RSS1.0 | Atom0.3



9月22日 昔からそうだった。

 

写真と本文は関係御座いません。

 

つい先日、猿ではなく人と話していて気づいたことがある。

 

子どもの頃。

周囲の友達が、

ファミコンや自転車を親から買い与えられているのを見ていて、

「自分も欲しい…」と思ったことがなかった。

 

大人になってもそれは変わらず。

例えばスマホやタブレット。

男子特有?でいえば、

ちょっといい時計や車など。

欲しいとなかなか思えない。

 

物欲はけっこうある方だ。

こういっちゃなんだが、

所謂目新しいもの全て気になる興味ある。

けれど、

それが「欲しい」とはならない。

 

器や絵や写真。

つけもしないのにアクセサリー。

あってもなくても困らない、

実生活に不要なもの。

こういったものは、

「好き」や「惹かれる」という理由で手にいれる。

絵や器などは、置くところに困っているのに手にいれてしまう。

 

なぜだろう?

 

深夜にポテチをつまみつつ考えてたら、ようやっとわかった。

ポテチの神様。ありがとう。

 

自分が欲しくないもの。

もっと云えば、避けなければいけないと思っていること。

それは「必要だと思われるもの」を増やすことだ。

 

便利だから。

機能的だから。

古いものより新しいもの。

 

そういった理由でモノを手にいれると、

アレも出来るコレも出来る。

そうしてアレコレと出来ることが増える。

やったね。最高じゃないか。

自分史上最高のイイネ一万。

…という風には、どうしてもならない。

むしろ、、

アレコレ出来ることの方が不幸じゃね?

出来ないことはやんなきゃいいだけなのにさ。

そう考えてしまう。

 

昨晩のこと。

母親からどうでもいいメールが届いたので、

そのことを伝えてみた。

 

その回答はこうだ。

 

あんたは子どもの頃からそんなことを云ってたよ。

親は助かるけどね〜

 

昔からそうだった。

 

母親から届くメールを眺め、自分を理解した。

それではまた。

 

名倉

 

____

 

 

 ポポタムさんにて26日まで開催!

【みかんちゃんとチャコ・原画展】

http://tezukuri-ichi.jugem.jp/?eid=1843

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 

 





9月7日

 

先日のこと。

中央線の中華屋で打ち合わせがてら食事に出かけた。

待ち合わせの時間まで余裕があったので、

気になっていた酒屋に入り、

どれどれと日本酒コーナーをひやかしていたら、

角打があり我慢できずに一杯ひっかけた。

飲酒のスペースは、

なんの色香もなく雑然としていて、

倉庫だったところをちょこっといじった程度の場所。

昨今の角打にあるような、

お洒落れさや意識高い系ではない空間。

それがなんともまあ心地よかった。

2杯3杯といくのを我慢しつつ、

無関心にスポーツ番組を眺めつつ考えごと。

ふと、20台も前半の頃に母親と話していたことを思い出した。

 

_

 

永いあいだ自営をする母親は「生涯現役で終えたい」と常々言っており、

息子の私は「きっと、そうだよ。その方が絶対にいいよ。」と言いつつ、

本心は「頼むから父親を置いて先に逝かないでくれ…」と願って、

「いつか一緒に店が出来たらいいね。」なんてことを偉そうに話していた。

 

あれから15年以上が経ち、

七十にいったか手前か知らないが今もなお現役の母親。

幾らか悪い足と付き合いながらも、

どうにか長生きしてもらいたいと思う。

なぜって、父親を置いてゆかれたら心底こまるから。

 

_

 

ここ数年。

東京と静岡を頻繁に行き来するなかで、

店を終えた母親と深夜、酒を交わしつつ議論もかわしている。

 

議論の内容はその時々でなんでもいい。

知っていようと知らなかろうと問題ではない。

テレビを見ない私は大抵知らないことばかりだし…

母親がこういえば息子はああいう。その逆もまたしかり。

有意義かどうかなんてことは二の次三の次。

 

酒を交わす場所は、

大手イタリアンのサイゼ◯◯。毎回頼むのはドリアのよく焼きで。

もしくは、バスタ新宿あたりで購入する手みやげのワインと乾きもの。

広がりのないその2択がいい。ミニマリズムに乾杯。

 

_

 

今週末も静岡での打合わせが重なるので実家へ帰る。

その時、議論ついでに先日入った角打のことを話してみようと思う。

こんなのいいよねって。

 

うまい酒をどこにでもあるコップでやっすく提供。

肴なんてほどほどでいい。

なんなら持ち込んでもいいでしょ。

ただし、ゴミは置いてくな。

空間?そんなのコンパネでつくればいいよ。

照明でさ、なんとなくいい感じにごまかしたらいいじゃん。

お店の名前はね…そうだなあ…

スナック墓場、または広場角打。

よくない?

 

そんな提案をしようと思っているがどうだろうか。

 

 

手創り市に無関係な話ですみません。

それではまた。

 

名倉

 

____

 

 

*9月17日・出展者リスト公開*click!!

 

 

*10月の開催と申込期間はイレギュラー*

開催日:10月1日(日)

申込期間:9月11日〜17日会場提出まで

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 

 

 





9月5日

 

先週末は秋のBLACK&WHITEにむけて、

新たな静岡市内のイベントにむけて、

準備をしていました。

 

思い返せば、

ひとつひとつお店のまわり、

地道に地味に話をしてまわること。

本当に久しぶりだな…と感じました。

 

初めましてのお店もありますので、

お互いに勝手がわからず緊張感。

ほんと馴れないものです…

 

今回の静岡滞在。

タイミングも良かったので、

とある展示会にお邪魔しました。

 

Chipakoyaさんのkichiでの「花屋」さん。

 

閉店間際のお邪魔となりましたが

良い空間で良い時間を過ごせました。

 

色と艶、そして匂い。

この3つがあわさって

訪れた人々の記憶に残る。

そのことにグッときますし、

こうしちゃいられない!と我が身を振り返ります。

 

これは、良い展示会を見てしまった時にいつも感じること。

 

ああ、こんなとこでこんなことしてる場合じゃねえ!

と、内心で叫び、その場から離れたくなります。

早く家に帰らなきゃ!そんな感じ。

 

嫌。

ではないんです。

嫉妬のようなもの?

う〜ん、わかりません。

 

ま、いっか。

 

_

 

今週末も静岡。

夏のVillage mishima rakujuenの反省会をします。

得られたことと得られなかったこと。

そのすべてをしっかりと整理し来年に活かします。

 

それではまた。

 

名倉

 

____

 

 

*9月17日・出展者リスト公開*click!!

 

 

*10月の開催と申込期間はイレギュラー*

開催日:10月1日(日)

申込期間:9月11日〜17日会場提出まで

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 





8月31日

 

秋にむけて様々なことが動き出してきた週明け。

27日の&SCENEの翌日は、

静岡にて営業活動?と称して焼津などをまわってみた。

 

皆さん、静岡の焼津を知ってますか?

 

静岡市の隣りにあって

マグロの漁港として有名ですが、

旧街道沿いには、

老舗の鰹節屋さんなどが並ぶ風情のある場所もあったりします。

 

通り過ぎがちな静岡ですが、

時間に余裕のある時には、

たまには寄ってみてくださいね。

 

けっこういい街ですよ。

 

 

同じく静岡にて椎茸農家さんを生業としている、

新たに始めたそうな「シイたけぞう」さんのお店にお邪魔しました。

営業日ではありませんでしたが、カキ氷などを頂きました。

まだまだ始めたばかりで試行錯誤だそうですが、

これからがとても楽しみです。

 

最後に、、

 

 

今年の「くらしのこと市」のカフェでは、

お稲荷さんを軸にメニューを組み立てます。

そして、メインビジュアルもお稲荷さんで攻めてみたいと思います。

メインビジュアル作成にむけてお稲荷さんを主役に撮影をしました。

お稲荷さんも美味しかったです。

 

それではまた。

 

名倉

 

____

 

*9月17日・出展者リスト公開*click!!

 

*10月の開催と申込期間はイレギュラー*

開催日:10月1日(日)

申込期間:9月11日〜17日会場提出まで

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 





8月24日

 

 

静岡スタッフの佐藤による「さとうの日記。」を公開してます。

 

彼女はいろんなことを見て感じて、

常にアンテナをはっていて、

それはモノだけでなく、ヒトにも。

 

時々、

アンテナはりすぎて、

わちゃわちゃしていますが

(頭の中と言葉が渋滞気味)

それもまたよし。

 

日記はあくまで日記。

大切な何かを伝えようとしている訳ではない。

 

けれど、

日々の積み重ねがありさえすれば、

いつか見返した時、なにかに気づく。

それもまた、日記の別の姿。

 

 

 

厳しい暑さは峠を越し、

朝晩は秋の風を感じる今日この頃。

 

8月27日は千駄木にあります養源寺さんにて

「&SCENE手創り市」を開催致します。

 

今回は大人も子供も一緒に楽しめるような提案をしています。

そちらは「KIDS&SCENE」をご参照下さい。

 

それではまた。

 

名倉

 

____

 

*10月の開催と申込期間はイレギュラー*

開催日:10月1日(日)

申込期間:9月11日〜17日会場提出まで

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 





8月22日

 

上の写真は松本農園さんの梅干し。

本文となんら関係ありませんがご紹介。

 

_

 

8月27日は「&SCENE手創り市」の開催。

 

  今回はKIDS&SCENEという企画エリアを実施致します。

 

 

そして10月の&SCENEは、、

 

毎年恒例の「BOOKS&SCENE」を開催致します!

詳細については下記URLをご参照下さいね。

 

http://andscene.jugem.jp/?eid=490

 

さあ、今週末にむけて準備をがんばります。

それではまた。

 

名倉

 

____

 

*10月の開催と申込期間はイレギュラー*

開催日:10月1日(日)

申込期間:9月11日〜17日会場提出まで

ご注意下さい!

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori





カレーな休日を終えて…

 

昨日、8月20日は雑司ヶ谷開催日。

初のこころみ、「カレーな休日」が開催されました。

 

カレー大好き、担当スタッフの加藤さんの渾身の企画。

屋外イベント特有の様々な制限があるなか、どうにかこうにか着地。

 

 

大鳥神社ではキッチンカーのプリムラさんによるカレーの提供が!

 

 

高円寺のカレー屋、ネグラさんによるスパイス調合のブースも!

 

 

参加作家さんの中には、

カレーにまつわる器やカトラリー、

そして、カレーやスパイスをモチーフにしたアクセサリーまで!

 

 

ワークショップでは所沢のカレー屋、ネゴンボ33さんによる

オリジナルガラムマサラづくりのワークショップを開催。

 

カレーとスパイスにまつわる一日となりました。

 

開催後は、

スタッフと共にとあるカレー屋さんにて一日の疲れをねぎらう打ち上げを。

楽しく美味しい時間となりました。

 

 

 

来年もきっと「カレーな休日」は開催されます。

制限のある中で工夫をし、

参加する作家さん、

お客さんが楽しめるよう

よりパワーアップした会場になるよう準備をしたいと思います。

 

ご参加頂いた作家さん。

ご来場者の皆さま。

ありがとうございました!

 

名倉

 

____

 

*10月の開催と申込期間はイレギュラー*

開催日:10月1日(日)

申込期間:9月11日〜17日会場提出まで

ご注意下さい!

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 





今年のmeets brooch。

 

 

 

2017年のmeets broochは、

東京・ポポタムさん

秋田・学校橋雑貨店さんで開催されます。

 

9月15日からの3連休をはさんだポポタムさんでの展示!

9月17日の雑司ヶ谷手創り市とも重なっていたり…

 

どんなものにしようか考え中。

ちょっといつもと違った!

クリアーな展示にしたいな〜

できるかな〜…と、

ぼんやり考え中。

 

今年もこれまでの作家さんの新作が楽しみですし、

初参加の作家さんの作品にも期待しつつ。

 

 

 

meets brooch 2017

 

POPOTAME (tokyo) 2017.0915-0919

 

GAKKOUBASHIZAKKATEN (akita) 2017.1123-1210

 

 

ぜひともご来場ください。

 

名倉

 

____

 

*10月の開催と申込期間はイレギュラー*

開催日:10月1日(日)

申込期間:9月11日〜17日会場提出まで

ご注意下さい!

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 





8月1日

 

よいよ2017年も8月に突入です。

 

本日明日と北関東に住む、

知人の焼き物作家の引っ越し手伝いで

関西方面へ行って参ります。

 

新しい工房の準備もしているとのこと。

そのあたりも見学できたらいいなと思ってます。

 

_

 

さて、8月はいろいろと目白押しの月間。

ご案内致します。

 

 

上旬には秋季ARTS&CRAFT静岡手創り市の選考会。

今回は会場全体で「白と黒」をテーマに開催。

楽しい申込書が届いております。

 

 

 

8月20日は雑司ヶ谷手創り市の開催日。

初めての試み、「カレーな休日」を鬼子母神にて開催。

8月8日より出展者紹介をスタート!

 

 

 

そして月末、8月27日には&SCENE手創り市の開催!

今回の企画エリアは「KIDS&SCENE」です。

乞うご期待!!

 

 

それではまた。名倉

 

____

 

 

*10月の開催と申込期間はイレギュラー*

開催日:10月1日(日)

申込期間:9月11日〜17日会場提出まで

ご注意下さい!

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 





7月30日

写真と本文は関係御座いませんし、なんらかのメタファーでもありません。

 

仕事柄なのか、

いわゆる有名どこの「展覧会によく行きますよね?」と聞かれることがある。

 

端的に云えば、ゼロに近いくらいにほとんど行かない。

もの凄く語弊があるかもしれないが、、

そもそも知り合いでもないし、

なぜ死んだ人の展覧会に行くのがよくわからない。

 

いや、まったく興味がない訳じゃないけれど、、

 

例えば、マティスとかシャガールとか見てみたい。

けれど、、

 

ここから先は何を言ってんだ!?的なことなので、

先に謝っておきます。ごめんなさい。

 

もとい。

 

そう、だから、

会える訳でも、話せる訳でも、

そもそも知り合いでもない。

ひとりの人間として、画家として、

そういった視点を自分の中で持つことが出来ない。

それが楽しくないから行かない。

そんな子供のような、単純な理由と動機で生きている。

 

おっきな歴史の文脈と、

最小単位の、近しい存命中の個人の文脈にはものすごく興味がある。

むしろ、興味の対象はそれだけしかない…ということなんでしょう。

一般的な大人が持つだろう興味に対して、中抜けなんだと感じる。

 

なので、そんな質問と回答のやり取りの後は、

お互いに「あはは・・・」と終わる。

良くて、「わかりやすくていいですね〜」と苦笑いただき次の話題へ移る。

 

こんなことを言ってしまうと元も子もないし、

アートの文脈なめんなよ!

過去から学べこの阿呆が!

この世界から出てゆけトンマが!

と叱られそうだけど、

 

子どもの頃から、続かなそうことは鼻から努力しない性格ゆえ仕方なし。

 

 

 

話は変わり、

昨日は電車を乗り継ぎ秩父へ行ってきた。

 

都内は晴れていたのに、段々と曇り空になって、到着時には雨が降っていた。

景色が変わり天候も変わってゆく様子になんだか得をした気分。

 

知人の木工作家、ツグミ工芸舎の次男、ハルくんがお店で個展をやってます!

という連絡をもらったので、なんとなくお邪魔してみた。

お、行っとこうか〜くらいな感じ。

 

彼がイメージした空想の音符を描いた作品が並ぶ展示会。

ひとつひとつの作品が集まって楽譜になりました的なものだったのだろうか?

聞くのを忘れてしまったので確認しようがないが、多分そんな感じでしょう。

 

 

本日最終日ということで、

閉幕時には、ハルくんの描いた楽譜をイメージした演奏会が開かれた。

子供と大人が一緒になって場を作り、

それを、子供と大人が一緒になって眺めている。

そんな場に身を置いていて、なんだか楽しかった。

 

今回の展覧会が彼のこれからにどんな影響を与えるのか?与えないのか?

そんなことは知ったところではないし、余計なお世話だけど、

また、いつか機会があった時には必ずお邪魔したいと思った。

 

別れ際に「またね」と手をふる彼を見て、

自分の動機くらいは自分で見つけて欲しいと感じた。

 

 

さて、週明けは知人の焼き物作家の引っ越しお手伝い。

他人の引っ越しは楽しいけれど、

自分の引っ越しはなぜあんなにも鬱陶しいんでしょう。

それは当たり前。

他人事と自分事の違いの根っこはそこにあるから。

お手伝いついでに、新居の工房などを覗き見して来ようと思う。

 

それではまた。名倉

 

____

 

*10月の開催と申込期間はイレギュラー*

開催日:10月1日(日)

申込期間:9月11日〜17日会場提出まで

ご注意下さい!

 

 

カ レ ー な 休 日

〜スパイス&ハーブ〜

私は年中カレー好き

8月20日鬼子母神にて開催!

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 

 









Profile
twitter
New Entries
Archives
Category