RSS1.0 | Atom0.3



5月30日 大人の修学旅行 2018 (2)

 

** 大人の修学旅行 2018(01) **click!!

 

 

写真は山梨のとある蕎麦屋で食べた一杯。

蕎麦はふつうだけど、とっても良いお店。

 

 

こんにちは。名倉です。

 

前回の記事に続き、今回も大人の修学旅行のことを投稿します。

 

ここから先は主にA&C SHIZUOKAに関わること。

じゃあ、ここで書くな。紛らわしい。

そういった意見には耳を貸しませんので予めご了承下さい。ごめんなさい。

 

 

 

 

 

ふだん作家の所へ訪れることはあっても、

他の会場に行くことのない私にとって、

クラフトフェアまつもとは親しみをもって訪れることの出来る場所。

何度も何故行くか?と問われれば、

それは訪れることで気づける自分ごとがあるから。

何か目新しいモノを見つけるよりも、

訪れることで自分を鏡で見るように返ってくるものがある。

それが何より収穫だから。

 

 

今回の気づきはこんなこと。

 

人が多く訪れるクラフトフェアには、いわゆる流行モノが必ずある。

ない場所はない。そう言いきれる程に。

流行モノは工芸やクラフト好きのニーズに置き換えられ、

多くの仕事をこなす人ほど、そんな人たちのニーズに敏感。

実際、そのニーズに応えるかどうかは別として…

 

そんな流行モノを私はこう捉えている。

 

「ワタシの欲しいモノが欲しい」

 

ここで云うところの「ワタシ」は特定の誰かではない。

 

「ワタシの欲しいモノ」はおおよそ、

SNSや雑誌等で得た情報を元にし、

その情報にあった、ある種の予定調和に近いモノとして、

ワタシが想像できる範囲の欲求を叶えてくれるモノ。

良くも悪くも親切で安心できるモノ。

そんなモノを想定している。

 

こんな言い方をすると流行モノを非難しているだけのようだけど、

そんなことはない。

流行モノの中には様々なモノがあるだろうし、

様々の中から「これは(他とは)違うよね」と

見つけることだってなかなか面白いことかもしれないのだから。

 

流行モノをつくっていようと何をしていようと、

つくる側にそのモノをつくる必然性があれば、

(必然性は個人的な理由とも云いましょうか…)

他人からとやかく云われる筋合いはない。

横柄なようだが、そのくらいの態度でつくり手にはいて欲しいと思う。

しかも、つくり手とつかい手が必ずしも同じ想いを共有しなければいけない道理はない。

違いがあること。交わらない部分があること。

それを受け入れてこそ、差異が生まれ、

そこに面白さを見いだせることが多様性だと思うから。

これが認められないのは幼児性への退行にほかならない。

ひと言で云えば、ただのわがままだ。

 

もとい。

 

ここから先が今回の自分にとっての気づきで大切なことなんだが…

「ワタシの欲しいモノが欲しい」を意識してばかりいると、

その対極にあるだろう「ワタシの知らないモノが欲しい」に気づくことすら出来ない。

(敢えて、こう断定することを許してほしい。。)

 

そのことは、私たちのように、

イベントをつくる側であると同時に、

使い手側でもある存在にとって危うさしかしかないと思う。

故に、常にはっきりと、

幾らかの「ワタシの知らないモノが欲しい」という意識、

余地を持ち続けることが必要だと思った。

「ワタシの欲しいモノが欲しい」と併行して。

 

 

今回の気づきは「ワタシの知らないモノが欲しい」を意識し続けることの必要性。

 

犬も歩けば棒に当たる。

この例えを使うのはおかしいかもしれないが、

訪れる場所でふだん得難いものは形のないものかもしれない。

 

 

 

 

 

それではまた。

 

名倉

 

 

____

 

 

*6月17日・出展者リスト*CLICK!!

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 








Profile
twitter
New Entries
Archives
Category