RSS1.0 | Atom0.3



「手創り市のアンケート 2020.04.xx その4」

こちらのブログを経た上で本アンケートをまとめました。

 

http://tezukuri-ichi.jugem.jp/?eid=2273 (4/16)

http://tezukuri-ichi.jugem.jp/?eid=2274 (4/20)

 

たくさんのご協力ありがとうございます。

 

 

すべての回答は昨今の情勢に照らし合わせ”屋内屋外問わずイベント出展が出来ないこと”を前提としています。

 

 

 

 

 

 

ジャンル:陶磁

 

Q これからどのような活動をしていきたいと考えてますか? 

 

今年の上半期の予定がほぼなくなりました。

ただ悲観していても仕方がないのでこの時間を有効に使う為に新作の研究開発に励んでいます。

当面はネットを中心に販売していきながら事態が終息後にいち早くイベントなどに出店できるように備えています。

また器の販売を通して親しくしている飲食店などの力になれないかと考えて飲食店とのコラボ商品を開発したりしています。

 

Q 手創り市にむけて何か要望意見がございましたら教えてください

 

手創り市の独創的な企画が他のイベントとは違う魅力だと感じています。

毎回趣向を凝らした企画に緊張感を感じつつ、企画の枠を良い意味で超えるくらいの表現が出来ないか、そんな切磋琢磨がとても心地よくて出店させていただいています。

時間をかけて準備をしても今回のような事態で中止となりお辛い状況かと思いますが今後も様々な企画を考えていただきたいと要望しております。

 

Q 手創り市を通してどんなことが出来ると思いますか?

 

手創り市に長く出店されている作家さんには同じような志を持っている方が多くいるように感じますので異ジャンルの、異マテリアルでのコラボレーション共演できるような企画があると面白いと思います。

 

 

 

 

ジャンル:食品(珈琲豆)

 

Q これからどのような活動をしていきたいと考えてますか? 

 

店舗と通販、両方に力を入れて活動していきます。

 

Q 手創り市を通してどんなことが出来ると思いますか?

 

SNS上での手創り市の開催。いつもの出展と同じように応募制にして、出展者発表をしてもらい、手創り市側に宣伝&広告費を納める。

テーマに合わせて創る事がとても楽しくて好きなので会場でイベントが開催出来なくても、前回の静岡手創り市2020春の通販のような限定企画があれば是非参加してみたいです。

手創り市が関わって下さった事で通販の反応がとても良かったです。

 

Q ほか何か御座いましたらご自由にお書きください

 

雑司ヶ谷手創り市にはここ最近(1年程)毎月のように出展していたので、暫くの間雑司ヶ谷に行けないと思うと寂しく思います。

雑司ヶ谷のお客様にもSNSを使って楽しんで貰える何かをやりたいです。

そしてまた雑司ヶ谷の出展者さんともご一緒したいです。

 

 

 

 

ジャンル:食品(焼き菓子)

 

Q これからどのような活動をしていきたいと考えてますか? 

 

店舗を持たず、イベント出店と通販を軸に活動していました。

イベントの無い今は、通販のみの活動です。

今後は、どこか軒下とか間借りとかで店先をお借りして、定期的に販売する方法をあれこれ考えています。

 

Q 手創り市にむけて何か要望意見がございましたら教えてください

 

創り手とお客さんが直接やりとりできるのが、手創り市の魅力だと思っています。

しかし、昨今の状況や、近い未来も似たようなことが起こり続けるのかもしれない、と思うと、今までとは違う、新しいやり方について考える局面にきているのかもしれません。

 

Q 手創り市を通してどんなことが出来ると思いますか?

 

お客さまにとって、出店者にとっても、いろいろな小さなお店を発見できるのが手創り市の楽しみです。

◯月◯日開催の出店者リストを見るだけでも、ワクワク。

今はその出店者リストからいろいろな作家さんを知り、思いを巡らすだけでも、エア手創り市を楽しめるかも、と思います。

 

 

 

 

ジャンル:皮革

 

Q これからどのような活動をしていきたいと考えてますか? 

 

本当はインスタやオンラインショップをしっかりと整えて販売していくというのが正しいと思いますが、まだインスタやHPも見てもらえる機会が少なく、今はまずネット上でも見てもらえる機会を増やそうというのが課題です。

でも実物のサイズ感や質感、色味を直接見て、お話しして販売したいという気持ちからまだ離れられていません。。。

わたしは靴も制作していますが、サイズや履き心地といった直接履いてもらわないと販売できないものもあります。

現状で考えられることは

・作ったもの、制作について発信し続ける。

・作ることに追われてしまって新たなことに目が向けられていなかったので、革という素材で今までと違ったアプローチができないかを考える。

土曜日からイベントのような新たな出展の方法を!と考えていましたが、なかなか頭がまわらず今思いつくこと、現状をだらだらと書いてしまいました。

 

Q 手創り市を通してどんなことが出来ると思いますか?

 

手創り市のサイトで作品の写真付きで作家さんや作家さんのページを見ることができたらいいなと思いました。

静岡手創り市のネット通販に参加し、他の出展者さんの作品もちょこちょこチェックをしていましたが、それぞれのページを探したり、さっき見たのはどの方だったかと、手創り市のインスタに戻って出展者リストから探したり、インスタが不慣れなわたしは戸惑ってしまいました...

 

 

 

 

ジャンル:食品(焼き菓子)

 

Q これからどのような活動をしていきたいと考えてますか? 

 

こんな情勢なので、今はレシピの整理をしたり、口コミ注文にお応えしたり、ご近所の休校中の子供に配ったり……

(こんな時期だからこそ美味しい高級卵が安価で手に入ったり、相互助け合いの日々ですね)

この先ですねー

顔の見えるお菓子屋さんを続けたいので、細々と口コミを広げるか、小さなお教室でも開いてみるか……

SNSで通販???

アナログな私……

うーん、悩んでいます。

 

Q 手創り市にむけて何か要望意見がございましたら教えてください

 

とにかく早く再開できる事を祈っています。

昨年一年間、毎月お天気の心配をしていたのが懐かしく、手創り市が私の生活の中心となり励みになっていたと実感。。。 

大変だけど楽しかったなー

ご近所さんの「またきたよー」の明るい声かけ、聞くことができなくなってありがたさを再確認。

この先も、月一度のお楽しみのひとつであり続けたい。

自分はさておき、クオリティの高い作家さんがこんなにたくさん集まる機会は本当に貴重だと思います。

イベント出展ができなくなる???

そんなー

私にはコロナの収束と世界平和を祈るしかできないのか……

お客さんの時も、出展者の時も、

やっぱり手創り市が好き。

 

Q 手創り市を通してどんなことが出来ると思いますか?

 

手創り市は、直接お客様と接する貴重な機会。

お菓子の事を丁寧に説明しどんな気持ちで作っているか話していると、あっという間に距離が縮まって多くの事を教えていただいたり、要望をお聞きすることができました。

毎回宿題をいただいて、応えられるよう頑張って考えて新しいお菓子を作る……

成長させてもらえる大切な場所だと思います。

他の出展者さんも、自分の作品を楽しく語られる方が多くて、たくさんの刺激をもらいました。

(毎回、こんなもの作っている人がいるんだーと感動して色々お買い物しちゃいました)

そして、優しく助けてもらったことも数知れず!

やっぱり生の人間が好き。

 

Q ほか何か御座いましたらご自由にお書きください

 

スタッフの皆様。

いつもありがとうございます。

お元気にお過ごしでしょうか?

再開を待ちわびる方がたくさんいらっしゃる中(私も含めて)、人気のない鬼子母神を見るのは寂しいばかりです。

今は、静かに自分を高める努力を続けます!

 

 

 

 

ジャンル:かるた

 

Q これからどのような活動をしていきたいと考えてますか? 

 

出展させていただいていた時は写真と言葉1セットの販売でしたが、やっと45枚のセット組を作りました。「さてこれから!」と思っていたところ、このような状況に…。

家で過ごす時間が増えているからこそ、このかるたを通して自分自身や一緒に住む家族や恋人などの、普段は見落としてしまうような気持ちを拾い集めるような時間になれば…と。決まった答えのない、このヘンテコなかるたのことを少しでも知ってもらえればと思うので、今までもこれからも、活動を続けていこうと思っています。

今はセット組をひとつでも多く完成させているところです。

 

Q 手創り市を通してどんなことが出来ると思いますか?

 

開催出来ない間は、様々な活動をしている人を、手創り市らしい視点で紹介してもらえると嬉しいです。

自分自身が出展していた時に思っていたのですが、一人で出展していると他の方をゆっくり見ることができないので、他の方のこだわりなどを知ることが出来ると良い刺激になります。手創り市が開催出来るようになったときに、実物を見る楽しみや作り手の方にお会いする楽しみが増えると思います。

悲しいことでいっぱいになるのではなく、普段は吸収できないことをたくさん吸収して、お腹いっぱいになれたら嬉しいです。

 

Q ほか何か御座いましたらご自由にお書きください

 

手創り市らしい視点と書かせていただいたのは、名倉さんの作家紹介を読んでみたいと思ったからです!

 

 

 

 

ジャンル:装身具

 

Q これからどのような活動をしていきたいと考えてますか? 

 

元の生活が戻ったときに備えて、新しい作品の試作を重ねる。

 

Q 手創り市にむけて何か要望意見がございましたら教えてください

 

ライブ配信。見ている側からの質問にも応える生感があるライブ配信。

 

Q ほか何か御座いましたらご自由にお書きください

 

今よく耳にする「オンライン飲み会」ならぬ「オンライン手創り市」みたいな。

実際に手創り市に行ってる感じまでは無理だとしても。

良くも悪くもライブ感が重要な気がします。

 

 

 

 

ジャンル:陶磁

 

Q これからどのような活動をしていきたいと考えてますか?

 

屋内屋外問わずイベント出展が出来ない今、まずはお取扱い店様よりいただいているオーダー分の制作を進めていきたいと思っています。

ただ、今の状況が長く続けばオーダー分も納め制作しても販売の場所も無くなってしまうので、その時は自分でオンラインショップなども検討していかないといけないのかなと思っています。(スペース的に工房での販売は不可能なので…)

うつわは実際に手に取って見ていただくのが一番と思っているのでオンラインショップで質感や重さを画像だけでどう伝えたらよいのかが悩みどころでもありますが…

 

Q 手創り市にむけて何か要望意見がございましたら教えてください

 

作り手にとってクラフトフェアは大切な場所。自分の作品を多くの人に知ってもらう事が出来、お客様だけでなくお店の方との出会いの場所でもあると思うので。

ものを作る人がいる限り続けて開催して欲しいです。

 

Q ほか何か御座いましたらご自由にお書きください

 

今回、静岡手創り市が中止になり、出展予定だった方々の手創り市オンラインショップは興味深く拝見していました。

手創り市出展のために作った作品たちの少しでもお披露目の場となったのではないでしょうか。

 

 

 

 

ジャンル:食品(パン)

 

Q これからどのような活動をしていきたいと考えてますか?

 

ひとまず通販のやり方を模索しています。イベントに出られないのではじめました、では芸がないですし、なにより自分たちの意欲が続かないので、新しい挑戦も含みつつ。

イベント出展に出られなくなり、対面販売の楽しさが恋しくなっています。

通販ではお客様が受動的な状態からのスタートなので、どうしてもイベントより対等なやり取りが生まれにくいように感じます。

もちろんそれを乗り越えるのも商売の努力ではありますが。

やはりイベントには代え難い魅力がありますね。

いまのところ、通販はお客様との一対一の関係だけにこだわらず、お客様とだれかの交流の媒介になるようなことを意識しています。

 

Q 手創り市にむけて何か要望意見がございましたら教えてください

 

手創り市の魅力は「混沌」が残されているところだと思います。

それには物理的な人の混じり合いが大きく関係していると思いますので、いまの情勢ではなかなかそのような場は実現しにくいだろうと想像しています。

でも、手創り市さんとしてどのような形で活動されるにせよ、なにか「混沌」を残した場となればいいなと思います。お願いしてできることじゃない気もしますが。

 

Q 手創り市を通してどんなことが出来ると思いますか?

 

状況が落ち着いてからの話になりますが、各地に小さくとも手創り市的な催しがあれば、純粋に地方在住者としては楽しいなと、以前からなんとなく思っていました。

例えば、駒ヶ根のトオクさんで開催されていた巡回展がもう少し地域に定着したような。

 

 

 

 

ジャンル:装身具

 

Q これからどのような活動をしていきたいと考えてますか? 

 

オンラインショップを積極的にやらなければ、誰かに見てもらう機会はずっと先になるのだろうな…と思っています。

ただ、様々な方がオンラインショップをはじめているので目に留めていただけるアプローチの方法を模索中です。

今の問題としては作品を選ぶなかで安心して楽しんでもらうやり取りとは。というところです。

顔を合わせて、わずかな言葉でも交わしながら直接見ていただくことがわたしのなかのやりがいに繋がっています。

メールや文章だと小さなスレ違いが怖く、特に今の時期は発するひと言ひと言を慎重に考えるようになっているので、やり取りをシンプルにしつつどう気持ちを伝えていくか。

考えまとまらず、何も提案出来ないのですが、、今の気持ちを送らせていただきました。

 

Q ほか何か御座いましたらご自由にお書きください

 

手創り市でしかお会いできないお客様がいます。

数点購入して下さる方がいらっしゃるのですが、他のイベントではお会いすることはないので、手創り市が良いのだと思います。

選りすぐりの出展者の方々と作品、あの木々に包まれる空間はお客様として足を運んでも、出展していてもとても居心地がよいので、あの場所で買いたいな。というのはわたしもわかります。

いつも気持ちの良い場所を用意してくださり、ありがとうございます。

またあの場所へ立てる日を楽しみに、模索しながらも作り続けていきます。

 

 

 

 

ジャンル:木工

 

Q これからどのような活動をしていきたいと考えてますか? 

 

軸は対面販売ですがオンラインももう少し充実したいと思っています。

しかしすべての作品をオンラインで販売するつもりはありません。

 

Q 手創り市にむけて何か要望意見がございましたら教えてください

 

先日のみなさんのオンラインでの販売をそとから見させていただきました、大変かと思いますが中止になった時の為の手創り市が取り仕切ったオンラインでの販売があればお客様も喜ばれると思います。

 

Q 手創り市を通してどんなことが出来ると思いますか?

 

手創り市のみでしか販売しない作品なども考えていきたいです。

 

 

 

 

ジャンル:テキスタイル

 

Q これからどのような活動をしていきたいと考えてますか?

 

作品の素材感を感じてもらいたいので、直接やり取りできる手創り市という場は非常に大切だと思っています。

ウェブでも販売していますが、やはり対面で接客するのは楽しいですし、色々学ぶことも多いです。

この先どれくらいイベント活動が出来ないのか全く読めないですが、いつか再開される時の為に新しい物作りや準備をしていきたいと、今のところは思っています。

 

Q 手創り市を通してどんなことが出来ると思いますか?

 

このコロナの事象によりこの先もっとウェブ販売やリモートでできるあれこれが発達して行くような気がします。

はっきり何とは思いつきませんが、ある意味アナログな環境である手創り市でしか出来ない何かを考えてみたいとも思います。

 

 

 

 

ジャンル:陶磁

 

Q これからどのような活動をしていきたいと考えてますか?

 

この状況になったからいまこれをぜひやりたい!というもの、ありません。

オンライン?とも思ったりもしますがそれだ!という決め手もない。困ったな、というところ。

でもとりあえずは溜まっている注文を一つづつ作っていく。これはいまやらねばならぬこと。

それから、こんなスケジュールが真っ白でまとまった時間は普通では絶対にとれないはず。ある意味ではものすごいチャンスでもあるかもしれず貴重な時間なんだと感じていて、このあとの為の深い仕事ができるかもしれない。そんな自由も感じています。

やや不謹慎かもしれないが、。

それからもう一つ。

いつもお世話になっているギャラリー、お店のこと。

このタイミングで少なくない店がオンラインに力を入れて動き始めてる。自然なことだ。

すでにオンラインについていくつかそんな話しが届いている。

必要としてくれるお店にいまできる作品を納めて、少しでもそれがその店の力になるのならうれしい。

そして、それがわたしがこの難局を乗り越える支えにもなるんだろうと思う。

それでギャラリーで展示ができる日常が戻ったときに一緒にうれしがりたい。いい展示したいな〜。

仕事。

つくることに関してはたぶん邪魔はなにもない。

(でも気持ちは滅入っているから気を強く持たなくてはいけないからそこが頑張れればのはなしではあるが。)

発表する、売るということについての場は相当な窮屈を強いられてはいる。

でも永遠ではないと思えば、乗り越えられない山ではないと思っている。

自分の軸は、つくること。

いまはそれを忘れないようにする。

 

Q 手創り市にむけて何か要望意見がございましたら教えてください

 

動くことを止めないで欲しい。

べつに手創り市をオンラインで開かなくてもいいけど。やってもいいけど。

#勝手に手創り市、やってみたから面白かったこともあります。

わたしの場合は極めてアナログにやったから自分のペースに馴染んだのかな。

あんな感じならオンラインでもいい。それぞれの個性でいいと思う。

 

Q 手創り市を通してどんなことが出来ると思いますか?

 

いつもなにかしらのテーマを持った場をつくっていることをオンライン上でもできるなら。先日の#10のリース。わたしは楽しかった。

出展者発信によるものでも、見る人をも巻き込んででも、確かな実感としての心の動きがあればそれば体験になると思う。

ものをつくりものを売ることを生業としているけれど、ものとして手の中には残らなくてもその一瞬の体験が心の中に印象として残るならこの状況では大切なことになるのかもしれない。

 

 

 

 

ジャンル:皮革

 

Q これからどのような活動をしていきたいと考えてますか?

 

本当にしたいことに耳を傾けます。

もう良い年齢でもありいろんな箱を開けている余裕もありません。

物を作る、相手を思う、もっと真剣に。まだまだ本気が出せてないとこんな状況になって改めて思います。

細かなことですが在庫管理だったり、パッケージだったり、頭の中を今一度整理することです。

ネットショップ は現実として行っていますが本音としてはときめきが半分です。

商品が売れるのは嬉しいです、がお客様自身が楽しんでいただけるようなキッドなどいつかのワークショップのための単純な物づくりも並行して考えています。

 

Q 手創り市にむけて何か要望意見がございましたら教えてください

 

スタッフさんたちの企画力はいつもヒリヒリと刺激をもらいます。

さらに参加されてる作家さま方の瞬発力といいますか、静岡手創り市春2020#10のリースなどから発信されてるのをみて、オンラインの可能性の広がりとても楽しかったです。

オンラインでワークショップ楽しそうですね、そして有料コンテンツなどあっても(もしくは売り上げを納める)良いのかなと思いました。

商品の紹介だけだとつまらないですものね。

 

Q 手創り市を通してどんなことが出来ると思いますか?

 

人と人が繋がること。

想像が膨らむこと。誰かに教えたくなってしまうこと。

ちょっと秘密にしたいこと。

 

 

 

 

ジャンル:染織

 

Q これからどのような活動をしていきたいと考えてますか? 

 

オンラインショップに力を入れていきたいと思っています。

今までは主に出掛ける際身に着けるアイテムを製作していましたが、室内での生活に寄り添うものも提案できたらと思い試作しています。

また、SNSでは製作風景の紹介なども検討しています。

 

Q 手創り市にむけて何か要望意見がございましたら教えてください

 

雑司が谷手創り市のインスタグラムアカウントがあったら、さらにたくさんの方に手創り市を知っていただけるのかなと思いました。

 

 

 

 

 

今回のアンケートは全4回にわたってご紹介致しました。

 

ここで頂いたアンケートをもって今後、5月以降、いつまでになるかわかりませんが、雑司ケ谷手創り市を運営してゆきます。

どうやって運営してゆくのか?

それはこれまでやってこなかった運営の仕方にチャレンジしてみたい。

これは願望ですし、具体的な案はまだ朧げですが。

 

その話はまた別の機会に。

 

ありがとうございました。

 

手創り市

名倉哲

 

 

///////////////////////////

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 








Profile
twitter
New Entries
Archives
Category