RSS1.0 | Atom0.3



久しぶりのアトリエ訪問


久しぶりのアトリエ訪問を前に今までのアトリエ訪問を見返している。
上の写真はだいぶ前にお邪魔したいわもとまきこさんのアトリエ訪問の写真。いや、自宅にお邪魔した時の写真だったか?
・・・忘却の彼方。

これまでのアトリエ訪問の記事をご覧になっている方にはすでにおわかりでしょうが、アトリエ訪問は私の趣味です。ただし、人に趣味はなんですか?と聞かれた場合の趣味ではないのですが・・・
趣味(遊び?)である事は間違いなく、そこにライターのうえおかさんや手創り市のサントラをつくってもらおうとしているユキくんにもお付き合い頂いていて、作家さんのところに押しかける、という感じです。さらに言うと、私は基本的にインタビュアーとしてはきっと不適格で、なおかつアトリエ訪問の基本の編集方針が「できるだけありのままを載せる=限りなくNO編集」というこれまた訪れられる作家さんからするとハタ迷惑な気がしなくもないですが、まあそれはそれで長い時間こんな事をしゃべっていたというのが作家さんにもわかり、冷や汗をかいてもらう、という意味では客観的にならざるをおえない訳ですね。私たちも含めて。
アトリエ訪問で面白くなるポイントは、私たちが質問し、作家さんが答える、でその答えがストレートに「こうです!」とはいかず、いつの間にか話が脱線する時、これが面白くなるポイントで、その脱線は大抵いつの間にか「こうです!」という所へ落ち着くようになっているのを考えると、人の頭の中は「こうです!」にたどり着くまでにぐるぐる辿る経過というものがあって、その経過がその人の頭の中を覗く、という行為で面白いところなんだなと思うのです。

明日のアトリエ訪問は「月日工藝」さん。
聞きたい事は山ほどあるし、取捨選択をしつつ、遊びに・・・じゃなくて、お邪魔したいと思います。
月日さん、よろしくお願いします。

名倉
info@tezukuriichi.com








Profile
twitter
New Entries
Archives
Category