜と。」を開催。

年に一度の試着室が用意される日。

ぜひともご来場ください!

 

 

 

「 は る に 、 桜 と 。」 大鳥神社会場

 

 草木が芽吹いて

 桜が咲いて

 新しい生活がはじまる春

 気持ち新たな春を手創り市と共に

 

*まとめ記事はこちらをクリックしてください*

 

 

__

 

 

次回開催は「はるのパン祭り」です。

皆様のご来場をお待ちしております!

 



HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori









Profile
twitter
New Entries
Archives
Category