RSS1.0 | Atom0.3



7月5日 才能とか

 

 

 

 

若くて

才能もあって

君は苦労するだろうね。

かわいそうに…。

 

初対面にも関わらず

口にしてしまうそのひと言。

 

褒め言葉でも

けなす言葉でもなく

そのままのありのまま。

 

この言葉は

私なりの

ある一定の事実と

道理を混ぜこぜに

予言してるつもりだが

大抵の場合それは

阿呆が冗談言っている

と思われるだけだが

そんな周囲は放っておく。

 

けれど。

 

当の本人には

伝わっているんじゃないかな?

意外とね…

 

彼ら彼女らが持つ才能は

周囲の理解を肯定しつつ

時に距離を測りながら

生きる為の知恵をつけ

形あるものをつくり

生業として

糧として

世をサヴィブ。

 

生きながらえるか

のたれ死にするか

才能ある者の姿は

そのいずれか。

そんな気がしている。

 

 

上の写真は、

東京雑司ケ谷で手にいれた

木工を介して作品づくりする

只木芳明さんのもの。

 

彼が出品する

京都のギャラリーで

三人展が近々あるようで、

展示会のタイトルも含め

すこぶる気になっている。

 

けれど、

よりによって

会期の頭がヴィレッジと被り、

その事実に発狂し、

夕餉の卓をひっくり返したが、

あくまでそれは比喩であり、

そんなことはしないし

出来る訳もない。

 

行きたいな…

行けるかな…

行けなくもない…

行けるんじゃね…

 

そんなどうどう巡りをしてたら、

夢の中まで土足であがりこんできて、

夢の中で耳にした

「梅御殿の一室が京都に繋がっている」

という噂。

それが真実であれば

誰に迷惑をかけることもなく

行けちゃうのだが…

といってもそれは

夢の中でのことなので、

誰に確認しようもなく、

確認しようものなら

「まずは病院へ行け」

と提案されるは必定。

 

 

 

テノナル工藝百職

「文体練習」

7月14日〜7月22日

只木芳明(木工)

前田美絵(陶磁)

森屋和輝(硝子)

 

 

 

どうにか行ける方策を検討中…

なにはともあれ先ずはヴィレッジです。

 

名倉

 

____

 

 

**7月15日・出展者リスト**CLICK!!

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori








Profile
twitter
New Entries
Archives
Category