RSS1.0 | Atom0.3



8月21日 交差点

 

 

 

8月19日の手創り市・大鳥神社会場は今年で2回目の「カレーな休日」を開催致しました。

 

今年も担当スタッフ加藤さんによって企画され、カレーづくりの教室、カレーにまつわる道具を作るワークショップ、そして、様々なジャンルの作家が集った今回、昨年よりも質量共にパワーアップしたように思いました。

そして、なにより過ごしやすい天候だったこと。7月はなんせ暑かったのでありがたかった。

 

カレーな休日の感想おまとめは担当スタッフに任せるとして、この日見た光景でグッときたものを綴ってみます。

 

 

雑司ケ谷の手創り市は、手創り市の始まりの場として今年の10月で丸12年目を迎える。

20代後半から始まり、30台を手創り市と共に過ごし、来年は四十路を迎えます。

成長しているところが少しでもあればと願うのですが、その感じもないのでやいやいです。

まあ、なんというか、とにかく手創り市を通して様々なことを経験させてもらい、いろんな人に出会えた。ありがたいことです。

 

 

そんな手創り市のはじまりの雑司ケ谷は、私とって”東京らしさ”を常に維持したいと思う会場です。

 

私の考える東京らしさ。

 

それは、ヒトもマチもあらゆる場所から集まり、定着してゆくものもあれば過ぎてゆくものも、また、戻ってくるものもあり、常にヒトもモノも留まることなく動くことによってマチが循環し活き活きとしている。

それをせわしない、もしくは刹那と見るむきあるけれど、その様はまるで人の体内をめぐる血液そのもの。

 

東京らしさとは人間の営みの善し悪し含めてまるっと飲み込み吐き出され、新陳代謝してゆくこと。私はその様子を交差点に例え、そんな交差点の有様が嫌いになれない。

いや、はっきり云おう。そんな街が好きだし、そんな東京は気分が落ち着く。

 

 

8月19日の大鳥神社で見た光景は、まさに人間の交差点として存在していたように感じた。

 

始まりの頃からずうっと出展してくれている作家さん。

ここ数年出展することがなかったけど、ここ最近また顔を出すようになった作家さん。

出展し始めたばかりの作家さん。初めて出展した作家さん。

その様子は本当にさまざま。

 

スタッフは?というと、、

 

雑司ケ谷のスタッフから始まり、&SCENEのスタッフ、静岡のスタッフもそこにいた。

スタッフではないけれども、写真部もいた。

スタッフの中にも近況は色々で、転職して間もない人もいれば、新たなスタートをきろうとしているスタッフもいる。

当たり前のことだけど、やっぱり様々。

年齢も育った環境も、今活きる場所も違う人たちが、そこらとここらで和気あいあいとしている様子があった。嬉しいこと。

 

 

話は変わり?私の思う、心地よくて風通しがいいと思える場は、あらゆる考え方や生き方、それが交わる部分もあれば交わらない部分もあり、出来ることなら相互理解を願うけどそうもいかない時もある。お互いの考え方をぶつけあうこともあり、ゆえの別れもあれば、元の鞘に戻ることもある。けれど、最後の最後の砦として、面とむかう人、むかってくれた人を心底嫌いにならない。そういう場であり、そういう人たちが集まる場所だ。

 

 

話はうまくまとまりませんし、まとめるつもりもないので、ただここで吐き出しおしまいにしようと思います。

 

 

先日の大鳥神社は、私の思う風通しが良くて心地いいと思える時間の流れと光景を感じることができた場で、その様子を眺め、ふいに「手創り市をやってて良かったな…」と、おセンチな気分になりました。

 

 

その日の閉幕後、片付けを終え、久しぶりにレッツ・ホルモン!ということで男性スタッフ2名を伴い晩餐。

いつもであれば、延々と為にならず身にもならず記憶にも残らない故に何度でも出来るくだらない話をしますが、その日はそんな気分にもならず、スタッフを見送りいつもより早く解散。

ぼんやりアイスを食べながら家路につき、帰宅後はとっととシャワーを浴び、すぐに寝た。理由はおセンチな気分を引きずっていると身体に悪いから。

 

以上。

 

 

今日はいつもの立ち食い寿司に行こうと思う。

あそこの立ち喰いはおじいさん達がやってて居心地がいいから。

 

それではまた。

 

名倉

 

____

 

 

**10月は開催日、申込み期間共にイレギュラー**

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori








Profile
twitter
New Entries
Archives
Category