RSS1.0 | Atom0.3



4月19日 お見舞い。

 

本文と写真はまったく関係御座いません。

 

病院と云われる物と、先生と云われる者に出来るだけお近づきになりたくない。

子どもの頃からそう思って生きてきた私は、極力、人から立派と見られることのないようおかしな電波を放つことを心がけ、「病院に行くから病気が見つかる」と周囲にうそぶき諦めて頂くようにしている。

 

そんな私が知人のお見舞いに行った。

 

結婚式には顔を出さないが葬式には必ず顔を出すようにしていることもあり、それは幸せの場と不幸せの場の重力の違いを感じるからでもあるのだが、その重力の違いと云えば、人の感謝の気持ちと解く。

同じ論法(?)で、見舞いといえば不幸に分類されるだろうから駆けつけよう。

そう思いお邪魔した。

 

「これさ、東武デパートの一階で拾ったんだよね。あげる。」

「美味しいよ。食べたことないけど。」

「請求書はあとでPDFで送るね。」

そう云って見舞いの品を渡したら、病人は笑っていた。

病人だって笑う。人間だもの。

 

院の中庭らしきところで向き合い珈琲をすすりあい、「調子はどうだい?」なんてことを、調子がいいはずのない病人にむかって話しかける私はお見舞いのプロではなく、お見舞いの素人丸出しの阿呆のような問いかけ。

普段しない他人を慮ってのふつうの会話は自分らしくない。というか、言葉が出てこない。それこそ病気になりそうだ。

そう思ったので、普段通りのギアに入れ替え、病院の中庭ではなく、いつもの酒場のつもりで話をすることにした。

 

「なぜここにいる?」という尋問から始まり、「どういう経緯でこうなった?」と尋問に尋問を重ね、「ここにいると病気になりそうだね!」と元気よく尋ね、彼というか彼女というか、知人は「貴方は相変わらずですね」と苦笑まじりに回答する。

「病室はいくらなの?」という問いに「幾らですよ〜」と回答されたものだから、「そんな高いならルームサービスもいいんだろうね」と意見していたら、「なに云ってるんですか?ここホテルじゃないですよ」と意見に対しての陳述があった。

 

とまあ、そんな感じで1時間ほど身にならない話だけをしてお別れ。

「またね」と手をふる病人にむけて、「2度とくるか!」と親切な挨拶を返した。

 

次に会う時は健康な状態で酒場か喫茶店か。やっぱ酒場かな…そう思い、ふだん使わぬ地下鉄の路線をうろうろきょろきょろしていたら、おそらく帰宅途中だろう女性サラリーマンにぶつかり睨まれ、「すみません」と謝り、這々の体で帰宅した。

 

こんなことをここで書くのはどうかと思わなくもないが、次にくる2行をお知らせしたくて書きました。

 

GW最終日、5月6日(日)の出展者発表の準備しています。

皆さま、元気で会えるよう健康には気をつけましょう。

 

名倉

 

____

 

* はるのパン祭り:まとめ * click!!

 

 



HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 





4月17日

 

春の静岡を終えて、

はるのパン祭りが順延となり、

なんだかぽっかりと穴があいたよなここ数日。

 

やるべきことは目の前に並んでいて、

実際にはぽっかりとなる訳ではないが…

このぽっかりは幻想か、自分の願望なのか。

たぶん両方か。

 

先日のこと。

15日の雑司ケ谷が雨天中止となってしまったので、

2名のスタッフと車で出かけた。

(雨天中止と云っても、いつも通り、9時には雨はあがっていたが…)

 

雨天中止となってしまった日以外にこうした突然のお出かけはないので、

(打合わせ以外に活発にあまり外に出かけない性格ゆえ)

雨天中止となってしまった出展者の方には申し訳ないが、

個人的には新鮮な気分で出かけることができる。

もちろん、いくらか複雑な気分も同居しながら。。

 

その日は、

千葉の某パン屋さんへ行き、

埼玉のカフェに立ち寄り、

雑誌で見かけたお店に立ち寄り東京帰着。

 

延々と下道をつかった道中は、

見慣れぬ景色をぼんやりと眺めつつ

幾らかのんびりとしたものだった。

 

東京に帰着後、

「夕飯行こか〜」とスタッフのひとりを伴い、

事務局の隣り街の居酒屋さんへ繰り出した。

 

スタッフと2人だけで飯を行くことはあまりないので、

いや、そうでもないか…

打合わせの後はついてまわるものだった。。

まあとにかく、

2人だけで飯へ行き様々な話をした。

 

どんな仕事をしていて、

どんな職場で、

そこでのやり甲斐と

付属する悩み?のようなものを聞く中で、

手創り市がこれ以上の組織化する事ことになったらどうなるだろうか?

そんなことをついつい夢想する。

 

自分が考える組織の理想はこんな感じ。

 

全員が下っ端の現場作業員。

且つ、全員が個人の権限で仕事をするディレクター。

組織の中にフリーランスが存在している。

社内ベンチャーとはちょっと違うようなもの。

わかりづらくいえば、

現場作業員の際には滅私奉公、人の為に尽くす。

片やディレクターの際には、

現実の目標と個人の欲望の最大化を目指す。

そういうものだ。

 

実際、今いるスタッフと時折そのような話をする。

その為の試みをやってみたりもするが、

結局は自分の中で落ち着く答えは唯ひとつ。

 

そもそも矛盾しているかもしれないことを目指すのは妄想。

けれど、自分にとっての理想であれば、

そこを目指してみるのも悪くはない。

理想を持たない現実は生きた屍のようなものだから。

 

いつまでもやってこないかもしれないけれど、

いつかやってくるかもしれないその時の為、

まずは自分が精進して変化してゆこうと思い日々を過ごす。

 

_

 

最後に。

ガラス作家のl i i r森谷さんの個展がGW中、都内で開催されるのでご紹介を。

 

 

会期は4月29日〜5月7日。

場所は自由が丘のようです。

 

作品の様子やその他お知らせはliirさんのインスタグラムをご覧ください。

 

https://www.instagram.com/liir1116/

instagram.com/p/Bhl9_a0AvZ6/?taken-by=liir1116

 

_

 

それではまた。名倉

 

 

____

 

 



HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 





3月30日

 

 

昨日のこと。

 

ふだんは近寄ることのない横浜方面へ繰り出した。

用件はhaseさんといわもとさんの二人展。

 

重ねる

 

その感想。

 

2人は答えのない道を

楽しげに

けれど

おそるおそる

手をとりあって

ここまでやってきたんだな

 

そんなことを

遊歩道でビール呑みつつ感じた。

 

会場には、

用途不明なモノたちが静かに待ち構えていて、

その静けさの表情はとても豊かでとりとめなくて、

そう、ひと事で言い表せば、ずっと見ていられるってこと。

 

ふたりがつくるこれからの舞台。

 

きっとまたやってくることを願って、

その時を楽しみにしていよう。

 

 

 

重ねる

 

会期は4月1日まで。

(嘘じゃないよな…)

 

横浜方面にお立ち寄りの際にはぜひ。

 

名倉

 

 

追伸

4月15日の出展者発表してます。ご覧くださいね。

 

____

 



HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 

 

 





3月21日 灯りだけ

こんにちは。名倉です。

久しぶりに個人の作家さんの個展を企画することをしてます。

動き出しは久々のこともありもどかしさもありましたが、動き出せばそれはそれ。

今できうる自分のアイデアと作家さんの力を引き出せたように思います。

会期は本日より25日の17時まで。

新東名からやってきますと結構行き来しやすい場所です。

もしお時間に余裕がありましたら是非ご来場下さい。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

木工作家 record 齋藤勝弘さんの”灯り”だけを集めた展示会を開催致します。

会場は静岡県静岡市の山の麓にある木藝舎Satoの連なる小屋。

多種多様な木材で様々な照明作品をつくるrecordさんの灯りが一堂に介すこの機会。

ぜひともご来場下さい。

 

 

 

 

灯りだけ

公式Instagram

https://www.instagram.com/akaridake_official/

 

 

 

「作家」

 

record 齋藤勝弘

https://www.instagram.com/record.jp/

 

1975年 千葉県生まれ

技術専門校木工工芸科修了。

家具製作所勤務、特注家具の製作に携わる。

その後、アンティーク家具店にて家具修復・オリジナル家具の制作等を経て、

現在、千葉県最北端のとんがってるところ、野田市にて『木のモノ』制作活動中。

 

*本展では record×木藝舎 / LIMITED作品も十数点並びます*

 

 

「会期」

 

2018年3月21日(水祝)〜3月25日(日)

 

※日付によって営業時間が異なります

 

21日(水祝)12:00〜20:00

22日(木)11:00〜18:00

23日(金)13:00〜21:00

24日(土)13:00〜21:00

25日(日)11:00〜17:00

 

 

「イベント」

 

きてください、みてください、きいてください、たのしんでいってください

 

3月21日(水祝)12:00〜20:00

『 喫 茶 灯り 』店主 鳥仙珈琲 

http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=1290

 

 

3月23日(金)24日(土)夕暮れ 〜 21:00 くらい

『 B A R 人間 』音楽とお酒と灯り SAITOHとNAGURAがお届け

http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=1294

 

 

3月23日(金)24日(土)17:00〜21:00

『 未来のあなたへ 』大野写真研究室

http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=1293

 

 

「会場」

 

木藝舎Sato

静岡県静岡市葵区足久保奥組堀下212(駐車場完備)

https://www.instagram.com/mokugeisya/

 

「お問い合わせ」

 

ARTS&CRAFT静岡手創り市

Tel 080-5191-8554

※電話は営業時間中のみ繋がります(待ち受け専用)

※会期前のお問い合わせはメールにてご連絡ください

※会期中はSquareによるクレジット決済が可能となります

 

 

◯企画 名倉哲(A&C静岡)

◯写真 大野写真研究室

◯デザイン hase

◯協力 木藝舎 / 鳥仙珈琲

 

 

____

 

 

次回開催は「はるのパン祭り」です。

皆様のご来場をお待ちしております!

 



HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 





3月19日 いい日だった

 

 

昨日、3月18日は手創り市の開催日。

「はるに、桜と。」が大鳥神社で開催されました。

 

春のお菓子や装いが一堂にそろった一日。試着室の登場。

ふたつのキッチンカーによる特別メニューの提案。

 

こんなにも充実していた大鳥神社会場は初めてだった。

 

一日の感想は担当スタッフの栗原さんに譲りますが、

担当スタッフとして熱心に丁寧に続けてきたからこその結果。

見習うべきことがあるなあ〜と感心しました。

 

_

 

次回の開催は4月15日(日)。

申込締切は3月22日消印までとなります。

 

鬼子母神会場では「はるのパン祭り」を開催。

 

鬼子母神会場の食品部門は、

はるのパン祭りに参加する店舗のみ出展して頂きます。

なお、すでにお申し込みは締め切っておりますのでご注意ください。

 

それではまた。

 

名倉

 

____

 

 

次回開催は「はるのパン祭り」です。

皆様のご来場をお待ちしております!

 



HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 





3月9日

 

思い立ったら吉日。

思いつきで即行動。

 

この2つのを両輪にどうにかこうにか歩んで来たこれまで。

 

行動した先で反省することは多々あれど…

むしろ反省ばかりだな…。

けれど、後悔したことは、多分、ない。

行動しなかった時。

きっとずっとずうっと後悔するだろう。

なにより。

生まれて振り返るものがないこと。

それがなにより恐ろしい。

生まれた瞬間に、終わりは決まっているのだから。

 

_

 

生きることに直線はなくて、

いつも遠回りだと思っていたが、

また少し考え方が変わってきた。

遠回りではなく螺旋。

そうじゃないか?

 

_

 

昨晩のこと。

とある展示会にむけてせこせこ作業をしながら思い出した言葉はこれ。

 

生きることのベテランはいますか

もしいたとしたら

その人はペテン師です

 

なんかの本に書いてあったけどなんの本だったか思い出せない。

本はそこに在るものだけど、出会う言葉は漂うもの。

そんな気がする。

 

 

 

自主企画「灯りだけ」の日程とちょっと被るが、

どうにか行こうと思っている二人展がある。

 

文頭の写真がその二人展の不思議なDMだ。

 

彼女らの組み合わせ。

とても興味深く妄想してしまう。

どんなモノをつくり、魅せるのだろうか。

 

 

いわもとまきこ×hase

「重ねる」

3月24日〜4月1日

instagram.com/hasenokutsu

instagram.com/iwamotosan3

 

 

お近くにお立ち寄りの際にぜひ。

…と偉そうに云ってみる。

 

 

週明けより公開。

「はるに、桜と。」の出展者紹介。

 

 

名倉

 

____

 

 

【 はるのパン祭り:4月鬼子母神にて 】click!!

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 





3月7日 

 

昨日のこと。

 

事務処理をしていたら出てきた。

展示会のお知らせ。

 

松本美弥子さんの個展。

場所は埼玉・大宮の温々でやってます。

 

目にしたDMには本日在廊日と書いてある。

見てしまったからには行かなきゃね。

 

…ということで行ってきた。

 

 

 

 

店内右手奥がギャラリースペース。

 

器をはじめ、

アクセサリーやオブジェなど、

広範な作品群が並ぶ空間。

 

多くの作品は

白磁に銀や黒をまとい、

ミニマルさを装うが、

そこは松本さんという人の作家性。

単なるシンプル(素朴?)

だけにならない釉薬のノリ。

楽しかった。

 

 

最後にひとつ。

やられたなあということがあった。

 

 

限られた在廊日ということで直筆の作品へのキャプション。

やってくるお客さんにむけてメッセージとも云えるものが置かれていた。

当人がなにかを語らずとも十分に語りえる方法があるんだなと知った。

いつか私なりに、敬意をもって参考にしたい。

 

_

 

 

松本美弥子 個展「月とか星とか」

3月6日(火)〜3月18日(日)

於:温々 埼玉県さいたま市見沼区丸ヶ崎1856

 

 

それではまた。名倉

 

____

 

 

【 はるのパン祭り:4月鬼子母神にて 】click!!

 

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 





3月4日

 

写真と文章は関係御座いません…

 

3月に入り、日中はいくらか陽気が戻ってきたよう。

同時に花粉もやってきて、意識すると鼻と目がむずむず。

自他ともに認める健康体だけど、花粉症は子どもの頃から。

私のなかで3つの大きな病といえば。

腹痛と花粉症と…

あれ?もういっこなんだっけ?わからん。

肩こりや頭痛も言葉は知ってるがなんのことだかわからない。

インフルエンザに至っては小学生の頃の予防接種がまだ効いている。

そんなことを母親に云ったら。

外でそういうこと云わないでね。

もうあんた40手前なんだから。

そう云われた。

健康な身体に生んでくれた両親にとにかく感謝。

3月1日は父親の誕生日だった。

後期高齢者に入るということで免許がどうのこうのと文句を言っていた。

年寄り扱いをするな。

という怒りと。

年寄りに難しい話をするな。

という怒りが混在していて訳がわからなかった。

そんな訳で。

誕生日プレゼントになめ猫の免許証を送ってあげた。

感謝のかわりにこんな感想が届いた。

ふざけんな。とんかつに連れて行け。ばかやろう。

元気そうでなにより。

言ったらいけないのかもしれない。

けれど云う。

父親と母親、先に逝って欲しいのはどっち?

これは我が兄弟妹の間で唯一絶対一致することなはず。

確実に父親の方だろう。

見ているぶんには構わない。

近づけば問題が起きる。

とにもかくにもたちが悪い。

お母さんよ。

頼むから連れて逝ってくれ。

それを父親に免許書ついでに話したら。

100まで生きてやるからな。

いや、120だ。

覚えておけ。

言い直さなくてもいいのにそう言っていた。

面白いから今度とんかつに連れて行ってやろう。

気持ち悪くなるまで食べさせてやろう。

春になるとざわざわとする毎日がはじまる。

苦手な事務系の作業に追われ逃げ出したい気持ちになる。

実際、すこしだけ逃げ出す。

目の前の書類なんか燃えてしまえばいいのに。

そんな気持ちにもなる。

現実逃避。

現実逃避といえばこのブログもそうだ。

とあるスタッフが言ってた。

名倉さんと会う時には最近のブログを見返してる。

ああ、そう。

としか言いようがないので言われても困る。

きっとからかう材料を探しているんだろう。

からかさおばけ。

意味はない。

言ってみただけ。

先日のこと。

とある方の訃報が届いた。

近しい人とこんなやきとり。

じゃなくて、やりとり。

多いよね。

こういうの。

そうきたので。

生まれました。

別れました。

死にました。

年を重ねるごとに多くなるだろね。

仕方ないよ。

そう返した。

その方は特別親しい仲ではない。

けれど訃報が届けば考えることはある。

人間だもの。

安らかに眠ってくださいね。

ごくろうさまでした。

 

 

 

 

はるよこい。

 

N

 

____

 

 

【 はるに、桜と。:3月大鳥神社にて】click!!

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 





3月2日 夏にむけて自主練

 

 

昨年夏に開催された「カレーな休日」

 

2018年も夏に開催されるので、

不勉強な分野ゆえ自主練がてらにお邪魔してきた。

どこへ?ネグラさんへ。

 

ひさびさにお邪魔し、

旨いカレーとスパイス効いたお酒をいただき、

思いもしていなかった刺激的な本に出会いました。

 

まだ具体的に動き出していないカレーな休日ですが、

個人的にも、幸先いい一日だなと思えました。

 

夏にむけてぼちぼち準備してゆくけれど、

今年は実際にカレーを食べることが出来る場所をつくりたい。

 

なにはともあれ、ご馳走さまでした。

 

名倉

 

____

 

 

【 はるのパン祭り:4月鬼子母神にて 】click!!

 

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 





2月28日 カレーうどん

 

先日のこと。

静岡での一日の予定をこなし、

腹も減ったのでたまたま通りかかった蕎麦屋に入ってみた。

普段、ひとりで知らない店に入らないけどなんどなく…

店は雑然としていて、

お世辞にも清潔感があるとはいえない。

漂う空気をひと言であらわせば、生活感。

 

私は子供の頃から街の蕎麦屋といえばカレー南蛮と決めている。

ここならこれ。昔からそう決めていることが多い。

席に着き、すぐさま注文しようかしたら、

高学年とおぼしき娘が注文とりにやってきた。

「偉いね、お手伝い?」と聞いたら、

「友達が来るからお手伝いしないとならない。」と云う。

そりゃ、そうだ。

タダでものを与え続ければろくなことにならない。

ほいほいあげればガキがつけあがる。

…と、さすがに見知らぬ家族にそんなことを言葉にしなかったが、

「あ、そう。」と返し、やってきたカレー蕎麦をズルズル。

数分後、背後でガラガラと戸を開ける音。

戸が閉まり、着席した先をなんとなしに見たら友達らしき娘。

格子越しに見える先には、

蕎麦屋の娘とその友達が向かい合って座っている。

二人の卓には鍋焼きうどんらしきものがやってきた。

らしきもの。さすがに何を食べてるかまで確認する訳にもいかないから…

いただきます!と元気よく声を張り上げる娘二人。

うっさい!と反射的に怒鳴りたくなるの耐える四十路手前の独り客。

互いに満面の笑顔しながら、

美味しいね美味しいねと連呼し楽しそうだった。

 

たまにやってくる友達にご馳走したくて、

僅わずかな時間、家業の手伝いをする娘さん。

カレー南蛮はお世辞にも旨くなかったし店は汚くても、

たったの950円(小ライス含む)で良いもの見たねと満足して店を出た。

 

明日から3月が始まり、

ひと月も経てば、彼女たちには出会いと別れがやってくる。

鍋焼きうどんが繋ぐ縁はどこまで続くのか知らないが、

出来るだけ永く続いて欲しいと思った。

 

_

 

という訳で、

3月18日・手創り市の出展者を発表。

大鳥神社会場では「はるに、桜と。」を開催致します。

手創り市にて、春に、桜に、見つけにいらしてくださいね。

 

それではまた。

 

名倉

 

____

 

 

【 はるのパン祭り:4月鬼子母神にて 】click!!

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 









Profile
twitter
New Entries
Archives
Category