RSS1.0 | Atom0.3



6月22日 桐島。

 

写真と本文は関係御座いません。

 

6月も下旬に入り、あと10日もすれば静岡の色々が再開。

7月7日はヴィレッジの反省会からの打ち上げ。

久方ぶりに会うヴィレッジの面々。楽しみです。

 

 

 

 

先日のこと。

 

映画「桐島、部活やめるってよ」を今更見ました。

吉田大八さんが撮ってるものだから。

 

食わず嫌いな感じで避けてきたそれに、心は鷲掴み。観賞後は呆然。

 

映画の中で描かれている、イケてる男女や取り巻き達の中身のない若者特有のからっぽ具合。

対して、ゾンビ映画を撮ろうとするイケてない男の子たちの好きだけしかないあのダサさ。

 

自分はイケてる側でもゾンビ側でもなかったけれども(たぶん)、たしかにああいうわかりやすい2つの集団はあったな…と思い出す。

 

相反する、その2つの集団の群像劇に惹き込まれ、考えました。

 

「30代、40代になった時、どっちが幸せだろうか?」

 

と。

 

(他者の幸せなど測れるものではないんですけどね…)

(そもそも、自分の幸せすら考えたことがないのに…)

 

イケてる彼らは、その後もただただ時間だけを重ね、30代40代になっても変わらずからっぽなまま年を重ねる。

休日は一日かけてイ◯ンとかに行くのだろうか?

好きしかなかったダサい奴らは、年を重ね、何も掴めなくとも、誰に評価されなくとも、何かをしたことがその後の人生に活かされる。

30代40代になり周囲から評価、チヤホヤされたら人生間違えるかもしれないな。。

 

そんなとりとめもないことを考えながら、やっぱり、「正しさとはなんだ?」という答えがないことを考えるなら、行動した方がいい。

 

桐島のことなんか放っておけ。

あなたのゾンビを撮れ。

今すぐ。

 

そんなことを思いながら、夜は明け朝が。

明日は&SCENE。です。

6月のアクセサリーで御座います。

 

http://www.andscene.jp/

 

名倉

 

追伸。

本記事は公平性を著しく欠く、一方的な視点で御座います。

よって、どなた様の意見、賛成反論も受け付けておりません。

ご了承下さい。

 

____

 

 

<カレーな休日:公募について>

http://tezukuri-ichi.jugem.jp/?eid=2147

 

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 

 








Profile
twitter
New Entries
Archives
Category