RSS1.0 | Atom0.3



6月14日 マップ 。

写真と本文は関係御座いません。

 

例えば屋外のイベントに遊びに行く際。

大抵の場合、会場マップというものを必要としないし、

不便であっても気にならない構わないという性分だ。

そんな自分であるから、

会場マップというものを作ることが億劫で仕方なく、

たいした思い入れを持てないでいる。

そして、更に厄介なことに、

単なるサービスや便利だから…

という理由でモノが作られることに関心が持てないでいる。

それは自分のことであれた人のことであれ。

イベント主催者として、

決して褒められた態度とはいえないけれども、

これが正直なところだ。

(残念なことにこの感覚はずっと変わらない)

 

_

 

7月15日16日。

静岡県三島市で開催される第2回目の「Village mishima rakujuen」

 

Villageのコンセプトは

『街の中に更に特色のある、ものづくりで成り立つ街をつくろう』

というもの。

 

第2回目の開催にあたって

「街を構成する作家さんや、街の景色がわかる」

会場マップを作ることが大切だと思った。

お前が言うな!と言われだが、

自分の好みと目的は違うから。

 

とはいえ、そもそも会場マップに思い入れもなければ、

そういったものを必要としない人間がつくるものはたかが知れている。

なので、私がアイデアだしや企画するものではない。

そう思った。

 

会場マップを制作するにあたって、

東京のスタッフも兼任する三木さんに担当をお願いし、一切を任せた。

彼女のアイデアや想いを具現化したのは、ご存知絵描きの山口洋佑さん。

 

打合わせの様子からして、

制作が大変だろうな〜という内容だったし、

実際に幾度かの修正加筆作業はなかなかのやり取りがあり、

うわ〜大変そうだ。すげえな〜と感じられた。

(他人事のようでスミマセン)

 

(Village会場マップ。ひとまず表と裏のみご紹介。)

 

そして昨日。

ようやっと完成し、

入稿完了の連絡をもらい、

完成した会場マップを眺めた。

それは、かけた時間と良いものをつくろうという意志、

その熱量が反映された、良いものだった。

イラストがそこかしこにあり面白みがある!

特に、ここで掲載していない中面!!

なにより、今回作ったものをベースに、

来年もさらに良くしてゆこう!と

改良が重ねられるだろうことが想像出来るものだった。

本当に任せて良かった。

ホッとした。

 

来週の中頃届くだろうVillageの会場マップ。

開催時にお客さんに手をとっていただくのがとても楽しみです。

Villageへご来場の際には是非とも活用して下さいね。

 

それではまた。

 

名倉

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

【夏のもよおし第1弾】7月17日(月・祝)

 

【夏のもよおし第2弾】8月20日(日)

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 








Profile
twitter
New Entries
Archives
Category