RSS1.0 | Atom0.3



パン屋さんのご紹介:その1

 

4月16日は「はるのパン祭り」の開催日。

ここでは出展するパン屋さんのご紹介を致します。

ご来場前に参考までにご覧ください!

 

・・・・・・

 

ブースNo.F1

 

うぐいすと穀雨

 

「自己紹介」

うぐいすと穀雨は、パンと珈琲雑貨を扱う 小さなお店です。

 

「酵母について」

うぐいすと穀雨のパンは、現在は全て、イーストを使用したパンです。

少量のイーストを低温長時間醗酵させた作品が多く、その特徴として、小麦本来の甘みや旨味をしっかりと感じられ食感はふんわりと柔らかく、お子様からお年寄りの方にも愉しんでいただけるよう 作り上げています。

 

 

・・・・・・

 

ブースNo.F2

 

グルヌイユ

 

「自己紹介」

自家製酵母パンとおかしのお店グルヌイユです。

国産の小麦粉やオーガニックの材料を使って、安全で素材の美味しさが味わえるパン作り、お菓子作りをしています。

皆様に美味しいしあわせをお届けできれば幸いです。

 

「酵母について」

自家製酵母を使う事で、粉が本来持っている甘味をよく引き出し、パンをより風味豊かにする事ができると思うので。

レーズン酵母、サワー種(ライ麦粉)、ルヴァン種(全粒小麦粉)を使用しております。

より美味しくする為に、酵母の「種」の掛け継ぎを開業時から続けています。

粉や酵母の旨味を引き出す為に、低温でゆっくりと時間をかけて生地を発酵させ、遠赤外線効果の高い溶岩仕様の窯で焼く事で、より粉の風味を感じていただけるパンになる様に心掛けています。

 

 

・・・・・・

 

ブースNo.F3

 

ぱんノート

 

「自己紹介」

稲城の天然酵母のパン工房『ぱんノート』たかやちかこです。

天然酵母に魅せられて、早10年以上。

色々と試行錯誤しながら今辿り着いたところが、『ノンオイルで、必ず全粒粉を配合すること。』

全粒粉にも色々とあり、ミックスしながら楽しんでいます。

この『楽しむ』が形になったパンたち。

手に取っていただいて、楽しんで頂けましたら幸いです。

また、焼き菓子は全粒粉のスコーン他に、グルテンフリーのケーキやビスコッティをお持ちしますので、そちらも合わせてお楽しみください。

 

「酵母について」

ぶどう酵母とりんご酵母を起こしてから、液体の状態で9年継いでいます。

1週間に1回、使った分だけえさをあげて、また増やします。

その時にいつも元気?今週も頑張ってね!と声を掛けます。

生き物を扱っているのと一緒で、元気があったりなかったり‥。

その酵母たちのおかげでパンを焼かせてもらっていると思っています。

人間と一緒で、一つとして同じものはない。

だから、出来上がるパンにも違いがある。

それが、酵母を使う面白さ、楽しさの一つ。

実際の『味』だけでなく、『味のあるパン』を目指しています。

 

 

・・・・・・

 

ブースNo.F4

 

信州薪窯パン 野良屋

 

「自己紹介」

信州の山奥で犬、猫、家族4人が酵母と共に暮らしています。

今の酵母と出会ったのは26年前。

店名通り「野良」をしながらのパンづくりは、

ゆったりとした自然酵母の発酵時間と相性がぴったりでした。

丁寧なパン作りにはこの時の流れが不可欠と今も実感しています。

 

「酵母について」

酵母の材料となる人参は農薬・化学肥料に頼らず育ったもの、りんごも農薬の少ない有機肥料で育ったものを使用し、26年ずっと育てています。

水は紫外線で殺菌することで、酵母の力を落とす塩素を添加せずに使用しています。

麦は農家さんから分けてもらった農薬不使用の丸粒を、パン焼きごとに石臼で挽いて使用しています。

はるのパン祭りには手作りの石窯に信州の薪をくべ、レンガの放熱だけで焼き上げたパン、クッキー、スコーンをお届けします。

このような手間のひとつひとつが、命をおいしく頂くための幸せな時の流れなのかもしれません。

信州の暮らしの中から生まれるパンをどうぞお楽しみください。

 

 

・・・・・・

 

ブースNo.F5

 

HARU HANA

 

「自己紹介」

 東京都東村山市の工房でベーグル作りをしています。

練り込む具材は手作りし、生地も手捏ね。

卵・乳製品・油脂・白砂糖は不使用です。

粉や季節の素材の味がしっかり味わえるベーグル作りを心がけています。

久しぶりの出展でドキドキしていますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

「酵母について」

有機レーズンから起こした自家製酵母を使っています。

『水』と『レーズン』単体では分かりませんが、2つを合わせて適度な温度にしておくだけで、時間とともに変化しすごい力が生まれることに感動したのがきっかけで酵母作りを始めました。

レーズンの品種によって泡の形状や香りが違ったり、その時々で発酵力に差が出たりすることも面白く、生きものを扱っていることを実感する場面でもあります。

それが自家製酵母らしさであり使うことの楽しさだと感じています。

正直なところ、出来上がったパンよりもそれまでの過程の方に興味があって今に至っていますので、パン祭りに来られる皆さまの方が、いろいろなパンをご存知でしょうね(笑)

 

 

・・・・・・

 

*トースト部と食べ比べセットについて*

 

*鬼子母神会場マップ*

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori








Profile
twitter
New Entries
Archives
Category