RSS1.0 | Atom0.3



4月24日 ひと声かけるマナー。

 

本文と写真は関係御座いません。

 

 

先日、はるのパン祭りの開催時は本当に多くのご来場者があった。

おそらく、1年を通して最も来場者の多い月になるだろう。

その反面の功罪か、、嬉しくない光景を何度か見かけた。

閉幕後、スタッフからも報告を受けた。

 

 

ここから先は敢えて言葉を選ばず。

そして。出来ることなら、最後には、訪れる誰もが心地よい場であることを願って終えたい。

うまく表現できるかどうか不明だが、出来るだけ汲み取って頂けることを願ってます。

 

 

4月21日の開催日。

いつもより多くの外国人の方がいらっしゃった。

中でも、アジア系の方がいつもより多く、顕著だったように思う。

 

ここ数年、洋の東西を問わず海外からのお客さんがやってくるようになり、嬉しいことだ。

日本国内でも充分広いのに、世界からやってきてくれる。

それだけでワクワクするから。

 

ワクワクは同時に、「洋の東西を問わずマナーを守ってもらいたい」という前提も含む。

マナーを守れない人は洋の東西を問わず、ご来場頂かなくてけっこう。これが本音だろう。

 

「日本人じゃないし、仕方がないよね…。」

 

最終的に、そう思えることもあるかもしれない。

哀しきかな。思うしかない、かもしれない。

 

けれどそれは、最低限、自分が自分達が出来ることをやった上で…のことだと思う。

 

 

『今回、カメラを携え、写真を撮影しているのか、動画を撮っているのか、それは定かではないが、他人のパーソナルスペースに土足で入ってくるような行いが何度も見かけられた。』

 

端的に云えば、無断写真撮影、無断動画撮影、そういうことだ。

(肖像権の侵害。そこまでは云いたくない。)

 

その多くは外国の方に多く見られたが、日本の方でも数は少ないが見かけた光景である。

 

全てが全て、海外の方の問題ではない。

その点をふまえ、次に移る。

 

 

「ゴミはゴミ箱へ。」

 

これはルールだろう。

手創り市で云えば、「ゴミは購入された出展者に返却して下さい。」というルールに繋がる。

 

「撮影の際にはひと声おかけください。」

 

本来、こんなことは云われなくとも行うマナーの類いだろう。

ふつうの心がけ。もしくは良心にもとづく、最低限の断り。

もっと云えば、自分以外の他者がいることを前提とする意識と言葉の発露。

ということにもなる。

 

しかもこの場合、ひと声おかけするのに時間にして恐らくは1秒2秒のこと。

たったそれだけのことが出来ない理由などない。

そう言い切るのは、間違っているだろうか??

 

 

撮影をするのにひと声かけない人のことを想像してみた。

私の偏った見方だが、3つほど考えた。

 

「1」まいっか。まいいでしょ。という、減るもんじゃないでしょ〜という、そこまで積極的な悪ではない、いくらかタチの悪い性根によるもの。

 

こういったケースはおおよそ、「お声掛けくださいね」で改善されるはず。

理由は、自分が悪いという意識がどこかにあるから、それを「まいっか。まいいでしょ。」という心持ちで蓋をしているだけだから。

ひと言で云えば、せこい人間。

ついでに云えば、わかってるなら最初からちゃんとしてよ。という人間。

 

「2」自身のシャイによることから、心の中で、ごめんなさい…という声なき声をあげつつも、結局のところ、無断であることに変わりはない撮影をする、身勝手シャイ。個人的には、「1」よりもタチの悪い部類に属すると思っている。

 

こういったケースの扱いは実は面倒かもしれない。

「お声掛けくださいね」という注意という程ではない声かけにすら、「私は断罪された!」と思われかねないから。

そして、その声かけ以降、なぜか「撮影は絶対禁止。」「この世の悪!」という恐怖を備えた心持ちになるかもしれないから。

ひと言で云えば、自意識過剰からくるややこし人間。

 

最後に。

 

「3」あたしが、おれが、撮影するのに文句があるか!?声かけをしなければいけないのであれば、そこら中に書いておけ馬鹿が!!むしろ、注意書きがなくて迷惑している!!訴えるぞ、おい、こら。どうなってんだ〜〜〜〜〜!!!

 

…と、自分で書きながらも、こんな人が実際に世の中に存在するのかどうかわからない。

強いて云えば、これは前出「1」の進化形バージョン、且つ、人間の退化、そして、奇種奇形に類別されるケース。

敢えて、こんな馬鹿なことを記すかというと、なんにでも悪しき側面の極致。自分以外の他者の存在を感じることの出来ない異常な人間、もしくはサイコパス的な人間はいるだろうから、念のため。

 

3つの例を見て、私はふざけていると思った方もいるかもしれないが、そんなことはない。

真面目にこんなことを書いている。

なので、皆さんも皆さんになりに、例を想像してみて下さい。

 

 

もとい。

 

おおよそ、無断写真撮影、無断動画撮影をする人間の発想や心持ちは、前出の「1」に該当するのだと思う。

 

統計がある訳ではないが、そもそも、たったひと声で済むことが出来ない人間の心持ちなど、その程度のことだと思うから。

 

がしかし!!

 

「1」のような人間からすればその程度のこと。だとしても…

被害を被った側(主に出展者)からすれば、その程度のことと云って欲しくはない。

 

だからこそ、お互いのちょっとした声かけ(心がけ)によって、その場が気持ち良くもなれば気持ち悪い場にもなり得る。

 

 

この先もダラダラと続けるのは、今回、無断撮影をされた方にとっても心地よいものではないのでここらで締めておきたい。

 

 

5月5日(日)の開催より、場内外の看板へ「撮影の際にはひと声おかけください」の案内を記載致します。

日本語、英語、で。

 

 

その他、ご意見ご感想等、こんなケースもあるよ!などなどありましたら、お気軽にご連絡ください。

ここまでご覧頂きありがとうございます。

 

名倉哲

 

 

____

 

 

**運営スタッフ募集**

http://tezukuri-ichi.jugem.jp/?eid=104

 

*手創り市が台湾に出張:公募について*CLICK!!

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 

 





4月22日 駒ヶ根にて

 

先週末のこと。

泊まりで長野駒ヶ根に出かけた。

 

行き先はあの場所。

トオク。

 

 

https://www.instagram.com/p/BvL4Hxhnah1/

 

インスタグラムでの投稿を見て以来、これは何か起きるぞ!という予感から、行っておかないと後悔する。

 

しかも、、

 

https://www.instagram.com/p/BwJKZtdH3pm/

 

こんな投稿を見た日にゃあ行かざる得ないでしょ。

…という訳で、スケジュールの無理を押して強引に向かった。

先方にいくつかのわがままを押し付けつつ。

 

 

 

 

 

 

陶磁の作家、前田美絵さんの個展。

タイトルを「土あかり」という。

(会期は4月28日まで)

 

 

本展は通常の器の作品展とは異なる趣きを備えている。

 

ベースにあるのは、確かに、器の展示会だ。

けれど、その広がりは、器の展示会を通した空間表現である。

 

まさに今、その瞬間、このタイミング、でなければ生まれなかったであろう空間は、展示会という、一種の肉体的なリアルな場でない限り、形に出来なかっただろう機会であった。

(であった、という過去形の表現はお許し願いたい…)

 

 

展示会では、原土に出会うまでの前田美絵さんの軌跡が(大きな声ではなく小さな声で)描かれていて、所謂過去作だけれども、現在の作品と共に展示されている様子は新鮮だったし、会期中に実施される、前田さんのつくる立体作品(欠片)にいわもとまきこさんの植物をコラージュ?するワークショップは遊ぶ心に溢れると同時に、静かに挑戦的でもあった。

 

(ワークショップについては「こちら」CLICK!!をご参照下さい)

 

 

 

 

最後に。

 

本展示会は多くの方に見てもらいたいが、中でも、ものづくりをする作家に見てもらいたい。

 

心を込めてつくった作品を率直に見せる。展示をする。

それだけでも充分に大切な行為ではある。

 

が、数をこなせてしまう(?)展示会だからこそ、時には、自分自身にとっての真剣な遊びや創意工夫を盛り込んでみる機会があってもじゃないか。

そう、私は思うし、それがワクワクを携えてやってくるお客さんを「もてなす」ことだと思うから。

 

(やってきた客にお茶を出す。)

(出来るだけ話しかける。)

(そんなものは展示会における「もてなし」の本質ではない。)

(…と、私は思う。)

 

展示会というものは日常の制作の先にある非日常、ハレの舞台。

まさに、見せる側見る側双方が魅せられる場であって欲しい。

 

そのことを、改めて本展を通して感じることが出来た。

 

会期は4月28日まで。

長野方面にお越しの際にはぜひ。

 

名倉

 

追伸。

前田美絵さんの展示会にてとあるスタッフの引っ越し祝いを購入した。

その中に一枚、とてもいい器があって、それを贈り物に含めるかどうかを迷っている。

今は、あんな奴には勿体ない!と思い始めているので、もう少しだけ、自分内で相談しようと思う。

 

____

 

 

**運営スタッフ募集**

http://tezukuri-ichi.jugem.jp/?eid=104

 

*手創り市が台湾に出張:公募について*CLICK!!

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 

 

 

 





4月4日 元号とフール。

 

気がついたら新たな元号が発表されていた。

巷では元号が何になるか?で賑わっていたらしい。

それもあってか、今年は例年ほどエイプリルフールの話題があがらなかったように思う。

ざまあみろ。そう思った。

 

エイプリルフールについて以前から思っていたことがある。

 

毎年、なんであんなもんが話題になるんだろう?

不思議だ。不思議じゃないですか?

 

エイプリルフールついでにもうひとつ。

 

調子に乗って嘘をこき問題になる、間抜けな芸能人。

Yahooニュースとかで見かけるアレ。

問題になるついでに芸能人LIFEも吹っ飛べばいいのに。

そんなことを考えつつ、Yahooニュースを眺める。

同じことを思う人、いるだろな。

 

 

五味五感展、益子会場のルポルタージュを改めて眺めついでに、よねのブログを眺めてみた。

 

「ふりかえり1」http://recommonword.jugem.jp/?eid=110

「ふりかえり2」http://recommonword.jugem.jp/?eid=111

「ふりかえり3」http://recommonword.jugem.jp/?eid=112

「ふりかえり最終回」http://recommonword.jugem.jp/?eid=113

 

あの野郎。

4つも振り返ってやがる。

いい根性してるね。

とてもいいよ。

ありがとう。

 

 

新元号は令和。

言葉のもつ響きに清涼感があるような気がした。

 

そんな私が今最も楽しみにしているのは、アヴェンジャーズ・エンドゲーム。

絶対に見に行かなきゃ。

今日はアヴェンジャーズの旧作前作含めてDVDが3枚届きます。

一日アヴェンジャーズ尽くしか。サイコー

 

それではまた。

 

名倉

 

追伸。本文と写真は関係御座いません。

 

____

 

 

**運営スタッフ募集**

http://tezukuri-ichi.jugem.jp/?eid=104

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 





3月30日 台湾。

 

本文と写真は関係御座いません。

 

 

先日、とある方と「台湾に出展しませんか?」というような話しをしました。

 

以前よりお声掛け頂き、具体的な話しをし、現地台湾のイベント主催者さんが運営する場所に手創り市として参加すること。

前向きに進めてゆこうと思いました。

 

 

本年秋。

手創り市として、私たち主催者と出展者さんが台湾のイベントに参加しようと思ってます。

 

更なる詳細はまた後日。

4月下旬の告知を予定しております。

 

あいまいみいまい、漠然としていてばかりでごめんなさい。

 

とにもかくにも。

乞うご期待。

 

名倉

 

____

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 

 





3月24日 フレンチのリハ。

 

昨日は4月の手創り市にむけての選考会。

そして、、

「はるのパン祭り」の選考も兼ね、トースト部のリハーサルでした。

 

…という訳で、上の写真が「トースト部」のリハの様子。

http://tezukuri-ichi.jugem.jp/?eid=1958(昨年の様子)

 

 

今年のトースト部。

食べ比べのコーナーでは「フレンチトースト」を実施致します。

 

アイデアありきで進行してきたここまで。

どうにかこうにか形になりまして、当日はどうにかなるんじゃないかな…

そう思ってます。

 

詳細はまた後日。

どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

食べ比べのリハの為に届いたフランスパンたち。

店舗の皆さま、ありがとうございました。

 

名倉

 

____

 

 

*5月の開催と申込はイレギュラーです*CLICK!!

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 





3月19日 卒業。

 

 

先日、3月17日の開催をもって、雑司ケ谷スタッフであり、静岡の様々なイベントをサポートしてくれたスタッフ、六本木くんが卒業しました。

 

今後、今住む場所を離れ、とある焼き物の作家の元へ弟子入りするようです。

 

 

前出の写真。

東京スタッフを終えたその日その時の送別会時、これまでお世話になった仲間へのお礼の品の一部。

集まったスタッフ全員にむけて、訓練校の卒業制作(?)とも云える作品を贈りました。

 

 

(私は盃をもらいましたが、これはいらないと云い、前出の湯のみに取り替えて貰いました)

(理由。うちの盃コレクションに似つかわしくないからです)

(ご祝儀に文句を云う最低の人間でごめんなさい)

 

 

彼はこれまで、先輩スタッフから、目上の作家から、様々なことを教えて頂きました。

 

幸いにして、彼は甘やかされることの意味を理解しつつ、そのことに甘んじない人間性を持ち、周囲もまた、彼のそんな人柄を認め、ひとりの人間として付き合ってくれたように思います。

 

彼は今後、2、3年後、もしくは5年後、ひとりの焼き物作家として世に出ようとするでしょう。

出て欲しいとも願う。

 

 

そんな彼に云ってきた事があります。

ここから先は、わかるようなわからないような、そんな話しかもしれません。

 

 

「仲間に甘えるなよ。」

「どうせ助けてくれるから。」

 

 

これまで現場を共にしてきた仲間。

それは友人と呼べるものではないかもしれない。

けれど、信頼できるもの。

 

子供と大人の境界線。

それは、そう思える人間が周囲にいるかどうかでしょう。

 

 

「仲間に甘えちゃいけない。」

 

これは逆説的になりますが、、

仲間ゆえに、何かあれば甘えさせてくれるもの。

応援してくれるもの。

だからです。

 

 

もし彼がなんらかの人物になろうとし、焼き物作家として世に出てゆく時。

過去に現場を共にしてきた仲間はきっと、彼の最初の一歩を喜んで応援するでしょう。

その後も応援し続けるかもしれません。もしかしたら。

 

だからこそ。

過去に培ってきたもの寄りかからず、甘んじることなく歩んで欲しい。

 

すべからく、それが若者と呼ばれる者の使命であり、手渡されたバトンを繋いでゆくことですから。

 

 

弟子になると報告を受けた時、こうも云いました。

 

「死ぬほど気をつかえ」

「気をつかう以外に君なんぞは役に立たないのだから」

 

言い過ぎでしょうか。

でも、これほど間違いのない事実はないと思うんですけどね。

 

 

人間が80年ほど生きるのであれば…

 

好きと思った人間の元で死に物狂いで喰らいついてみる。

そんな数年があってもいいでしょう。

 

その数年は一生のうち、2度もありませんし、一生の財産になりますから。

 

 

20代半ばの彼が選んだ道は、効率的でもなければ、合理的なものではないかもしれません。

わかりやすさと便利を追求する現代において、わかりづらく、非効率的で非合理的な道を選んだと云えるでしょう。

けれど、非効率的で非合理的な道を選んだというのが、真に彼の価値観であり、彼がこれから生きる上で必要な過程なのでしょう。

 

 

これは価値観の問題です。

 

善し悪しは自分次第。

選ぶ選ばないも自分次第。

 

あとは行った先で苦しんだり悔しかったり。

時々、喜びがあったり。なかったり。

 

好きな道を歩んだ彼は好きなようにしたらいいでしょう。

 

 

六本木信幸

@roppppppongi

 

 

ご苦労さまでした。

 

名倉

 

____

 

 

*運営スタッフ募集*

*今回は男性スタッフのみとします*

 




HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 





3月5日 okuのaei

 

 

okuのaeiの個展にお邪魔しました。

 

aeiさんはアクセサリーと生活道具をつくる方。

その両作品が丁寧に展示されておりました。

 

今後、スタッフを卒業して(三木さんはまだ卒業してないけど…)、いろんな形で活動が広がってゆく人が増えたらいいな。

改めてそんなことを思いました。

 

明日、6日にて閉幕。

ぜひ三木のokuの今をご覧ください。

 

 

 

 

それではまた。名倉

 

____

 

 

*運営スタッフ募集*

*今回は男性スタッフのみとします*

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 

 





2月28日 365日の。

 

昨日のこと。

以前より頼まれていた、絵描きの展示会のお手伝いで吉祥寺へお邪魔しました。

 

普段、朝に寝て昼に起きる生活ゆえ、待ち合わせの時間へ間にあうか?心配でしたが、どうにかこうにか間にあいホッとひと息。

家を出る時、携帯をパカッと開けると「起きてますか?」とメールが一通届いてました。

そうだよな。心配だよな…と思いました。

 

 

今回の彼女の個展は、ふだんの絵画作品を並べる展示会とは異なり、1年間かけて毎日来る日も来る日も続けてきたブローチの制作が中心の舞台。

 

365個のブローチが一堂に並ぶ展示会。

いわゆる、絵描きによる物販の展示会です。

 

 

「物販の展示会。」

 

そう云ってしまえばそれまでですが、そこは絵描きとしての心情なのか、性でしょうか。

ブローチを商品としてだけではなく、小さな絵として見てもらいたい。手渡したい。

そんな想いが込められていました。

 

 

今回、清水美紅さんの個展のタイトルは「 365日のブローチ = 小さな絵 」展

彼女の一年間の日記を見るように会場をじっくりとまわっていただけると、その面白さ、悲喜こもごも、などが伝わるのかもしれません。

なにより、自身を投影したり、思い出したりするはず。

これも、1年間毎日という時間の積み重ねによるものなんでしょうね。

 

あまりここで書き過ぎるのもアレなので、あとは現場にてアレやコレやを見て感じて下さい。

 

 

あ、すみません。

もういっこいいですか。

 

 

展示会場に並ぶブローチは彼女のお手製の箱にこんな風におさめられて届くそうです。

 

手紙のようなブローチ。

日記のようなブローチ。

 

…ですね。

 

 

 

 

 

清水美紅「 365日のブローチ = 小さな絵 」展

会期:2月28日〜3月12日

場所:にじ画廊

※会期中は全日在廊するそうです。

 

 

それではまた。

 

名倉

 

____

 

 

*運営スタッフ募集*

*今回は男性スタッフのみとします*

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 





2月27日

 

10月からの過密日程もようやく終わり、明日からは平常運転を迎える。

平常運転と云っても、春は東京静岡共に盛りだくさんなので休んでもいられない。

それでも、ちょっとだけホッとしている自分がいるのも事実だ。

いろんな事実が折り重なった毎日。ふつうの日々がやってきた。

当たり前のことをさも特別な風に云ってしまうのは愚か者の証だが、云ってみただけのこと。

云わせて欲しい。この程度のことは。

 

 

今日は久しぶりに 1 ROOM COFFEE さんの店内で珈琲をいただいた。

ここのところ、お店に伺う回数も少なく、店内でゆっくり時間を過ごすこともなかった。

ほとんどテイクアウトだったから。

 

珈琲は美味しいし、ガナッシュサレも相変わらず絶品。

 

そうそう、これこれ。

これが生活の中に足りなかったんだよね…

 

と心の中で呟いてみた。

 

そんな 1 ROOM さんも今の場所から移転が決まっているそうだ。

 

instagram.com/p/Bto3CejHlav/

 

移転先も中板橋ということで私を含む多くの方が安心していることだろう。

だって、中板橋のオアシスだから。

 

次なる移転先は今の店舗よりも随分と広くなるらしい。

新たな展開も目論んでいるらしい。

そんなことをワクワク感を持って話す店主の内山さん。

とても楽しそうだ。

 

楽しみにしている。

そう、単純に。

 

 

さてさて、明日は清水美紅さんの個展のお手伝いで吉祥寺へ。

朝10時に待ち合わせということで、ちゃんと起きれるかどうか心配だ…

彼女が1年間毎日続けてきたことが実を結ぶ展示会。

絵描きの彼女が見つけた、新しい自分なりの発信。

楽しみにしている。

単純に。

 

 

清水美紅「 365日のブローチ = 小さな絵 」展

会期:2月28日〜3月12日

場所:にじ画廊

 

 

お近くにお立ち寄りの際にはぜひ。

 

名倉

 

____

 

 

*運営スタッフ募集*

*今回は男性スタッフのみとします*

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 





2月19日 oku

 

オープン前に何度か行ってたのに、オープンしてから全く寄り付かず。

 

周辺の知人らからは「行ってきたよ!」と報告を受ける日々。

無視してました。。

 

そんな薄情者の私ですが、先日ようやく行ってきました。

 

三木のokuへ。

 

 

 

時折、インスタグラムを通して眺め見ていた三木さんのお店。

ようやっと色んな事が動き出してきたぞ!ということでお邪魔。

 

店内には、、

 

生活に寄り添う道具を中心に、生活と自身を彩る道具まで。

等身大の彼女の視点があちこちに。

 

親しみを感じました。

 

 

今後は毎月ひとつ展示会が開かれるそう。

 

2月22日からは金工作家aeiさんによる「雪代を待つ」という名の展示会を開催。

この展示会の為に制作された一点ものの作品も届くそうで、期待は高まるばかり。

 

お近くにお立ち寄りの際にはぜひ!

 

 

最後に。

三木のokuにお立ち寄りの際にオススメのお店を見つけましたのでご紹介。

 

 

どんなお店か。

どこにあるのか。

 

それはokuにてお尋ね下さいませ。

 

名倉

 

____

 

 

*運営スタッフ募集*

*今回は男性スタッフのみとします*

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 

 









Profile
twitter
New Entries
Archives
Category