RSS1.0 | Atom0.3



8月27日 チキンライス

 

炎天下の&SCENE手創り市から一夜明け。

昨晩は早く寝てしまった為、いつもよりずっと早く起床。

顏を洗い、水を飲み、湯を沸かし珈琲を淹れる。

メールの返信や朝のうちにやっておきたい作業をしクリーニング屋へ。

 

帰り道のコンビニで立ち読みをしていたら腹が減ってきたので昼食をとることに。

昼飯はチキンライスにゆるめのスクランブルエッグを投下。

チキンもグリーンピースも見えないのはエッグの下にいるからだ。

真鍮の匙でライスに切れ込み入れつつエッグをまぜまぜ。

思いの外これが旨かったし、食感が良かった。

今度はチャアハンで同様のことを試してみようと思う。

 

今日と明日は延々と作業をしなければいけない。

借りてきたDVDを見る時間はあるのだろうか?

 

明後日からは長野・駒ヶ根行き。

よいよあの人の新たな拠点へ伺える。

トオク / サユー。良い名前だ。

 

彼が書いていたことでふむふむと思えるものがあった。

それは8月23日に書かれていた日記のタイトルは「1ヶ月」。

 

そこで書かれていることをみて感じたのはこんなこと。

未だスマホ非保持者、時代に取り残された人間の戯れ言として読んでもらいたい。

 

昨今では発信する側は猫も杓子もインスタグラムで済ませるようになっている。

これまでブログを書いていた方も今ではインスタが主戦場。

対象とする人々も一日の中でインスタを眺める時間が多いのだろう。

そのことを考えれば当然な事の顛末で、且つ、発信する側の対策だろう。

便利と称して易きに流れるのは時代に関係なく人の常。

便利は新たな文明を生み出すけれど、文化を衰退させることもある。

要は、金目の問題なのだろうか…

他方、同じ頭で変化への寂しさを覚えるのも人の常。

今という場所を起点にして未来と過去を行ったり来たり。

人間とはなんて不思議でユニークな生き物なんだろう。

そんな風に思いつつも、それでいいんじゃねと同時に思う。

生きている以上、後戻りなど出来ないのだから。

 

もとい。

 

長野ではマグカップのメインビジュアル撮影を行い、そのまま駒ヶ根泊。

彼らとの夜の宴がとても楽しみだ。

駒ヶ根からの静岡入り後はヴィレッジの反省会&打ち上げ。

来年にむけての第一歩が始まる。

 

8月も終わりに差し掛かり9月に入れば年の瀬まであっという間のこと。

暑いですね〜という挨拶が寒いですね〜と変わるのもあっという間のこと。

冬、ストーブの上に手をかざし、もみ手するのはいつものこと。

 

 

 

次回の&SCENEは10月28日。

毎年恒例の企画「BOOKS&SCENE」です。

 

工芸クラフト部門。

フード部門。

すべての方を対象としてます。

 

そして。

すべての出展者が参加出来る「みんなの本棚」も作ります。

 

あんど。

本と親和性の高い新たな提案を進めようと思います。

 

なにより。

作家さん店舗さんの一人一人の様々で面白な提案。待ってます。

 

 

 

それではまた。

 

名倉

 

 

____

 

 

 

*キッチンカー:コーヒーショップの公募*CLICK!!

 

 

**10月は開催日、申込期間ともにイレギュラー**

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 

 

 

 

 

 








Profile
twitter
New Entries
Archives
Category