RSS1.0 | Atom0.3



6月13日 うな重。

 

わからないと言えますか。

わからないと言うことへの恐れ。

なにかを肯定する前に、

なにかを否定する前に、

わからないと言うこと。

私にとって、

わからないは新しい発見の端緒。

わからないと言葉にし、

友人のように共に歩めること。

必要だと思います。

 

 

くらことの大事な打合わせを終えた翌日。

ヴィレッジのスタッフ面接をし、(これが面白かった)

夕方、両親を連れて実家よりほど近い鰻屋さんへ行った。

 

私は子どもの頃から鰻に興味がなく、嫌いと云わないまでにも、

価格と味のバランスが自分の好み(価値と基準)に反する食べ物として捉えてきた。

 

それなのに。行ってみた。

そのお店だけは「一度行かねば」と思っていたから。

 

 

鰻屋さんの店の前を通るたび、いっつもお客さんで賑っていて、

こんな場所で凄いなあ…と単純な感想を抱き、

両親にそのことを話してみたら、

「あそこは美味しいらしいよ」

と云ってたので興味を持った。

 

そして先日、ようやっと暖簾をくぐり入店。

薦められるがままに注文した。

 

 

店員さんによると、

注文が入るごとにその都度捌き調理をするのでどうしても時間がかかるという。

 

正統な理由があって時間がかかるのは大いにけっこう。

その時間を待てない輩はゴーホーム。それでいい。

 

待つこと30分を過ぎた頃、

漸くやってきたうな重はタレで焼かれたものと白焼きのミックス。

 

見るからにふっくらした肉質で、

脂も程好いくらいにのっているのが伺えた。

 

割り箸でつつき、

粒がしっかりとたったご飯と一緒に掻き込む。

椀ものの肝吸いをぐいぐいすする。

うまい。ただただ、そのひと言だった。

未熟な私にはわからないを含めて喉を過ぎていった。

 

 

完食後、会計を済ませ実家へ戻ると年老いた両親はこう云う。

「まだ感触が残ってるね。」

ああ、そういうことかあ…とひとり納得しつつ、

ごちそうして良かったと思った。

 

とはいえだ。

そうはいっても、鰻が好きになった訳ではない。

 

鰻と見れば街の蕎麦屋でも飛びかかる味の5合目を軽蔑するし、

自ら好んで鰻屋巡りや鰻談義をすることもないだろう。

これからも適切な距離をとって鰻と付き合ってゆく。

好きになろうと努力をする。永年の連れ合いかのように。

そう決めている。

 

 

昨晩遅くのこと。

母親より携帯にこんなメールが届いた。

 

「お父さんがお客さんに鰻屋に行ったことを自慢してたよ。」

「来月も行く事になっている。そんなことまで言ってました。」

 

詭弁を弄するメールに対してこう返信した。

 

「父さんに伝えておいて。」

「爺さんはバーミヤ◯の麻婆豆腐だけ喰ってろ。」

「そして、胃を壊してしまえ。」

 

送信してすぐさま母親から追加の返信が。

 

「ありがとう。」

 

全然伝わってねえな。やいやい…

 

 

今週末は忙しい2日間になりそうだ。

それから随分と久しぶりに感じる雑司ケ谷開催。

どうぞお越し下さい。

 

名倉

 

 

____

 

 

*6月17日・出展者リスト*CLICK!!

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 





6月12日 遮断機の隙間。

 

事務局にすこし前から転がっていた、

随分大きく太いにんにくの芽。

それが芽吹いた。

とてもユニークな表情をしている。

初見は少し気持ち悪さもあったけど…

 

 

話は変わり。

 

SNS上で流れてきた記事に目をとめ眺めていたら、

その記事で書かれていること(考え方)にとても共感した。

 

それはこちら。

https://wired.jp/2017/03/15/ignoring-fare-evaders/

 

この施策を知り、

同様のケースがないか?と調べてみたら他の国でもあった。

そして、そのことから感じたことはこんなこと。

 

基本的には誰もが備えているだろう当たり前の良識に任せる。

けれど、良識をすり抜け、不正を働いた人間には重い罰が待っている。

 

この考え方を大きな仕組みに取り入れることは勇気のいることだと思ったが、

技術の発達と共に、こうしたシンプルな考えが形として現れる。

ここに技術の発達による恩恵、人間社会としての進歩?がみられるように感じた。

 

同時に。

その記事を読んだ後、

随分前にどこかで読んだ或る話を思い出した。

 

ここから先はうろ覚えのところもあります…

 

ヨーロッパのどこかの国では、

線路の遮断機が完全に塞がれた状態ではないという。

 

それは要するにこういうこと。

 

遮断機が下りてきた時、

基本は通ってはいけないが、

通りたければどうぞ。

けれど、それはあなたの判断と責任です。

 

そんな考えのもと、

人ひとりがかろうじて通れるくらいの隙間が用意されているらしい。

 

そのことを知った時、

私は優しいと感じたし親切だと思った。

そしてこのことを知ってから、

そうした考えに影響されている自分を見つけた。

 

 

脈絡もオチもなくてすみません。

なんとなくふと思ったこと。

たかが日記ですから。

 

それではまた。

 

名倉

 

____

 

 

*あおのワークショップは6月中旬公開予定*

 

 

*6月17日・出展者リスト*CLICK!!

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 

 





6月7日 国立へ。

 

昨日のこと。

国立で開催されている清水美紅さんの個展「一瞬の、初夏」へお邪魔しました。

 

 

 

 

展示会中ということもありますので多くは語りませんが、

個展までに彼女が見てきた感じてきた日常の一瞬が切り取られた良い展示でした。

 

また、展示会場の地域の文化と本のあるお店「museum shop T」さんでは

読み物中心の書籍から様々なアートブックもあり、とても見応えのある店内でした。

 

会期は6月10日(日)まで。

お近くにお立ち寄りの際にはぜひ。

 

 

 

清水美紅

 

「一瞬の、初夏」

 

この季節は、一瞬。

髪を結ぶ動作のように。

 

会期:6月10日(日)まで

営業時間:12時〜19時

 

museum shop T

http://t-museumshop.com/ 

 ※中央線国立駅徒歩5分

 

_

 

 

次回のブログ更新は6月9日。

作家紹介、6月の「はじめまして。」をお届け致します。

ぜひともご覧ください。

 

名倉

 

____

 

 

*6月17日・出展者リスト*CLICK!!

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 





6月5日 くらこと

 

先週末から昨日までは延々と打合わせなどが続く毎日。

新しいことも動きだし幾らか満足。

そんなホッとひと息も束の間、

週末のくらことの打合わせにむけて準備を進めてます。

 

 

2018年の「くらしのこと市」は諸事情あり、

木藝舎Satoから護国神社へ変更となりました。

 

護国神社ではA&C静岡を開催していることもあり、

その違いをどうやって作り出すのか?提案するのか?

ここがとても大事なポイント。

 

護国神社でくらことを開催する景色を想像することで

新たな視点が生まれてきますが、

それはあくまで感覚でつくりだした幻想。のようなもの。

 

感覚を信じて形づくることはものづくりにおいて大切な要素ですが、

感覚だけに頼ってしまうと最後の現場でこぼれ落ちるものがあることも事実。

その為にはまず、スタッフ内で徹底的に話し合うことこそスタートライン。

 

良い週末にしたいと思う。

 

 

最後に。

 

 

「あおと納涼ガラス祭り」「カレーな休日」のチラシが届きました。

6月17日の開催日に配布致しますので手にとってみてくださいね。

 

それではまた。名倉

 

 

____

 

 

*6月17日・出展者リスト*CLICK!!

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 

 





6月3日 鴨鍋と和菓子屋の彼。

 

写真の水差しは先日手にいれた小黒ちはるさんのもの。

彼女のつくる器は成形と釉薬が特徴的。

 

 

昨日のこと。

 

7月の「あお」のワークショップにむけて打ち合わせがてら、

担当する作家さん、というより菓子職人さんと食事をした。事務局で。

 

近頃は事務局をつかって打合わせをすることは少なく、

ましてや、事務局に人を招いて食事をすることはほぼ無い。

 

この日、ねぎま鍋をつくろうと思っていたが魚屋にいい鮪がなかったので断念。

急遽、定番の鴨鍋をつくった。

 

鴨は身と皮をはがし、皮を適当に切り分け、

皮のみテフロンで軽く炒め、鴨特有の上品な脂を引き出し、ひいた出汁へ投入。

 

なぜ皮を先に炒めるのか?と問われれば、その方がなんとなくいい気がするから。

理由にならない理由、且つ、それが本当にプラスになるのかは実証できない。

あくまでこれは私の勝手な仮説なのです。

 

飯を喰い酒を呑み、〆は雑炊。

鴨鍋やっておいて雑炊やらない人間は極悪人。

そう断じている私は間違いでしょうか。

 

 

話は変わり。というか戻り。

あおのワークショップを担当する彼は、

和菓子職人さんで実家の和菓子屋を継ぎつつ、

個人の作家?としても活動をしているらしい。

 

そんな彼の器への目線は、

彼の職業柄があらわれていた気がするし、

器というものとその作者への敬意を感じた。

やはりそれは、同じ作り手だからだろう。

 

 

そんな訳で7月のあおのワークショップは

和菓子づくりを体験していただきます。

きっといいものになるかと思います。

乞うご期待。

 

それではまた。名倉

 

 

 

 

____

 

 

*6月17日・出展者リスト*CLICK!!

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 

 





6月1日 器のこと。

 

 

 

6月1日。6時55分。

丑三つ時に床についたものの1時間程で目が覚めてしまったので起床。

家の人に申し訳ないと思いつつ酒を呑む訳にもいかないから珈琲を挽き淹れた。

最近は池袋の某珈琲屋さんで幾つかの種類も豆をまとめて購入する。

なぜそこの珈琲屋さんで豆を購入するかというと安くて新鮮だからだ。

あともうひとつ。自分だけで消費するものは出来るだけお金をかけない。

特に食べ物に対してそのように周囲の大人に教わったのでそれが染み付いている。

けれどその反動からか、複数の人間と食事をする時に無闇矢鱈にお金を使ってしまう。

これも周囲の大人のふるまいに倣ったんだろう。染み付いている。嗚呼。

 

 

先日の大人の修学旅行で久々に自分がハッとするような器に出会った。

私は器を手にいれることが多いけど何かひとつに偏ることがない。

磁器と土物と大まかに2つに分けてどっちが好みかということもない。

器の歴史の流れにしっかりと位置する正統なもの?も好きだし流行の器だって好きだ。

気にかかることはその人のスタンス。器を通してそれを知りたいし想像したい。

この視点は絵に対してもそうで、絵を手にいれる際のポイントはそこ。

実際、ここのところ絵を飾る場所も置く場所もないので手にいれることはあまりないが…

話は戻り。写真のお猪口はクラフトフェアまつもとで出会った3つのうちのひとつ。

場内を足早にまわる中で目に留り、何度も行き来し抗えず手にいれてしまった。

その作家さんはいかにも若者らしい振る舞いでとても前向き。明るい。

というより、性格というのか性分というのか根っこの部分が溢れ出ていた。

極めつけは野心的なところを隠さないところだ。いいと思う。

彼のブースを眺めているとマンガンの釉薬を使った今っぽい端正な器も作っている。

そして、彼のブースに目を留める人はその端正な作品だけ。

私が手にいれたお猪口のような作品は目に入ることすらなさそうだった。

人は見たいものだけを見る。それでなにが悪い。

わかっちゃいるけど、ちょっと哀しい。

 

 

今日明日明後日と大事な、楽しい打合わせが控えている。

週明けはA&C静岡関連の大切なお知らせも控えている。

2018年も半年が過ぎゆく6月。

5月にやりきれなかったことをここらで片付けたい。

倉庫も片付けないと…これだけはずっと見ないようにしている。

 

 

 

 

それではまた。名倉

 

____

 

*6月17日・出展者リスト*CLICK!!

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 





5月26日 ポジとネガ

 

ここ2週間ほど、なかなか難しい時間を過ごしてきた。

 

前向きになってやれることが目白押しの良いサイクルの時。

どれだけ物事が重なっても、

自分ではないナニカが背中を押してくれ、

あたかも全ての物事が勝手にまわってゆくような感じを受ける。

 

ただし、そこにひとつのネガティブが入り込んだ時、

重なる物事の重みを急に感じてしまう。

時間が足りないと喘いでしまいそうになる。

そのことによって足を停めてしまいそうになる。

ネガティブに絡めとられそうになる。

 

そんな時はポジティブな事柄をとっとと片付け、(語弊ありますね…)

ネガティブなことに意識と時間と実際を注ぐようにする。

 

それはものにもよるけれど、

ネガティブな事象を解決する為、

出来うる最大限のスピード感でいっこいっこ片付けるよう心がけている。

ネガティブな事ほど都合のいい搦手は通用しない。

兎にも角にもひとつひとつ。

 

そんな2週間がようやくひと段落し、本日より長野行き。

今日明日は作業の出来ない環境にいるし、少しだけ放っておかせてもらおう。

申し訳ない。

 

今日までに山を越えて少しだけホッとしている。

帰ってきた時に残りを片付けよう。やいやい。

 

皆さま、良い休日をお過ごしください。

 

 

 

 

上の画像は今年の「あお」で利用しようと思っていたビジュアル。

つくっている時は、お〜いいんじゃね?と思ったけど、やっぱ止した。

 

2018年の「あお」はギュッと詰まった面白い会場になりそうです。

ワークショップも、キッチンカーも、出展者の皆さんも。

ご来場をお待ちしておりますね。

 

それではまた。名倉

 

 

____

 

 

*6月17日・出展者リスト*CLICK!!

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 

 





5月25日 再びカレーな打合わせ。

 

 

こんにちは。名倉です。

 

先日、再び「カレーな休日」にむけて某カレー屋さんへお邪魔しました。

 

 

ちょいちょい訪れるそのカレー屋さんで担当スタッフの加藤さんと待ち合わせ。

ご飯をいただきつつ、ワークショップの話をしたり、なんやかや。

 

食後、店主とワークショップについて打合わせしていたら、当初想定していたものとは違った方向へ話は進んでゆく。

いわゆる想定外というやつだけど、その想定外がとても良いものなので、そのまま話を進め、どうにか形にしましょう!と退店。

これが形になったら…と想像するだけでにやけてしまう。形になればいいなあ。

 

加藤さんと駅で別れ際、

「はい」と渡された派手派手で可愛らしい保冷バッグ。

その中には彼女のお手製のカレーや副菜が入っていた。

そうです。今回のメインビジュアルは彼女のお手製を撮影して使ってます。

 

 

もちろん、撮影後にしっかりといただきました。

お店が出来るレベル??

カレーに対して知識のない私ですが、そのように感じました。

 

 

週末は東京と静岡のスタッフが集まる日。

楽しみです。

 

 

それではまた。

 

名倉

 

____

 

 

*6月17日・出展者リスト*CLICK!!

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 

 





5月19日 

 

 

 

某雑誌の特集がスヌーピーとなんとか。

そういや、スヌーピー。

一切通ってこなかったな…と思い、特集を眺めてみた。

そしたら、思いのほか面白かったので、

今後、自分なりにスヌーピーを研究したいと思っている。

 

 

本日明日となぜかいろいろと重なってしまった。

 

今日は雑司ケ谷の6月選考会から始まり、

はるのパン祭りの反省会という名の慰労会。

 

明日は&SCENEの6月選考会。

その後、カレーな休日の打合わせ。

 

いつもより幾らか重なる5月の中旬は、

2018年下半期の準備期間。

週明けより静岡入り。

大事な数日が待ってます…

ぼちぼち頑張ろう。

 

 

 

夏のもよおし。

今回で2回目の「カレーな休日」

今年は会場でカレーを実食できる企画を充実させたいと思ってます。

(リンク先は昨年の様子です)

 

よろしくどうぞ。

 

名倉

 

____

 

 



HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 

 





5月17日 ご自宅用ですか…

 

写真と本文は関係御座いません。

 

 

「ご自宅用ですか?」

 

時折聞かれるこの言葉。

不思議で仕方がない。

ひと言で云えば、違和感。

 

 

例えばお店で器を購入する時。

こうしたことがあるような気がするけれど、

皆様におかれましてはいかがでしょう?

 

ここで聞かれる所の、

ご自宅用ですか?は

恐らく裏返しの言葉だろう。

 

それはきっと、こんな感じ。

 

 

貴君の購入する器。

これらはもしかしたら

何処ぞへの贈り物なのでしょうか?

もしそうでしたらおっしゃってくださいね。

…というような意思表示を別の角度から確認すること。

 

 

このことを知人に話したら、

こんな回答が却ってきてオロロイタ。

 

 

う〜ん、それはね、

いい?こういうことよ。

あなたが器を購入する際、

その器は何処かの誰かへの贈りものだったとする。

で、あなたはお店の人に、

贈りものにしたいんですけど?

と、言えない、もしくは言わない人だった場合、

そんなあなたは会計を済ませ、

贈りもの仕様なのにそうはなってない器だけを手にいれ

失意のうちに店を後にするの。何も言わず…

まあガストで知人に愚痴ったり、

SNSとかで呟いてみたりするかもだけど。

そんな自体が起こらないよう、

お店の人が取りはからって事前に確認する。

そおゆうサービスなの。

 

 

そのような主旨のことを云われ、

私は本当に、心の底から驚くと同時に、やっぱり不可思議だった。

というか、双方共に子供か?そう感じた。

 

 

私は知人への贈りものとして器を為にその店に訪れた。

これはあの人が気に入ってくれるだろう。

そう思える器を見つけたので会計をする為、

店員さんに声をかけレジへむかう。

贈りものということもあり、

お店の人に贈りもの仕様に出来るか?と確認をする。

 

確認をしたところ、

 

「1」無料で贈りもの仕様に出来る場合

「2」有料の場合

場合によっては、

「3」当店はラッピングのサービスは行っておりません。

 

こうしたケースは上記の3通りだろう。

他にもあるかもしれないが、私は思いつかない。

 

この3通りのうち、

店側の回答はそのどれでもいい。

仮に「3」だとしても、

だからといって店が悪いということにはならないはずだ。

ギフトショップと謳ってない限り。

 

できるものはできる。

できないものはできない。

 

その前提があるからこそ確認をするし、

必要があればお願いもする。

 

もし、店というのはすべからく、

絶対贈りものに仕様にしなければいけない。

 

そう思うのであれば、購入する店を変えたらいい。

もしくは入店前、入店直後に確認したらいい。

贈りもの用に出来ますか?と。

更にもしくは…

自分で贈りもの仕様にしたらいい。

ただ、それだけのこと。

 

 

でだ。

前出にあった、

贈りものにしたいと言えない場合を想定して、

「ご自宅用ですか?」と店員は客に確認をする。

 

やっぱりどう考えても訳がわからない。

というか、仮に自分が客の立場であれば、

単なる愚か者でしかない。そう思う。

 

 

お客さまは神様です。

 

この格言はお客にとってだけでなく、

お店側にとっても重要な格言だと私は思う。

 

ただし、間違えてはいけないのは、

神様となるお客は個人に特定されるものではなく、

<商売をする上でのお客さま>

という大きな枠組みのようなものを指している。たぶん。

 

ひと言で云えばこうだ。

 

神様はお前ではないし私でもない。

誰か特定の人では決してない。

 

ここを勘違いしてはいけないと常々思う。

 

だから私はたいして仲良くもない店員さんに、

歳の上下がなんであれ敬語を使わないなんてことはない。

 

むしろ、歳を重ねる程に敬語を使っている人の方がスマートだと感じる。

ま、これは好みの問題だろうし、関係性と場所にもよる。

 

もとい。

 

そう、だからやっぱり、

「ご自宅用ですか?」という声かけが、

「贈りもの仕様にしてください」と言えない言わない人にむけての

善意?サービス?だとしたら、やっぱり同意出来ない。したくない。

 

 

店は客にとって奴隷ではないし、

店は客にとって家ではない。

店員は家族でも友達でもない、

まっさらな赤の他人。

とはいっても、

まったく関係のない人でもない。

うまくは云えないけれど、、

他人だけど相談に乗ってくれる人。

そんな位置づけの人だと思っている。

 

 

もう一度云いたい。

 

「ご自宅用ですか?」

そんな言葉を言ってあげる必要がある

と思われる世の中って不思議。

 

ご自宅用ですか?

 

この言葉に構えてしまう私は阿呆でしょうか。

 

 

色んな考え方、受け取り方があるだろうと思ったので書いてみた。

未熟な私にはわからないことばかり。

 

 

本日消印にて6月のお申し込みを締め切ります。

沢山のご応募、ありがとうございました。

 

それでは。

 

名倉

 

____

 

 



HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 

 









Profile
twitter
New Entries
Archives
Category