RSS1.0 | Atom0.3



【台湾出展】観光案内

出展のついでに、台北や台湾観光はいかかでしょうか?

台湾の通訳なっちゃんと、今回ハオハオさんとの懸け橋をしてくださったTSUCURITE會田さんに台湾の観光情報を教えていただきました。ありがとうございます!

もう食べたい物、行きたいところが山ほどありますね〜。楽しみすぎる台湾☆
みなさま一緒にぜひ台湾に行きましょう。お申し込みお待ちしております!

*台湾出展の「募集要項」はこちら*
*台湾出展の「よくあるご質問」はこちら*

 

 

 

会場の「新北投」辺りは有名な温泉町です!

 

 

 

 

銭湯から高級な温泉ホテルまで、様々な選択肢があります。温泉に入る以外にも、「地熱谷」や「北投圖書館」などの温泉スポットもあります。
ちなみに、明治時代に建てられた瀧乃湯は日本人に人気があるようです。
参考ページ:https://tabinaka.co.jp/magazine/articles/19126#i-5

00.png

◆ 台湾の活気が一番体験できる場所は朝市!
各エリアに朝市があるから、朝の散歩にいいですね。新鮮な果物も朝市で買うほうがお得です。会場から徒歩8分のところに「北投市場」という大きな朝市があるので、出展前にプチ観光でいかがですか?
参考ページ:https://taiwan-travel.jp/magazine/info/5103/

 

 

出展の三日間だけ台湾に滞在する方、朝と夜の時間をうまく運用したら地元の生活を味わえます。

 

外食が多い台湾人は朝ごはんでも外で済ませます。ホテルの朝ごはんもいいけどせっかく台湾に行くなら、地元民の生活にチャレンジ!

02.png

◆ 台湾の定番朝食「永和豆漿」
台湾式おにぎり、豆乳スープ、小籠包、卵のロール焼きなどローカルなメニューを是非試してみてください。メニューを指差しで注文できます。(日本語メニューがある店舗もあります。)
コンビニでも豆乳はたくさん売っていますが、専門店で買う温かい豆乳は絶品。
参考ページ:https://taipei.story-travelblog.com/eiwa-tojan/#toc4

◆ 鉄板を使うタイプの朝ごはん屋さん
店頭におばあさんが鉄板でハンバーグや卵、焼きそばなどをどんどん焼いていく朝ごはん屋さん。サンドイッチ、ハンバーガー、トーストなど種類が豊富で毎日食べても飽きない。台湾人の生活に欠かせない存在。メニューがわからない場合は、周りの人が食べているのを見て、それをオーダーするのもアリ。
参考ページ:http://howto-taiwan.com/1917/


毎日深夜24時まで夜市が祭りのように賑わっている。会場に近い夜市なら、寧夏と士林がおすすめ。

03.png

◆ 寧夏夜市(MRT雙連駅)
地元の人がよくいく、食べ物が美味しい。
前菜からデザート、ドリンクまでなんでもあります。選択がたくさんあるから、ちょっと食べたい人も、しっかり食べたい人も満足できますよ。台湾人は夕食を軽く食べてから、夜市で食べ歩きを楽しみます。
通訳なっちゃんお勧めは「豆花」というデザート、TSUCURITE會田お勧めは「臭豆腐」と「牡蠣の卵焼き」です。
参考ページ:https://lifestylinglog.com/ning-xia-night-market/#i

◆ 士林夜市(MRT劍潭駅)
台北で一番大きい夜市、買い物もグルメも。
服、靴、アクセサリー、雑貨などあらゆる店が並んでいる。韓国や日本から仕入れたものが多いので、産地にこだわりがある人は聞いてから買ったほうが無難。値段的には同じものでも日本で買うより安め。
参考ページ:http://taiwanwind.jp/spot-shilin-night-market-20181127/#i-4


◆ ドリンク専門店
街に歩いたらたくさん見えるけど、士林夜市には有名なドリンクチェーン店が揃っています。「一芳水果茶」、「珍煮丹酖タピオカミルク」、「五十嵐」などはオススメです! シンプルなお茶類のドリンクや甘いドリンクも豊富。甘さが調節できるのもgood。

 

 

リフレッシュできる足つぼマッサージ – 出展の後のマッサージは最高!

 

台湾のマッサージ店は様々。街並みで椅子一つでやっているところもあるし、エステのようにオイルマッサージができるところもあります。1時間以上の高いコースを体験したい場合、ネットで日本人の評価を調べて、ちゃんと予約してからいくほうが安心です。ちょっとだけやってみたい場合、各夜市の近くで店がたくさんあるので、気軽に体験できますよ。
参考ページ:https://tabinaka.co.jp/magazine/articles/21753#i-8

通訳なっちゃんのお勧めは、雙連駅から寧夏夜市に向う道にあるマッサージ屋さん。目が不自由な人が施術してくれて、繊細でスキルがいい。安いマッサージ屋の料金は時間で計算するので0分から体験できます。雙連駅に近い「樂晨足體養生館」は日本語のメニューもありや日本語ができるスタッフもいるから安心。
TSUCURITE會田は「信安按摩」によくいきます。

 

 

出展を含めて五日間時間ある方なら、台北と北海岸を堪能できますよ!

 

◆ 台北大稻埕(ダーダオチェン)迪化街(デイーホアジエ)エリア
昔ながらの下町、古い屋敷が建ち並ぶ、乾物、漢方薬、台湾茶、伝統的な竹の器、バスケットなどの店もあります。最近は町屋カフェや若者が経営するオシャレな雑貨屋も増えてきました。迪化街に「永樂市場」という布問屋があり、手つくりが好きな人は楽しめるでしょう。
参考ページ:https://www.palaisdechinehotel.com/jp/blog-info.php?id=14

◆ 半日があれば、『千と千尋の神隠し』に出てくるような街・九份でお茶しませんか?
九份は日本人にとって定番スポットですね。台北市から離れますが、バスやレンタルタクシーで簡単に行けます。
私の経験では午後4時ぐらい着くように行くと、昼と夜両方の風景が楽しめます。着いたら散策して、阿妹茶館でお茶をして、日暮れになったら、赤提灯が輝く景色が見られます。観光地なので混雑は避けにくいけど、できるだけ平日に行く方がいいです。
交通手段参考ページ:https://jp.blog.kkday.com/16533/131-taiwan-taipei-jiufen-bus/

04.png

半日や一日ツアーもオススメ(九分に近いスポットも行けます)
KKdayKlookで検索見てください。交通や時間に考える余裕がないなら、ツアーが一番便利!

 

 

 

 

出展を含めて一週間時間ある方なら、ちょっと南の方や東の方へ。

 

◆ 台湾の京都と言われる一番古い街「台南」
台湾最古の孔廟、古蹟赤崁樓、安平樹屋、日本統治に建てられたデパート林百貨などの観光スポットが魅力的。また昔ながらの屋台でB級メグルも欠かせない。新幹線なら1時間で着。日帰りは可能ですが、一泊できたらゆっくりできます。
参考ページ:https://taiwan-issei.com/sightseeing-in-tainan

◆ 新たな文化施設が次々に建設されている今注目の都市「台中」
伊東豊雄氏が建築した台中国家歌劇院、日本人が経営していた「宮原眼科」をリフォームしたお菓子屋さんなど。街を歩いたら、若い人が経営するカフェや雑貨屋に出会うのも楽しい。新幹線で1時間に着くので、日帰りで十分回れます。
参考ページ:https://www.travel.co.jp/guide/matome/467/

◆ 断崖や渓谷からの絶景、自然を満喫できる「花蓮」
都会観光に飽きたら、東の町花蓮で大自然に触れ合う。太魯閣(タロコ)や清水断崖などの絶景スポットは日本で見れない風景です。台北から台鉄電車で片道3時間なので、日帰りもできますが、やはり宿泊した方がゆっくりできます。
電車は事前にサイトで予約したほうが安心です。
参考ページ:https://oogodamasataka.com/2019/01/25/hualian-osusume/

 

 

 

 

 

TSUCURITE會田さんが台湾のお店などについても書かれています 。
https://www.tsucurite.com/category/trip/台湾/

「いろいろと心配な方が見て、ちょっとでも安心してもらえたら嬉しいです。」とのことです!ありがたや〜ありがたや〜(-人-)

 

 

 

 

 

 

ご不明点ございましたらお問い合わせください。
taiwan@tezukuriichi.com

手創り市担当スタッフ 名倉・あきた・はしもと


HP:http://www.tezukuriichi.com/
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 

 








Profile
twitter
New Entries
Archives
Category