RSS1.0 | Atom0.3



【お知らせ】9月以降の雑司ケ谷手創り市。

 

 

8月12日

 

こちらブログの投稿は本当にお久しぶり。

不義理なことをごめんなさい。

 

名倉です。

 

昨日、9月以降の雑司ケ谷手創り市のことを相談しに鬼子母神さんへお邪魔しました。

滝のような汗かきつつ話した10数分。

まずは結論からご案内致します。

 

 

 

 

8月現在

 

<9月以降、2020年の雑司ケ谷手創り市の開催はできません>

 

まずはこちらを決定事項としてご案内致します。

その上で引き続きご覧頂けたら幸いです。

 

 

通常開催が8月の現時点では開催は難しい状況がある今。

 

 

今後も「手創り市ONLINE」は続いてゆきます。

こちらについては最早別軸で変化?成長?を続けておりまして、、

今後は個別のものとして捉え、切り離して考えてゆきたい。

まずはこの点をお伝え致します。

 

 

その上で、通常開催については一切を諦めるのか?と問われれば、そんな事は御座いません。

諦めればもう、それはそこでおしまいですから。

 

仮に年内中の開催が出来ると仮定した時。

その為には私ども運営は勿論のこと、ご参加頂く方々も相応の準備が必要となります。

それは出展者、来場者共に。

 

 

来場者の方々についてはあくまでお願いベース。

とはいえ、自分のことは自分で予防・準備してくださいね。という考えを基本的は持ってます。

例えばそれは「マスクの着用」は言うに及ばず、「携帯用の消毒液」をお持ち頂くなどの提案。

その程度の備えはもはや、街中で行動する以上、当然のことかと思いますがいかがでしょう?

いずれにしても、来場の際には「マスク着用は必須」は最低条件でしょう。

 

 

出展者の方々にむけて。

もうこれは運営と共に会場を作る側の人間ですから、出展する上で統一したガイドラインが必要です。

ガイドライン。これは出展者各々が必ず準備対策するルール。

そう捉えてくださって結構です。

 

◯マスクの着用

◯消毒液の準備

◯アクリル板などを使った飛沫対策

◯試着や試食の禁止

◯受付時に検温に応じる

◯アプリ「COCOA」を取り入れる

 

などなど、比較的準備が容易く、とはいえ、すべてやってもらうことになると相応のコストもかかる。

いずれにしても、安心安全を最低限備えるのであれば必要な措置かと。

 

 

という訳で今後。

両会場に提出する為の手創り市のガイドラインを作成致します。

あわせて、多くの作り手の皆さまの意見を求めるアンケートも実施致しますのでよろしければご協力ください。

 

近日中にご案内いたします。

 

ここまでご覧頂きありがとうございました!

 

手創り市

名倉哲

 

※ご意見ご感想は下記メールまでお気軽にどうぞ

 

 

///////////////////////////

 


HP:http://www.tezukuriichi.com/ 
mail:info@tezukuriichi.com
Twitter:https://twitter.com/kishimojinotori

 

 

 








Profile
twitter
New Entries
Archives
Category