RSS1.0 | Atom0.3



6月28日 出展者発表してます

 

7月の雑司ヶ谷開催は海の日。

17日(月曜・祝日)のイレギュラーな開催日程となっています。

 

【 7月17日・出展者リスト 】clicks!!

 

_

 

7月は東京と静岡でふたつの会場の開催を控えております。

静岡では< V i l l a g e >ですね。

同時に、秋口から年内いっぱいにかけての諸々も一斉に動き始めます。

地鳴りが聞こえてくるほどです。嘘です。

 

 

Village mishima rakujuen at 三島市立公園 楽寿園(静岡)

2017年7月15日(土)16日(日)

9:00〜16:00

 

ぜひともご来場ください!

 

名倉

 

______

 

 

*鬼子母神会場のパラソル使用について*

 

【夏のもよおし第2弾】8月20日(日)

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 





6月26日

 

梅雨に入ってから

それほど雨は降っていないのに

バッドタイミングで雨がやってきた。

 

昨日の&SCENE手創り市は雨天中止。

 

とってもやいやいな気分でしたが、

おやつの時間に&SCENEスタッフで集まり、

8月と、更に先の10月にむけて打合わせをしました。

 

なぜだか、いつもよりもまとまった打合わせが出来たように思います。

中止は残念極まりないけれども、いくらか持ち直したように感じた一日でした。

 

 

 

8月27日の&SCENE手創り市は

”大人も子供も楽しめる”をテーマに開催致します。

「KIDS&SCENE」では主にお子さま向けの作品が出品される予定。

(もちろん公募を実施!)

ほか、年齢問わず楽しめるようなワークショップも充実させるつもりでいます。

お申し込み〆切は7月14日事務局必着まで。

皆さまのご応募をお待ちしていますね。

 

それではまた。名倉

 

 

 

_____

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 





6月25日

 

6月25日。&SCENE手創り市は雨天のため中止となった。

 

雑司ヶ谷に続いての2週連続の中止。

かなしくてかなしくてとてもやるせない朝を迎えてます。

いくらか腹がたっているので怒りを理由にアルコホールを接種。旨いぜ。

前泊している男子スタッフは寝息をたてております。水でもかけてやろうか…

 

なんにせよ、天気のことだけはどうにもなりませんから。気をとりなおして。

 

_

 

23日より始まった、

とある二人展が気になっています。

 

 

金工作家の田中友紀さんとリメイク作家のbergさん、お二人の展示会。

 

2人はともに知人ということもありますが、

元静岡スタッフの米澤主催の企画で知り合った2人でもありますから。

 

2人をひきあわせた主催者(米澤さん)にとって、

繋がる2人の仲と広がる2人のお仕事。

これはほんと、企画者冥利につきるのでは?

そんな風に思います。

 

場所は国立のとあるギャラリー。

会期は6月27日まで。

 

お近くにお立ち寄りの際にはぜひ。

 

_

 

さてと、、

眠れそうにありませんので、ぼちぼち作業をしようと思います。

 

 

名倉

 

______

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 





6月23日

 

 

一泊二日の栃木への道程から、

すぐさま静岡での打合わせなどなど。

今週は事務局を空けることが多かった。

ようやく事務局に戻り、

25日(日)の&SCENE手創り市の開催にむけて準備を進めつつ、

同じく週末に実施される7月の雑司ヶ谷開催の選考会の準備を。

 

_

 

ここから先は漠然としていて朧げな話題を・・・

 

先日、静岡・三島のヴィレッジ開催にむけて、

とあるスタッフとメールをやり取りしている時

「成長しているな〜」と感じる事があった。

 

とあるワークショップの担当を兼ねるそのスタッフは、

個人的な体験から、

作家がつくりだす場の雰囲気と、

それを壊す空気のようなもの?についての不安を語っていた。

 

自分が体験したからこそ、

リスペクトする作家さんへ良い仕事をしてもらいたい…

そうした想いが強いから感じてしまう不安のようなもの。

自分が「こうだったらいいなあ…」と思い描くものとのギャップ。

そんな、一見ネガティブに思える想像をしてしまう自分。

そんな自分に出来ることってなんだろう?あるのかな…?

おおよそそんなことを伝えてきた。

 

朧げで、漠然としてスミマセン。

でも、このまま続けます。

 

とある企画を成功させたい。

成功のイメージは、こんなもの。

ひとりひとりが静けさの中で自分と向き合えるような時間を作り出したい。

けれど、そこにわいわいとやってくる人達がまぎれたら、

せっかくの機会が台無しになってしまうような気がする。

でも、ルールのようなものはつくりたくない。

ああ、自分に何ができるの!?

 

私は思います。

不安や不満、自分に何ができるの!?と思った瞬間から、

そこには出来うる素材がごろごろしているのでは?と。

 

静けさをつくりだしたい。

けれども、、ルールにしたくはない。

 

であれば、

自分自身の言葉で、ビジュアルで、タイトルで。

様々な、けれど今すぐ出来ることを幾つか提案してみたらいいと思います。

提案というのが偉そうと感じるのであれば、

そっと言葉をささやいてみる、もしくは、置いておく、などなど。

 

大切なことは、

一度に沢山のことをやろうとしないこと。

やれる範囲のひとつふたつでいいと思うんです。

 

いずれにしても、、

思うだけでは何も形にはなりませんし、

思うだけの自分がそこにいただけの過去が残ります。

いっこにこでいい。なにかを発信してみること。

そして発信してみたことを自分なりに振り返ってみること。

 

現実、事実、ともに大事なことではありますが、

自分が感じたことは言うまでもなく自分にとって大切なこと。

そうして、いっこにこを繰り返してゆくことで、

自分にとって大切なことと、現実がいくらか近づいてゆくような気がします。

 

う〜ん、なんだかよくわからないことを書いてます。

まあでも、そのスタッフが感じた不安は、

裏返せばとても明るいことな気がするな〜と思ったのでだらだらと書き連ねました。

 

ここは単なる日記の場。

自分が見返すものですから。

 

名倉

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

【次回開催はイレギュラー】

 開催日:7月17日(月・祝)

 申込期間:6月21日消印まで有効

 

 

「7月ワークショップ:あおで描くキャンドル」

 

【夏のもよおし第1弾】7月17日(月・祝)

 

【夏のもよおし第2弾】8月20日(日)

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 





6月19日

 

 

先週末のこと。

 

7月に開催される「Village mishima rakujuen」の会場シミュレーションを行った。

シミュレーションの前に、とある農家さんの畑へ見学で伺わせて頂いた。

農家さんは完全無農薬の、
在来種と固定種のお野菜を生産されている方で、
畑の土壌のことから、周辺の土地のこと、
などなど様々な刺激ある話を聞かせて下さった。
短い時間のことだったけれども、お邪魔させて頂けて本当に良かったと思う。
_

 

Villageは三島市立公園楽寿園にて開催され、

園内にある文化財、梅御殿では「夏を盛りつけるワークショップ」を開催します。

(参加応募受付中!!)

 

 

話は変わり…

 

昨日は雑司ヶ谷手創り市が中止となった。

 

いつも通りの判断で中止のお知らせをしたものの、

結果的には、午後も15時を過ぎた頃から雨が降ってきたのだから

「開催で来たかもしれないなあ…」なんてことを考えていた。

 

決めている基準。

それから、個人の心情。

10年以上続けていても、

雨天中止の判断の際にわき上がる内面の矛盾は生じるものだ。

 

さて、来月の開催はイレギュラー。

7月17日(月曜・祝日)に開催となります。

 

どうぞ宜しくお願い致します。

 

名倉哲

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

【次回開催】

 開催日:7月17日(月・祝)

 申込期間:6月21日消印まで有効

 

「7月ワークショップ:あおで描くキャンドル」

 

【夏のもよおし第1弾】7月17日(月・祝)

 

【夏のもよおし第2弾】8月20日(日)

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 





6月14日 マップ 。

写真と本文は関係御座いません。

 

例えば屋外のイベントに遊びに行く際。

大抵の場合、会場マップというものを必要としないし、

不便であっても気にならない構わないという性分だ。

そんな自分であるから、

会場マップというものを作ることが億劫で仕方なく、

たいした思い入れを持てないでいる。

そして、更に厄介なことに、

単なるサービスや便利だから…

という理由でモノが作られることに関心が持てないでいる。

それは自分のことであれた人のことであれ。

イベント主催者として、

決して褒められた態度とはいえないけれども、

これが正直なところだ。

(残念なことにこの感覚はずっと変わらない)

 

_

 

7月15日16日。

静岡県三島市で開催される第2回目の「Village mishima rakujuen」

 

Villageのコンセプトは

『街の中に更に特色のある、ものづくりで成り立つ街をつくろう』

というもの。

 

第2回目の開催にあたって

「街を構成する作家さんや、街の景色がわかる」

会場マップを作ることが大切だと思った。

お前が言うな!と言われだが、

自分の好みと目的は違うから。

 

とはいえ、そもそも会場マップに思い入れもなければ、

そういったものを必要としない人間がつくるものはたかが知れている。

なので、私がアイデアだしや企画するものではない。

そう思った。

 

会場マップを制作するにあたって、

東京のスタッフも兼任する三木さんに担当をお願いし、一切を任せた。

彼女のアイデアや想いを具現化したのは、ご存知絵描きの山口洋佑さん。

 

打合わせの様子からして、

制作が大変だろうな〜という内容だったし、

実際に幾度かの修正加筆作業はなかなかのやり取りがあり、

うわ〜大変そうだ。すげえな〜と感じられた。

(他人事のようでスミマセン)

 

(Village会場マップ。ひとまず表と裏のみご紹介。)

 

そして昨日。

ようやっと完成し、

入稿完了の連絡をもらい、

完成した会場マップを眺めた。

それは、かけた時間と良いものをつくろうという意志、

その熱量が反映された、良いものだった。

イラストがそこかしこにあり面白みがある!

特に、ここで掲載していない中面!!

なにより、今回作ったものをベースに、

来年もさらに良くしてゆこう!と

改良が重ねられるだろうことが想像出来るものだった。

本当に任せて良かった。

ホッとした。

 

来週の中頃届くだろうVillageの会場マップ。

開催時にお客さんに手をとっていただくのがとても楽しみです。

Villageへご来場の際には是非とも活用して下さいね。

 

それではまた。

 

名倉

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

【夏のもよおし第1弾】7月17日(月・祝)

 

【夏のもよおし第2弾】8月20日(日)

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 





6月12日

 

昨日は&SCENEスタッフと恒例の真岡・益子ツアーへ行ってきました。

引っ越したばかりのスタッフは棚を購入し、

他のスタッフは小物や引き出しを手に入れたようです。

人の買い物を眺めているのは楽しいものです。

ちなみに私はWS用の工作椅子を買い足しました。

夏のもよおしにむけて・・・

 

 

真岡益子ツアーは思ったより早く切り上げたので、

これぞ良い機会!とばかりに筑波へ行って参りました。

 

以前より原画を見たいと思っていたマメイケダさんの個展。

 

ピープルブックストアさんと、

そのお隣の千年一日珈琲さんの2箇所で同時開催。

それぞれの場所で環境で見応えのある展示でしたよ。

 

筑波あたりの様々なお店の食べ物のイラストがそこかしこに展示され、

食べものを通して街に興味を持つ。

そんな広がりのある展示会だと思いました。

 

会期は6月22日まで。

お近くにお立ち寄りの際には、そうじゃなくても、よろしければぜひ!

 

 

さてさて、今週末はVIllageの会場シミュレーションと雑司ヶ谷の開催と大忙し。

久しぶりの楽寿園。きっと夏模様でしょうね。楽しみです。

 

名倉

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

【夏のもよおし第1弾】7月17日(月・祝)

 

【夏のもよおし第2弾】8月20日(日)

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 





6月6日 カレーな日曜日。

 

先週末のこと。

初めての試みである夏のもよおし第2弾「カレーな休日」の撮影をしました。

 

担当スタッフの加藤さんを中心に、

集まった5人がそれぞれカレーをつくってきたり、

副菜を持ち寄ったりして盛りつけてみた。

 

 

さまざまなスパイスも並べてみた。

そしてあれこれと並ぶそれらをたいらげた。

腹一杯になった。。

 

 

「カレーな休日 スパイス&ハーブ」は、

今回初の試みなのでどこまでやれるかわからない…

けれど、せっかく新しく生まれた企画ですからね。

 

スパイスだけを販売する出展者さんなど招いたり、、

手創り市なりの景色がつくりだけたらな〜と思ってます。

 

 

最後に。

 

食べものが中心となって企画されるものは、

比較的スムーズに素直に動き出せて心地いい。

それに、対象となるモノ(今回でいえばカレー)

が好きで人が集まると尚やりやすい。

そんなことに気づいた一日でした。

 

それではまた。

 

名倉

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

**6月18日・出展者リスト*clicks!!

 

【夏のもよおし第1弾】7月17日(月・祝)

 

【夏のもよおし第2弾】8月20日(日)

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 





6月4日

 

この瓶は先日のクラフトフェアまつもとで手にいれた作家さんの作品。

友人の木工作家が使っているのを見て真似してしまった。お恥ずかし。

炭酸水や白ワインなどをいれて楽しもうかと。

 

 

 

さて、今日は「カレーな休日」のメインビジュアル撮影です。

 

スタッフで持ち寄る様々なカレーと、

私がつくる野菜や果物の酢漬け的なもの。

あとは担当スタッフの加藤さんが用意する

様々なスパイスさえあれば…

グッとくるものが出来るはず。

たぶん。

 

 

夏のもよおし第2弾

カレーな休日 スパイス&ハーブ

8月20日(日)開催

 

 

次回のブログ更新は6月の「はじめまして。」を公開。

6月の出展者は初参加の方も多く、個人的にも楽しみです!

 

名倉

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

**6月18日・出展者リスト*clicks!!

 

【夏のもよおし第1弾】7月17日(月・祝)

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 

 





6月2日

 

誰しも一度は夢中になってむさぼるように聴いていた音楽。

大人になるにつれて徐々に落ち着いてくる音楽への欲求。

年を重ねるに連れて、少しづつ好みが変わってくる音楽。

音楽は年月と共に付き合い方が変わってきているが、

それでも聴き続ける音楽というものがある。

 

SLINT

Bastro

YO LA TENGO

Loren MazzaCane Connors

などなど…

 

_

 

田舎にいた頃。

実家からチャリで15分くらいのところにあった

カラオケボックス兼レコード屋さんによく通っていた。

 

そこはカラオケボックスで収入をまかない、

(ひと部屋1時間180円とかそんなんだったが…)

(しかも、ペヤングは150円で、湯抜き&青のりソースの完品状態!)

(ファンタに至っては50円!カルピスなんて30円だった!!)

レコードやカセットテープは、

店主の音楽的嗜好をこれでもかと散りばめられた

ほぼ趣味のようなお店だった。

 

店内にはアメリカのインディーズバンドを中心とした

店主お手製のスリーブをかぶせた

不細工なカセットテープが並び、

店主の音楽への愛と情緒に偏ったコメントがつけられていた。

(そもそもカセットテープはいわゆる海賊版だった…)

 

ジャケットはひとつ残らず粗い粒子のコピー。

ならぶカセットテープはどれも格安だった。

 

極めつけは、

今なら残念すぎて買わないような録音状態だったこと。

でも、却ってそれが僕らの音楽への意欲と、

わきたつ欲求を掻き立てた。

(財布の中身は空になったが…)

 

あの頃が最も音楽を欲していた時期であることは紛れもなく、

音楽にまつわる様々な表現、媒体に憧れ、吸収していた。

きっと今もその時のことが色んなことのベースになっているような気がする。

 

その時のカセットテープは、

実家の押入を探してみても今はもうないし、

(母親が余りに汚いカセットテープだから捨てたのだろう…)

あの店はよくわからないインディアンジュエリー?の店に変わってしまった。

(まさかあの店主にそんな趣味はないはずだ。ハゲでデブだったし。)

 

今はもうあの頃には戻れないけれど、

ふとした時にそんなことを思い出すのは

ペヤング上手なあの店主のおかげなんだろな。

きっと。 

 

 

 

それではまた。名倉

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

**6月18日・出展者リスト*clicks!!

 

【夏のもよおし第1弾】7月17日(月・祝)

 

【夏のもよおし第2弾】8月20日(日)

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 









Profile
twitter
New Entries
Archives
Category