RSS1.0 | Atom0.3



3月ハギレ市会議の進展状況



(3月開催時の「ハギレ市けいじばん」の写真です。)


 
【作家さんによるハギレ記事】
(※新たにmaniさんの記事が追加されました。ハギレ記事は随時募集中です。) 

GR(ハギレ市企画に参加しています。)
ヒグチエリ(ハギレ・カケラのこと)
mani(ハギレについて)

ここは「ハギレを抱える作家さんの悩みや考え方、または実践されている事」を
手創り市ブログを読んで下さっている方々に少しでも知って頂く事を目的としています。
少しでも多くの作家さんに関わって頂ければ、と思いますので
「たまたまブログに書いた内容がハギレ・端材に関係する内容だった」場合でも
ぜひご一報ください!

「手創り市 ハギレ市担当」まで
info@tezukuriichi.com



【進行状況】

ヒグチエリさんmaniさんからハギレ記事のご連絡をいただきました。
・3月から「ハギレ市けいじばん」を設置しました。(右画像の赤枠)
・休憩所の大まかな場所が決定しました。 (右画像の黄色枠)

  



【「ハギレ市けいじばん」の反応と感想】(※貼られていた声は赤字)


(実際に図を書いていた人もいました。)

・イス(ハギレをつなぎ合わせてシート。荷物を置いたり座ったり)
・(ハギレの価値は)循環出来るなら価値がある。出来ないなら、価値はない。
・スタッフに思った事や気づいた事を言える機会が無い。
・休憩しながら、手を動かして何か作れる休憩所。


→いくつかの声がありましたが、貼っている数という面ではまだまだ非常に課題多し。
 そもそもの「お題」の見直しや、お題以外の活用方法(下記参照)が
 あり得る事も広く知っていただく必要があるという感触です。
 

・ハギレというのは少し違いますが、陶器の失敗作はなかなか利用法が無くて困ります。
 何か良いアイデアがあったら教えてください!


→実際のところ、陶器の作家さんはどうされているのでしょう?
 (陶器の場合は、ハギレというよりはヒビが入って売れなくなった器など)
 深さがあれば多肉植物を植え込んでワークショップなども出来ますが、
 「金継ぎ教室」に練習用の器として提供するのはどうだろう?という案も
 会話の中でぽろっと出ていました。


・前回ハギレ市の企画からワークショップ担当まで関わって下さった只木芳明さんから
「木っ端あります。必要ならば使ってください」とコメントが。
・大鳥神社に車でコーヒーの出店されているJoyce cafeさんから
 「コーヒーの麻袋が出るんですけど、何か使い道がありましたら」と
 ご連絡を頂いたことがあり、そのことを次回貼っておこうと思いました
・「竹皮をカットした先端ががたくさん余っている」と道草庵さんが。
 竹皮の現物を付けたメモを掲示板に貼ってみたらどうだろう、と後で思いました。

→上記の様な「こんなハギレ・端材が出るので、使いませんか?」という
 呼びかけ型の利用方法は、掲示板の在り方の一つとして定着を望みます。
 
 また、作家さんとの会話の中で、
 「今発した言葉を掲示板に貼ったらいいのに!」と感じる場面が非常に多いので、
 そう思ったら了解を取って自分たちで貼っていこうと思いました。



【今後について】

今後のワークショップの進行につきましては、
「参加して下さる人」によって休憩所の内容が決まります。

「扱っている素材が休憩所に直接活かしにくいから、参加しづらいんです。。。」という
声もありましたが、陶器やガラスの人などのご参加ももちろん大歓迎です!

「休憩所として椅子とか箱モノを作る事」が前提ではありません。
むしろ箱ものを作らないかもしれません。
それよりも、「参加して下さった人たちの中でどう作っていくか」というスタンスです。

参加の募集期限も特にありませんので、ピンと来た方はご連絡を下さい。
簡単な参加の仕方もあります。
ハギレ市参加者さんの募集内容はこちらから


また、これは休憩所づくりとは別件なのですが
GRさんやヒグチさんと会話している中で気がついた
トイレの「とある問題点」に着目中です。

ハギレを用いて出来る事は??

4月頭に3人の作家さんと外で「ハギレ市会議」を行いますので、
それについても話し合ってみたいと思います。



※ハギレ市けいじばんの作り方(後半)は、手創り市倉庫の引っ越し後に掲載します。

手創り市 伊藤







Profile
twitter
New Entries
Archives
Category