RSS1.0 | Atom0.3



トースト部:パンとあん(2018年はるのパン祭り)


 

 

2018年の「はるのパン祭り」は、

GW最終日、5月6日(日)鬼子母神会場の一部エリアで開催致します。

2018年の「はるのパン祭り」は4月15日に開催。

毎年大好評の「トースト部」を行いますよ。

 

「日時」

5月6日 10:00〜14:30受付まで

 

「参加費」

1回100円(3カットまで)

※参加作家さんの器をお選び頂けます

※先着順、ご予約不可

 

_

 

トースト部は単純明快。

はるのパン祭りでご購入頂いたパンを

その場で「きって・やいて・たべる」場所のこと。

 

「0」はるのパン祭りでお目当てのお店のパンを購入します。

「1」参加費は一回3カットまで100円。

   釣り銭の用意はございません。100円玉をご用意下さいね。

「2」網のうえのパンはこまめに裏返し。きれいに美味しく焼くポイントです。

「3」蜂蜜や塩、オリーブオイルなどをつけてシンプルに食べましょう。

 

_

 

トースト部 特別メニュー

「パンとあん 食べ比べセット」

 

 

今年のテーマは「パンとあん」

 

和菓子工房 糸 itoのとっておきの粒あんに合わせて、

4店のパン屋さんに提案していただきました。

同じ「あん」に向き合って届いたパンだからこそ、

それぞれのお店の個性が感じられます。

パンを少し焼いたら、あんとバターを添えて、さあ召し上がれ!


--

参加費:700円
※下記AまたはBのセットに、あん、バター、お茶がセットになります。

※食べ比べセットには数に限りがございます

--

 

<A. フランスパンセット>

 

左:cona.のソフトフランス

ミルク感のある味わいがあんとの相性抜群。また、柔らかい食感が少しゴロゴロとした粒あんの食感を引き立てます。

右:信州薪窯パン野良屋のパンドサラザン

信州産の発芽玄そば粉を使用。素材の風味を生かした生地なので、甘味のある「あん」と合わせた時にお互いの魅力がより引き立ちます。

 

<B. イングリッシュマフィンセット>

 

左:Blan chienのマフィン

自家製酵母、低温殺菌牛乳、よつ葉バターが入ったリッチなマフィンです。あんこと加塩バターの組み合わせも最高です。

右:七穀ベーカリーの有機白ゴマのマフィン

有機豆乳で捏ね上げるもっちり食感の自家製酵母パン生地に有機白ごまを混ぜ込み、
香ばしい香りとつぶつぶ食感を味わいのひとつに加えたマフィン。
ざくざくと真ん中を割って、おいしいあんこをのせてお召し上がりください。

 

_

 

 

《あん提供》

 

和菓子工房 糸 ito

http://www.ito-wagashi.com/

 

自己紹介と意気込み

自家製餡ですべてイチから1人で和菓子を作っております、和菓子工房 糸 itoです。町の小さな和菓子屋として不定期で営業しております。今回、パンとご一緒できるということでとても嬉しいです。心を込めて餡炊きさせていただきます!よろしくお願いいたします。

 

「あん」について

普段の糸 itoの粒餡より少し柔らかく、よりパンと合うようなイメージでお作りいたします。粒がしっかり残った、大納言の贅沢な味わいが届けばいいなと思っています。

 

_

 

*トースト部の受付は★印の辺りとなります*

 

_

 

今年の食べ比べは、やばいです。

試食したスタッフ一同、その美味しさに大興奮!

手創り市ならではの「パンとあん」、つくれたと思います。

 

2018年も、トースト部でお待ちしています!

 

はるのパン祭り

担当スタッフ

石川・倉田・栗原

 

____

 

 

*はるのパン祭り・まとめ記事はこちら*CLICK!!

 

 



HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 








Profile
twitter
New Entries
Archives
Category