RSS1.0 | Atom0.3



「手創り市のアンケート 2020.04.xx その3」

こちらのブログを経た上で本アンケートをまとめました。

 

http://tezukuri-ichi.jugem.jp/?eid=2273 (4/16)

http://tezukuri-ichi.jugem.jp/?eid=2274 (4/20)

 

たくさんのご協力ありがとうございます。

 

 

すべての回答は昨今の情勢に照らし合わせ”屋内屋外問わずイベント出展が出来ないこと”を前提としています。

 

 

 

 

 

 

ジャンル:装身具

 

Q これからどのような活動をしていきたいと考えてますか? 

 

挑戦したくてもなかなか出来なかった作品に取り組みたい。

webshopでの販売にも力を入れたい。

どちらも時間がないと理由を並べては後回しにしていたこと。

何をするにも今後にいきるようにしっかりと取り組みたいと考えています。

 

Q 手創り市にむけて何か要望意見がございましたら教えてください

 

リアルな場としての運営にとても丁寧に取り組んでくださっていると感じています。

今はそのリアルな場自体を創る目処が立たないことが心苦しいです。

場が復活した時には何の心配もないと思いますが、それまでの期間がとてつもなく長くなる可能性があることを皆さん直感的に感じているような気がします。

静岡手創り市の場を創るエネルギーを今後どのようにベクトルを向けていかれるのか、非常に楽しみにしながらチェックさせていただきたいと思っています。

 

Q 手創り市を通してどんなことが出来ると思いますか?

 

web上の集合的なマーケットもひとつの方法だと思います。

大手の既存ECマーケットをはじめとするあれです。

しかしながら大手の作り手通販サイトは門戸を広げすぎていて、必ずしも作者の技術や感性が担保されているようには感じません。

そこにひとつの突破口があるのではないかと思います。

勝手な印象ですが、手づくり市メンバーの方々は手間のかかる事柄を丁寧に妥協なく取り組まれていると感じています。

そこにもおそらく大手には出来ないことがあるような気がします。

変遷は始まったばかりなのでまだ手探りですが、いま手を動かしていることがいつか実ることを願っています。

 

 

 

 

ジャンル:装身具(硝子)

 

Q これからどのような活動をしていきたいと考えてますか? 

 

通販の拡充と、ファンを増やす活動。

(制作現場の動画配信や、新作秘話など、、?)

 

Q 手創り市にむけて何か要望意見がございましたら教えてください

 

人が集まらないと「市」にならない、人が集まると「蜜」になる、、、なかなか悩ましい時代ですね。

でも、やっぱり、手創り市で、お客さんとも会いたいし、作家さんたちにも会いたいです。

 

Q ほか何か御座いましたらご自由にお書きください

 

苦しい時期です。まずは、自立して立てるように頑張ります。

手創り市さんも、出来る限り頑張ってください。

でも、立てなくなりそうだったら、助けも求めてください。

助け合いたい人たくさんいると思います。

もう、元の暮らしには戻らないと思います。

新しいマーケット、新しいクラフトの在り方を考えて、また、答えのない道を進んでいきたいと思います。

 

 

 

 

ジャンル:染織

 

Q これからどのような活動をしていきたいと考えてますか?

 

ここ2年ほどクラフトイベントに出展しています。雑司ヶ谷も数回出展しました。通販はしていません。

昨年からwebショップの開設を検討していて、今年末には開設できるように準備をするつもりでしたが、イベント出展が出来ないので前倒しして5月にはオープンさせる予定です。

イベント等で直接お客様とやり取りする醍醐味を私が言うまでもありませんが、どのような思いで制作しているかにはじまり、お客様の素朴な疑問などにもお答えできたり、それ以外の世間話的なこともとても楽しかったりお客様の考えやモノの見方なども知れて、そこで売り買い以外のストーリーのような物がモノに宿り、モノへの愛着がさらに増すよに思います。

それに比べて、webショップでの販売となると余りにも味気がないように感じてしまいます。売買。以上。って感じで。

でも趣味で制作しているわけではありませんので売上無し、も困るわけです。当然です。

なので、お客様と直接会って販売している時の感じの大事なところを突き詰めて、それをインスタやwebショップで表現できるように考えています。まだ途中です。

でも、自分でも服とかをよくネットで買いますが、外出できない今となっては、そこで好きなものを見て買ってワクワクしたりして楽しんでいるので、悪くもないのかな。

 

Q 手創り市にむけて何か要望意見がございましたら教えてください

 

3月の東京、4月の静岡、私はどちらも出展予定ではありませんでした。

2月の東京は出展予定でしたが体調が悪かったので出展を取り止めました。もしも自分がコロナだったら、と考えただけで恐ろしく、とてもじゃないけど出展はできないと思いました。多くの方々にご迷惑(で済まない。多分)をおかけしてしまうことは避けなければと思いました。

3月東京、4月静岡はどうするのかな、と心配な思いもあり見守っていました。特に4月静岡中止の発表の悔しさの滲む文章に、無念の思いを強く感じました。

が、世界中を見回してもこの状況でイベントは出来ないと言うことはもっと早い段階でわかっていたのではないのかなと思いました。

出展者の方々とは内々でやり取り等あったとは思いますが、私が出展者ならば早く決めていただきたいと思います。あるのかないのかずっと宙ぶらりんは辛いです。ましてやコロナで先の見えない感でとても心が疲弊していますし。

私は静岡と同日の都内のイベントに出展予定でしたが、3月の中旬に中止の連絡をもらいました。私はとても助かりました。あるのかないのかわからないイベントに向けて制作するモチベーションの維持は厳しいものがあります。私の出展予定だったイベントでも、中止発表後も出展者の紹介は続けていました。

 

Q 手創り市を通してどんなことが出来ると思いますか?

 

東京しか出展したことがないので、東京に限ってですが、、

お客様は手創り市そのものをとても楽しみにされています。当たり前ですがとってもとっても大事です。

もちろん贔屓の作家さんを目当てにとかありますが、手創り市の事務局さんたちが選んだたくさんの作り手のお店が並ぶ、手創り市セレクトの作家の市を楽しみにしているので、それをweb上で再現出来たらなと思います。

当分の間、イベントを開催するのは難しいのかなと思うので、web手創り市的な。

今まで通り出展者を募り、審査してもらって、手創り市当日だけ販売するとか。

販売だけで終わりたくない。どうやったらいいのかな。わからないけど。

あるラジオ番組が2月に開催予定だった、ライブを中止して別日にラジオで生放送で1日生ライブを放送していました。ライブやりたかったよね。行きたかったよね。って気持ちを前向きにしてくれた気がしました。

 

 

 

 

ジャンル:茶葉

 

Q これからどのような活動をしていきたいと考えてますか? 

 

いままで続けてきた店舗・卸・通販でのハーブティー茶葉販売をまずは維持、継続。ただし、すべてにおいて変化があるので、そこに対応することとそれに付随した価値を提供できる体制をととのえる。ただ、真新しいチャンネルの必要性を感じています。模索中です。

 

Q 手創り市にむけて何か要望意見がございましたら教えてください

 

今後同じような形でないにしろ、続けてほしいという思い。この手創り市でしか味わえないものがある限り、そこに人は集まってくると思うし、他のどこよりもそれを感じています。

 

Q 手創り市を通してどんなことが出来ると思いますか?

 

抽象的な話となりますが、リアルな世界(目の前)でしか感じられない感覚、手触り(質感)とか、温度とか、我々の領域だと味とか香りとか、まだまだ直接対面以外の世界では表現できにくいものがあって、それらをいかにお伝えできるかということをおおかれ少なかれのアプローチを変えていったら何かしら形になるのでは、と。多くの作家が集まって直接いろいろお話できるっていう醍醐味みたいものがどうなるかだと思います。ヴァーチャルでも似たようなことはできないことはないけれど、やっぱり違うなと感じてしまっています。

 

 

 

 

ジャンル:服飾

 

Q これからどのような活動をしていきたいと考えてますか?

 

小さなアトリエがあるので、引き続きそこでの販売とネットショップを準備中です。

 

Q 手創り市にむけて何か要望意見がございましたら教えてください

 

特にありません。コロナが終息したら、手創り市を、再開して欲しいです。

 

Q 手創り市を通してどんなことが出来ると思いますか?

 

洋服を作って売ることしか出来ませんが、それを買ったお客様はとても嬉しそうにしているので、そのまま続けます。それと、生地は日本の工場から買うようにしています。手創り市はその活動の場として重宝しています。

 

 

 

 

ジャンル:硝子

 

Q これからどのような活動をしていきたいと考えてますか? 

 

まずは在庫作り。出展/展示がないなんて滅多にあることではないので。

 

Q 手創り市にむけて何か要望意見がございましたら教えてください

 

メディアクラフトマーケットがあっても面白いかと。

難しければ出展マップにリンクつけてその作家のネットストアに飛べるとかでも。

 

 

 

 

ジャンル:植物

 

Q これからどのような活動をしていきたいと考えてますか? 

 

オンラインショップ オンラインショップでの展示 SNSでの発信 植物のすばらしさを伝えていきたい。

 

Q 手創り市にむけて何か要望意見がございましたら教えてください

 

この状況ですごーいインスタを見るようになって他の作家さんの作品を改めて色々見るようになりました。

そーいえば手創り市って出展してても近い人の作品はみれるけど他のお店はほとんどみれない。知ってる方は知ってるけど知らない方のは見たこともない。しかも自分のお店が気になってふわっと立ち去る感じです。

それが一気にインスタでみれたら、気になる作家さんを実際みたい。#つけて手創り市の作家さんをみたい。

 

Q 手創り市を通してどんなことが出来ると思いますか?

 

手創り市という場があってあそこに集まる作家さんがいて、そこにお客さんが集まって来てと点と点が集まっているあの空間が心地よい。手創り市という母体を通してSNS上でも繋がれたらいいのかな?んー難しい質問です。

 

Q ほか何か御座いましたらご自由にお書きください

 

こんな状況になって、買い物をしなくなりました、必要な物意外はいらないなぁと最初は思っていたのですが、日が経つにつれて、家での暮らしに変化がでてきました。目にするものが素敵なものだと気持ちが上がるし、心が豊かになります、毎日をゆっくり過ごしてるせいか、コーヒーを飲むにしても気に入ったカップで飲みたいなと思ったり、箸置きを置いてご飯を食べようとか、きれいなグラスで水をのみたい笑好きな物だけで過ごしたい。そーなるとそーいうものが欲しくなる、そしたらやっぱり作家さんの物がいい、顔のわかる所で買いたいなぁと。

それを手にいれたらちょっとテンションが上がって明日も頑張ろうと思えるそんな気持ちでこれからも作品作って行こうとすごーく思う毎日です。オンラインショップだけでは味気ない(もちろんいい面もありますが)早く手創り市ができる日を心から願ってます。

そして、いつもはじめましてという感じのスタンスの◯◯さんとクールで頼れる◯◯さんそして他のスタッフの方に感謝です。

 

 

 

 

ジャンル:布小物

 

Q これからどのような活動をしていきたいと考えてますか? 

 

 SNS、ブログ、HPを活用した展示販売や既存のハンドメイドマーケットでの通信販売が中心になると思います。YouTubeも模索中。

 

Q 手創り市にむけて何か要望意見がございましたら教えてください

 

このような先が見えない状況ではありますが、必ず収束はするはずです。

安心安全に手創り市に参加できる日をじっと待ちます。

出展者もお客様もみなさま、再開されるその日を楽しみになさっていると思います。スタッフみなさまご苦労も多いことと思いますが、ココロもカラダもくれぐれもご自愛なさって、この時を乗り切ってくださいまし。

 

Q 手創り市を通してどんなことが出来ると思いますか?

 

いろいろなイベントの主催様がやっているので、月並みではありますが、オンライン手創り市ができると思います。長く親しまれ開催されてきた手創り市はイベントとしての認知度も高く、開設をすればアクセス数も十分に見込めると思います。

そこには唯一無二の手創り市らしさが踏襲されるように、毎月の応募選考も実施。

鬼子母神会場、大鳥神社会場ともにブース番号を発表。

みなさんが見慣れた毎回のブース配置図のブース番号をクリックすると、作家の作品写真と各々のHPや販売サイト、 SNSへのリンクが貼られていて、展示なり販売はその先のサイト(実際の手創り市でもブース展開は自由であるように)で、お客様と作家とでやりとりしていただく。

やっていない作家さまもいらっしゃいますが、ほとんどの方がなにかしらウェブショップや、メールオーダーを受け付けているので、手創り市サイトに出展できるというカタチだけ作っていただけたら、きっとさほど難しくなく実現できるのではないかと思います。

期間は1日だけでなく、1週間とか2週間同じ出展者で掲載し、次月はまた選考して変わるというような形態であれば良いのではないかと思います。

もちろん出展料は発生して構わないと思います。

できるなら実際より少し割安で定額である方が無難かとは思います。

 

Q ほか何か御座いましたらご自由にお書きください

 

長々と書いてすみません。普段はバッグや小物の布もの製作をしていますが、今は布マスクを作っています。変わり身が早く節操がないように思われるかもしれないのは承知です。でもどんな状況でも生きねばならない、与えられた環境に順応しつつ模索して、より良い方法を見つけていく。マスク不足を補う上でも少しは役に立っている、役に立てるようにと、その中で、つくり手としての自分らしさも出していく、そんな思いで3月はじめから、きょうまで休みなくマスクを毎日発送し続けています。たぶんカッコ悪いです。でもそんなこと言ってられないです。やれることはなんでもやってみる。それだけです。

 

 

 

 

ジャンル:装身具

 

Q これからどのような活動をしていきたいと考えてますか?

 

ネット販売 委託販売

 

Q 手創り市にむけて何か要望意見がございましたら教えてください

 

是非、続けていただきたいです。

イベントして開催できない期間には、手創り市としてweb販売の場があって欲しいと思います。

 

Q 手創り市を通してどんなことが出来ると思いますか?

 

直接、お客様にお会いすることは難しい状況ですが、手創り市を通して日々の自粛の中でも作品をお届けすることで楽しんで頂けるのではと思います。

 

Q ほか何か御座いましたらご自由にお書きください

 

私たちは、手創り市での体験や雰囲気が好きです。

出店者として、これからもあの場を作る一人でありたいと思っています。

 

 

 

 

ジャンル:装身具

 

Q これからどのような活動をしていきたいと考えてますか? 

 

最低限の新作発信の場の運営(web受注)と、新作などの下地作り/在庫製作にあてる予定です。

webに関しては、今まで直接交流が出来ていたお客様にも楽しんでもらえるように作家個人としての発信力と提案力が重要になってくると感じています。

 

Q 手創り市にむけて何か要望意見がございましたら教えてください

 

事態収束後、開催を希望致します。ただ、暫くは表立った活動は出来ないかと思いますので、先日の静岡でやる予定だったトークイベントのような場をzoom配信やInstagramライブ配信など、手創り市の周りを囲む人を巻き込むような動きも面白そうだなと勝手に思ったりしています。

 

Q 手創り市を通してどんなことが出来ると思いますか?

 

手創り市自体の開催はできませんが、無観客企画展は可能かと思います。

空間をつくり、手創り市のフィルターを通して紹介をし、web上で販売していくなど。

今まで以上に個別の紹介が重要になってきますが。

そんな際に最大限協力出来ればと。

 

 

 

 

ジャンル:陶磁

 

Q これからどのような活動をしていきたいと考えてますか? 

 

こんな事態になったからと言う訳ではないのですが、前々から作品の製作工程を見てもらうというのは動画などで発信していけるのでやっていきたいと思ってます。

snsとかもそうですけど、作り手はもう作るだけではダメなのかなぁと思います。いろんな考え方や活動の仕方はあると思うのですが、この時代に生きる作家としてインフラが整っているのであれば使わない手はないと思ってます。

今回インスタ通販をしてみて感じたのは待っているお客様はいっぱいいるんだなぁということ、皆さん口々にこんな機会を待っていたと言われたんです。何かのきっかけで知っていただき、そして欲しいと思ってもらっても手に入れる方法がないというのは日本だけではなく世界に通じるのかと思いました。

もう一つは他業の方とのコラボ企画も前々から興味があります。器屋さんや雑貨屋さん、ギャラリー、クラフトフェアが主戦場ですがもっとなにか違う事ができないか?といつも考えてます。去年お鮨屋さんで展示させていただいたのですが、その際にこの延長線上に何かあるのではないかと言うヒントみたいなものを感じました。

料理人やコーディネーターとはいろいろ出来そうな予感は感じてます。

 

Q 手創り市にむけて何か要望意見がございましたら教えてください

 

ブログ・ツイッター・インスタグラム等手創り市の情報拡散力と影響力は我々作家達にとって非常にありがたいので、もう一歩動画というのもいいのかもしれないなと感じました。

 

 

 

 

ジャンル:装身具

 

Q これからどのような活動をしてゆきたいと考えてますか?

 

イベント出展ができないとなると、信頼できるお店さんにて販売を委託(ただ、お店も休業される方が増えているので難しいです。)、自身でオンライン販売と考えますが、頭がガチガチでなかなか心と体が動きません。

そんな中、友人がしていたインスタライブ販売会はとても分かりやすく比較的イベントに近い雰囲気で、衝撃を受けると共に素直に受け入れる事ができました。自分にも落とし込めるのではと思い、自分なりの方法やタイミングを考えております。

あとは、同じく主要な販路を失い今後の活動や生活の見通しが立たない作家仲間と共通のインスタアカウントやページで互いの顧客やフォロワーを紹介し合ったり、新しい出会いに繋げたり、何かできないかと日々検討や相談はしております。

どちらにしても、即効性よりも、じっくりとこの状況と戦う覚悟で取り組まなければ続かないような気がします。

 

Q 手創り市にむけて何か要望意見がございましたら教えてください

 

具体的な事は思いつきませんが、いつも楽しみに手創り市に来て下さっている方があんなにたくさんいらっしゃるので、その方たち今の想いや、この状況が続いた場合どんな事を望んでいらっしゃるのかも聞いてみたいです。

 

Q 手創り市を通してどんなことが出来ると思いますか?

 

手創り市を楽しみに来て下さる方があんなにたくさんいらっしゃる以上、今後イベント開催が難しい状況が続いても、必ず何かの形で繋がっていけると思います。

すみません、勝手な事ばかり申しますが、こちらも具体的な案はないです。。。

ただ、あの熱量はコロナでは絶対に消せないと思います。

 

Q ほか何か御座いましたらご自由にお書きください

 

いろいろ考えますが、どう考えてもいくら考えても、やはりイベント出展という形が私にはダントツ1番で、今後の人生においてもダントツ1番の必須事項なんだと思います。

それが叶わない今は、とても厳しい状況で心も痛いです。

急に収入が激減し貯金を切り崩し家賃や支払いに充てる生活、いつまで続くのか先も見えない不安な日々にうわべでは、今はみんなそう、仕方ない事、だれも悪くない、今は何かを温める時、とか納得してる風ですが、実際はまだ気持ちがついていってないのが正直なところです。

今後もこの仕事を生業として続けていく以上、いろいろな決心をしなくてはならないのだと思います。

いつかまた大好きなクラフトフェアの光景が戻る日を信じて、今は踏ん張りたいと思います。

いつも本当にありがとうございます。

心からの感謝と敬意を込めて。

 

 

 

 

ジャンル:装身具

 

Q これからどのような活動をしていきたいと考えてますか? 

 

何年か活動を続けていると、必ず何処かでこのままで良いのだろうか?というところに突き当たります。それは、小心者がこの状況がいつまでもあるのだろうか?という思いが頭を巡るからです。その都度、何か喝を入れて自分自身もご覧頂く皆様にも新しい気持ちになれる様な事を模索しながらもやらねばと思って行動してきました。

頭を整理しながら、この文章を書いているとこれはコロナウィルスがあろうが無かろうが変わらない事では無いかと気付きました。

自身の利益を考えるなら、先ず他者の利益を考えてこそ成立するという考えと

自身が幸せで無ければ他の人を幸せに出来ないという二つの相反する様な考え方が私の身体の中心に存在します。

今現在、本音を言えば不安しか無いですがこの中心がぶれる事なく今を生き抜きやれる事は、全てやると思っています。

 

Q 手創り市にむけて何か要望意見がございましたら教えてください

 

大変な世界となってしまいましたが、作家にとって希望の光です。

必ず開催されるその時までお身体と御心を大切にお過ごし頂ければと心より願います。

 

Q 手創り市を通してどんなことが出来ると思いますか?

 

いつも、この様な場を考えて下さり感謝しています。

作家に向けて投げかける事で私達も考え頭を整理し顔を上げる、他の方の考えを垣間見て前を向く。

これも、手創り市が出来るひとつの事だと思います。

 

 

 

 

ジャンル:装身具

 

Q これからどのような活動をしていきたいと考えてますか? 

 

作家活動を始めて数年、いろいろ試しながら販売をしていますが、お客様と会って実物を見て頂き、お話しをしながら、反応を見て、イベントで直売りが、自分には一番合っている方法と感じています。今は新作の制作や在庫の補充や整理をして、準備をする機会だと考えています。この状況が一年以上続くようでしたら、通販での販売も必要になるかもしれまん。

 

Q 手創り市にむけて何か要望意見がございましたら教えてください

 

騒動がおさまった際には、また、いつも通り手創り市を開催して頂けましたら、嬉しいです。

個人的希望ですが、インスタグラムにも投稿してもらえるといいなぁと時々思います。

 

Q 手創り市を通してどんなことが出来ると思いますか?

 

一日限りでもお隣出展した作家さんとはいつも楽しいお話しをさせてもらっています。SNSで「#手創り市お隣出展作家さん紹介」なんていかがでしょうか?安易でお気楽な一案ですみません。

 

Q ほか何か御座いましたらご自由にお書きください

 

それぞれ、意見や考え方の異なる大人数をまとめて、何を優先して、どういう判断をするかは難しい事と思います。

主催者様の決断までの過程をSNSで説明して頂いているので、納得しやすく、ありがたいです。

 

 

 

 

ジャンル:硝子

 

Q 手創り市を通してどんなことが出来ると思いますか?

 

オンラインを通じて出展者をジャンル別にまとめてそれぞれに繋いでくれる橋渡しのような事や、いつもは遠くて会場に行けないような全国にいる手創り市のファンに向けて発信すること、手創り市のオンラインショップがあっても面白いかなと思います。

実際、作家のサイトは幾つかありますが、サイトの雰囲気もピックアップされる作品も違います。そういう所での棲み分けやショップに企画を盛り込んだり、例えば今期の経年変化なども面白いのではと思いました。

 

Q ほか何か御座いましたらご自由にお書きください

 

店舗の休業や外出自粛で普段ネット利用のない人も必要とする機会だと思います。

あれこれと月並みな意見であるかもしれませんが、少しでも参考になりましたら幸いです。

 

 

 

 

 

明日も本アンケートの投稿は続きます。

ぜひご覧ください。

 

手創り市

名倉哲

 

 

///////////////////////////

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 

 








Profile
twitter
New Entries
Archives
Category