RSS1.0 | Atom0.3



11月21日参加者発表

11月21日手創り市の参加者が発表となりました。
詳しくは以下をご覧ください。

【11月21日手創り市参加者】  click!!

※11月は鬼子母神会場のみの開催となり、大鳥神社会場では開催されません。
※2011年度の開催日は12月末頃の発表となります。

11月21日は「みちくさ市」さんも同日開催となります。
雑司ケ谷が熱い一日となりそうですね!


選考会について。

毎月事務局にて選考会を行っております。
会場で提出された申込書、郵送で送られてきた申込書、すべてが選考の対象となります。
ごく僅かですが、申込書記載欄(必須事項)・参考作品(商品)に不備がある事が見受けられますが、
その場合には選考より外されます。

そして選考会における選考基準は、はっきりと限定されている訳ではなく、参加するジャンル(布小物、木工、金工、陶芸、ガラス、イラストレーションなど)の全体のバランス、そしてシンプルなものポップなもの等偏向しないよう気をつけており、会場で実際に見られる作品やショップカード、また展示の様子なども参考とさせて頂いております。

毎月の参加作家様の全体の割合としては、これまで参加されてきた作家様が8割程度、はじめて参加される作家様が2割程度とおおよそそのような数となっております。
ただし、この数字もあくまでも目安としており、その数字を絶対とはしておりません。

出展場所については、同じようなジャンルの作家様が相対しないよう、並ぶ事のないようにしております。これについては、それが正しいかどうかは別として、市の方針として現在はそのように出展場所を決めさせて頂いております。
ただ、手創り市では布小物やアクセサリーの作家様が多い為、どうしてもそのジャンルの作家様が固まってしまうエリアができてしまう時、偏ってしまうかもしれない事も、時には手創り市が企画する企画ブースとして今後思案してゆく事も考えております。来年春ころにはそういった事ができればいいかな?と考えています。話がそれました。

食品出展について、
初期の頃から比べると本当に多くの食品の申込書が届くようになりました。
現在は毎月両会場併せて30通程度の申込書が届きます。
両会場あわせて20件程度の食品出展が参加があります。
ただし、食品の扱いという事もあり、梅雨から夏の間は出展数を減らしております。
食品出展の方は菓子製造業などの許可証を取得し、市に登録するという形で参加をされています。
食品の出展も同様に申込書に記載されている情報・添付されている写真から選考が行われておりますが、申込書の数が現在相当数あるので、ある商品に特化している方が選考会の際に際立ちます。もちろんそれだけで参加が決定される訳ではありませんが、要素のひとつとして挙げられます。
それと同じように、参加時の商品のみせ方、什器・ショップカードなども参考にさせていただいており、
時としてスタッフ自身が完全にお客さん目線でいる事もあります…がこれもまたその方の魅力故に、という事だと思っております。

上記にありますように選考会、そしてその基準は確として決まっている事ばかりではなく、
季節によって、申し込み数やその届いた申込書の内容によって、変化するものです。
そして、回を重ねるごと、月日を経るだけ、魅力的で新たな作家様からの申し込みも増え、これまで参加されてきた作家様も作品(商品)だけでなく展示構成(見せ方・什器など)も変化をしてゆきます。
私たちスタッフはこうした事が市の醍醐味としてあるものとして考え、今後も会場をよく見据え、会場より得た事を選考会に活かしてゆきます。
ブログにもその時々の事を書いてゆければと思います。

長々とお付き合い頂き誠に有難う御座いました。

手創り市
info@tezukuriichi.com







Profile
twitter
New Entries
Archives
Category